1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

道楽生活さん

▼社会問題となっているブラック企業という存在・・・・今度は捕まえた奴隷を辞めさせないという暴挙に出る

転職したいのに会社が退職を認めず、離職票さえ渡さない――。そんな退職トラブルが全国で多発している。

人手不足に悩む企業が引き留めに動いたためで、厚生労働省に持ち込まれた相談件数は解雇の相談を上回った。

▼ブラック企業が退職を認めない・・・・これはつまり奴隷は逃がさないということか

▼実際に退職に苦労するネット民は存在する 実例がこれ

茅ヶ●のムー●ブルトレ●ドネ●トワ●クス

社員登用制度有りと求人サイトに書かれていたので入社する事になったが、この1年ちょっとで契約社員から昇格した人は1人もいなかった。

また周りはキチガイばかりでこの状況で月額17万円の契約社員では他に行った方がいいと考え他社に転職する事にしたが、退職を申し出てものらりくらりと話が進まない。

次が決まっているから2週間程度で退職したかったが、最悪1ヶ月でも仕方ないとは考えていた。

それでも問い詰めたら「本社の人事の担当者と連絡がつかないから今日までの日数はノーカウント」だのいいだした。

こいつ転職話を潰すつもりだな・・・・・・・と。そんな訳で本社に「このままでは藤沢の労働基準監督署に救済を申し込む」と連絡すると、今度は一転して「今日で辞めて」といいだした。

定時が18時のところで17時にいいだした。恐らく次の日から連休に入るため連休分の給料を払いたくないと思われる。

完全に人をバカにしている。有給も何日分かあったが当然のように有給の買い取りもなかった。

この1年ちょっとで時給的にも1円も上がらなかった。

結局、今日で辞めてだのいいだしたから次の会社の入社まで一週間ほど開いてしまい仕方なく日雇い派遣に働きに行ったが、その日雇い派遣の方がよっぽど普通の会社だった。もちろん転職先の方もよっぽど普通の会社でした。

▼退職を引き止められるのはいいところ2週間から1カ月くらいか

就業規則に書いてあろうが関係ない
民法の2週間が限度

現実は退職前有給全取得してからだろうからまぁ1ヶ月後退職が多いだろうが

▼ブラック企業としてはせっかく捕まえた奴隷を辞めさせる訳にはいかないという悪質さ・・・・ネット民の反応

すぐクビにする会社より
こういう辞めさせない会社の方が悪質だわな

退職願いじゃなくて届けなんだから、受領の有無は関係ないじゃん。

出せば終わり、職業選択の自由を知らんのか?

知り合いのおばちゃんがパートだけどやられてたわ。
退職願だしても本社から応答がなくて、必要書類も送られてこないらしい。

電話で確認しても後日連絡するとか言われるらしいで。

▼結局、このようなケースの場合、どう動けばいいのか?

今、就業規則というか
雇用契約書を見てると
無断欠勤2週間で退職扱いとする
と書いてある
要は電話かかってこようが
何しようが無視してりゃ良い

それ自分が不利になるやり方だろ
退職届は内容証明で送って
後は全部有給宣言して休め

そう、ブラックだと平気で
「無断欠勤で業務に穴が空いて損害が出たので訴える」
とか言ってくるぞ。

辞職届を受理していないことを前提としないと論理破綻するので内容証明で事前に送れば良い。
もちろん法的に意味のある形式で。

1 2