1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

猟友会がいない...クマが出没しても駆除されない理由

北海道島牧村でクマが頻繁に出没しています。しかしクマが駆除されず野放し状態になっています。その理由とは。。。

更新日: 2018年09月24日

15 お気に入り 85808 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hohekichiさん

ヒグマが頻繁に出没している北海道島牧村

本年7月下旬から、島牧村で熊の出没が相次いでいます。

21日朝、北海道の島牧村で漁船に積んであった漁に使うためのホッケがクマに食べられているのが見つかりました。

1ヶ月ぶりにクマが出没したが猟友会がいない!

20日夜から21日未明にかけ、北海道島牧村で、クマの目撃が相次ぎました。

エビ漁に使う餌を食い荒らしており、警察は警戒を強めていますが、今回のクマ出没騒動、今までのケースとはちょっと様相が違います。

通報してから1時間がたちました。通常ならハンターが大勢集まってくるはずですが、警察の姿しか見当たりません

何故こんな事態に?

実は、クマの警戒のため猟友会のメンバーが出動した場合、村の要綱により1人1回3万円の報償費が支払われます。

7月末から続いたクマの出没で報償費などの合計が1千156万円に上っています。それが高額すぎると村議会で補正予算案が否決され、支払われない事態になっているのです。

これに対しネットでは批判の声が相次ぐ

北海道島牧村「猟友会に1156万円払うの嫌」→熊が出没するも誰も出勤せず漁港が荒らされる事態に。「金をケチるところを間違えた」「命を賭けるにして安い」との批判相次ぐ。 ift.tt/2QQpK1v

熊撃ちなんか命懸けやろ… 自分でできやんで人にやってもらうのに、それを「タダでええやろ」って。 twitter.com/ktgohan/status…

>7月末から出没が相次いだクマの捕獲や出動への報奨金1156万円を村が計上したところ、複数の村議から「住民理解を得られない」との反対意見が出た。 何人食われたら理解が得られるか気になる クマ捕獲や出動、1千万円超す 報奨金額に異議 島牧村議会否決 hokkaido-np.co.jp/article/227795

@livedoornews で猟友会のハンターへの報酬を出し渋って島牧村にはハンターが居ない状態だと。

猟師が減っているのに敵にまわしたアホな議会 命をかけて村を守る猟友会…その"報償費" を議会で否決した北海道島牧村で、1か月ぶりにクマが出没するも猟友会がいない事態に… snjpn.net/archives/69132 @sharenewsjapanさんから

島牧村がケチなのか猟友会がボッてるのかでだいぶ話が違ってくる

1か月ぶりクマ出没 なのに猟友会がいない…理由は1156万円の"報償費" 議会で否決 北海道島牧村 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-… いや金払えねえならクマに好き勝手やられて最後は死ぬしかねーだろ? 金惜しさに住民見殺しにしたバカ自治体爆誕だな(嘲

そもそも「猟友会」と「報奨金」とは?

報奨金は自治体から支払われ、その金額は自治体によって異なる

一般社団法人大日本猟友会(だいにほんりょうゆうかい)は、野生鳥獣の保護、狩猟事故・違反防止対策などの活動、日本国内における狩猟者のための共済事業を行っている法人。

猟友会の要望を受け2013年度に1万5千円から7万5千円になって以来、年5千円ずつ増えている。

っていうか、島牧村村議会が猟友会への予算否決しちゃったもんだから、 ♪エ~ライコッタ、エ~ライコッタ、ヨイヨイヨイヨイ 状態だそうだ。 twitter.com/livedoornews/s…

1 2