1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

有機溶剤作業主任者

「有機溶剤」って何だか難しそうな言葉ですよね。でもこれ、私たちの生活に密接な関係があるんです。たとえば家の床にツヤを出す、何かの表面をきれいにするなど、塗装や印刷の工程で良く使われます。

とても便利な半面、「換気の悪い所では使わない」など注意点があります。安全に使うために、「有機溶剤作業主任者」という資格を持つ人が各職場に付き添います。

有機溶剤作業主任者とは、労働安全衛生法によって定められている作業主任者のひとつ。つまり、国家資格です。

有機溶剤を使って仕事をしている職場はたくさんあるので、有機溶剤作業主任者の需要は高いでしょう。

有機溶剤作業主任者って更新ないタイプなのね

私は、25歳の頃に有機溶剤作業主任者の資格をとりました。おかげで、実験室の管理について詳しくなり、安全を管理する仕事ができるようになりました。

玉掛技能者

重い荷をつり上げるクレーン、今では建設工事だけでなく、いろいろな作業で使われています。このクレーンのフックに、荷を掛けたり、外したりする作業を玉掛けといいます

玉掛け作業を一歩間違えると、つり上げた荷が落下して、作業員が大けがをしたり、場合によっては死亡にいたるケースがあります。主な事故の原因としては、玉掛け用具の選定ミスや、誤ったつり方などです。

玉掛技能者は幅広い年齢層の男女が目指せる、荷物を安全に楊重するために取得しておきたい資格資格です。

玉掛技能者資格取得者は他にも玉掛技能者と呼ばれております。玉掛技能者の資格は「国家資格」です。

玉掛技能講習が簡単過ぎた… ただ監督にその資格が必要なのか…

防火管理者

防火管理者とは、多数の人が利用する建物などの「火災による被害」を防止するため、防火管理に係る消防計画を作成し、防火管理上必要な業務(防火管理業務)を計画的に行う責任者をいいます。

消防法では、一定規模の防火対象物の管理権原者は、有資格者の中から防火管理者を選任して、防火管理業務を行わせなければならないとされています。

学校・病院・工場・オフィス・商業施設・共同住宅など不特定多数の人が利用する建物・施設において、火災による被害を防止するため、消防計画の作成、消防用設備の維持管理、消火・避難訓練の実施など、防火管理上必要な業務を行う責任者。消防法に基づいて、建物・施設の管理権原者が選任する。

今日、明日と、防火管理者の講習会に参加する。私は必要に迫られての受講だけど、広い会場に多くの席が用意されている。申込は講習会の前の月なんだけど、申込日当日に行かないと、すぐに一杯になってしまうんだって。すごいね。

フォークリフト運転技能講習

フォークリフトとは、フォークリフトトラックとも呼ばれ、荷物を積み込むフォークとフォークを昇降させる機構(マスト)を備えた動力付き荷役・運搬用機械のことです。

最大積載荷重に関わらず、フォークリフトの運転操作の業務、公道走行には、別途特殊自動車の運転免許証が必要になります。

これらのフォークリフトの運転資格は、フォークリフトにより運搬できる荷物の重さにより分かれています。自動車運転免許が普通、中型、大型と分かれているように、最大積載荷重が1トン未満の小型のフォークリフトは特別教育で運転できますが、最大積載荷重が1トン以上のフォークリフトは技能講習が必要となります。

このフォークリフト運転技能講習には、35時間、31時間、15時間、11時間、の4つのコースがあります。たとえば、普通自動車以上の運転免許を持っていれば31時間の4日間コースが受講できます。

昨日フォークリフト技能講習の実技試験でしたが無事交付されました もう試験中はドキドキでした これで今日から仕事増えるなぁwww なおここにはありませんが玉掛け技能講習修了証と運転免許も持ってるのでこれで3つ目の国家資格取得です pic.twitter.com/GzKUHBcnIb

1 2