1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

月旅行に呼ばれてはない!…最近の野田洋次郎のコメントがお茶目な件

RADWIMPS のボーカル&ギター、また近年は俳優としても活躍する野田洋次郎さん。近ごろ自身のSNSでのコメントがお茶目だと話題になっています。

更新日: 2018年09月24日

13 お気に入り 47506 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

ミュージシャンと俳優の二刀流で活躍する

映画『君の名は。』の音楽を担当し、幅広い世代に認められるようになったバンド・RADWIMPS のボーカル&ギター、野田洋次郎

RADWIMPSでの活動を中心に、他アーティストへ楽曲提供やプロデュースも行なう。

バンド活動のほか、俳優として映画やドラマに出演。

2015年に主演した映画『トイレのピエタ』では『日本アカデミー賞』新人俳優賞を受賞。

8月には、山田&菅田主演のドラマ『dele(ディーリー)』

パソコンやスマホに残された「デジタル遺品」をテーマに、1話完結型形式で展開される同作。

野田は「dele. LIFE」の依頼人で、かつて転載超能力少年として一世を風靡したのちメディアから姿を消していた男、日暮裕司役

9月7日公開の映画では、主人公の親友役を好演

棋士・瀬川晶司五段の自伝的小説をもとにした同作は、26歳で将棋の道を絶たれてサラリーマンとなった「しょったん」こと瀬川晶司が35歳で再びプロ棋士を目指す姿を描いた作品。

本作で、主人公・しょったん(松田龍平)の幼い頃からのライバルであり、しょったんを陰ながら支える“親友”という役どころを演じたのは、RADWIMPSのボーカル・野田洋次郎。

本作は第42回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門への正式出品も決定している。

全国の被災者に向けて約1分間の弾き語りも

僕にできることはほとんどないです。 せめて心細い夜が、すこしでも穏やかでありますように。 眠りにつく子守唄になればうれしいです。 普段と違う生活を強いられている北海道の皆さん、関西の皆さん、中国、四国地方の皆さん、九州の皆さんへ。 pic.twitter.com/kPsDD0uUGM

広島や岡山、愛媛を中心に被害をもたらした西日本豪雨や四国や近畿、列島各地に深い爪痕を残した台風21号、北海道で起きた震度7の地震などで多くの人々が不安な夜を過ごす9月6日の夜、

「僕にできることはほとんどないです。せめて心細い夜が、すこしでも穏やかでありますように。眠りにつく子守唄になればうれしいです」とコメントを添え、

そんな彼、仲の良いミュージシャンとのお茶目なやりとりも

申し訳ねえな〜。これは申し訳ない。よねづけんしなんだよな〜。けんし。げんしではなく。づは濁るけどけは濁らないんです。あ〜これはわからない。覚えにくい。申し訳ないですよ。申し訳なさがとんでもない。げんしじゃなくけんし。声に出した時も違いが微妙すぎて訂正しづらい。とてもすいません。

ミュージシャンの米津玄師が9月20日、自身の名前の読みづらさを今になってTwitterで謝罪した。

@hachi_08 大丈夫だよ、分かってる人はちゃんと分かってる。洋次郎も分かってる。 元気出してね、玄太郎!!

RADWIMPSの野田洋次郎から「大丈夫だよ、分かってる人はちゃんと分かってる。洋次郎も分かってる。元気出してね、玄太郎」と名前を間違ったリプライが飛んでいる。

@YojiNoda1 @hachi_08 洋次郎さんがリプしてたっ 玄太郎?! いっそのこと"けんしロウ"ではどうでしょう? (☞三☞ `[]´)☞三☞アタタタタタタタタタ!!!

1 2