1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

この世界の(さらにいくつもの)片隅に

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が12月から東京・テアトル新宿、渋谷のユーロスペースほか全国で公開される。

『この世界の片隅に』に新たに約30分の新規シーンが付け足され、「さらにいくつもの人生」が描かれたもうひとつの映画。

ここではひとりぼっち、と思ってた。広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19(1944)年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。

ユーロスペースで予告編観た「ポップ・アイ」という映画が超面白そうなんだけど、来週チネ・ラヴィータで上映するのか…検討しましょうか。 あと「この世界の さらにいくつもの 片隅に」のディザー予告、初見じゃないのに涙腺緩んでヤバかった。

『寝ても覚めても』と『1987、ある闘いの真実』が抜群に面白かった。この2本を観るためだけに、TCGメンバーズカード 会員になる価値があると思う。12月には『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』もやるしね。

ドラゴンボール超 ブロリー

アニメ「ドラゴンボール」劇場版の20作目となる新作映画『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』が、2018年12月14日より公開される。

劇場版前作に引き続き、原作者の鳥山明が原作・脚本・キャラクターデザインを担当する新作は、テレビアニメ「ドラゴンボール超」に続くエピソードとなる。なお、「ドラゴンボール超」として映画化するのは今回が初のこと。

本作の監督を務めるのは、テレビアニメ「ドラゴンボール超」でシリーズディレクターを務めていた長峯達也、作画監督はオーディションで選ばれた新進気鋭の新谷直大が担当している。

12/14公開のドラゴンボール超の予告がハリウッド映画の予告みたいで嬉ションするくらいカッコいい! 特にサブタイトルの『ブロリー』って文字が出るところ。

ドラゴンボール超のブロリーは興味あるな。 ・・・ジレンより強かったらヤバいと思うけど・・・w

シュガー・ラッシュ:オンライン

人間たちが知らないゲームの裏側の世界を舞台に、アーケードゲームのキャラクターである悪役ラルフと少女ヴァネロペの冒険と友情を描いたディズニーアニメ「シュガー・ラッシュ」の続編。

前作も手がけた「ズートピア」のリッチ・ムーアと、両作で脚本家としてコンビを組んだフィル・ジョンストンが共同で監督を務めた。

シュガーラッシュ オンライン 歴代のディズニーキャラ総動員じゃねーか。

え、シュガー・ラッシュ オンライン 絶対に最高のやつでは?

劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」II.lost butterfly

『劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」II.lost butterfly』の公開日が決定。2019年1月12日より全国ロードショーとなる。

1 2