1. まとめトップ

なでしこジャパン、 北川ひかるがやった 前代未聞、酷過ぎる移籍。

日本の女子サッカー界で前代未聞の酷過ぎる移籍事件が起きた。「首位と勝ち点わずか4差の3位」で優勝争い中だった浦和の選手が、「シーズン終盤、首位チームと対戦する大一番の試合3日前」になんと移籍を発表しチームを捨て、新潟へ移籍した。

更新日: 2019年06月17日

1 お気に入り 18177 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rulliさん

【本編開始】 「人から受けた恩を仇で返すようなリーグにするな」 優勝争い中にチームを捨て、「代表に入る為に仲間を裏切る選手」を日本女子リーグは、2度と生み出すな。業界がおかしくなる。

サポーターを馬鹿にし、仲間を裏切り、モラルを守らないクズは引退しろ。スポーツやる資格はない。自分の都合だけ考え、仲間の夢を 潰すクズは引退しろ。

浦和レッズ・レディースについてブログを書き、チームを応援している人の中には
移籍が決まった途端、「絶対に許さない」と書いているのを見た。
それで、3週間後には、北川が敵チームで、浦和駒場スタジアムに来て
のこのこと試合出場をし、得点を決め、浦和レッズは負けたのだから、
北川の勝手な移籍に怒っていたサポーターの怒りは相当だろう。
「火に油を注ぐ」とはこの事だろう。
(しかも、北川のヘディング・ゴールは、浦和最後のシーズンとなった高畑選手の肩を
押さえつけて決めた反則疑惑のゴールだった。水内猛氏も、「このゴールはおかしい」と批判を
していた。「浦和の選手は、すぐ審判へ抗議しないと駄目だ」とも述べた。
高畑選手は浦和最後の年を、裏切り者に反則されて負けた訳で、本当に可哀想だ。
全ては、ルールを守らない北川、アルビレックス新潟、馬鹿なリーグ運営者が問題だ。
北川は、古巣に迷惑をかけ、その後、モラル違反だが試合出場をし、古巣とも戦い、
反則同然のやり方でゴールを奪い、更に試合後、自身のインスタグラムで、
「浦和戦勝利の喜びの投稿」をしたのだから、ここまで行くと、この選手の倫理観は異常の領域だろう。恐ろしい。
この選手に「浦和に迷惑をかけた」という意識はあるのだろうか? 欠片もないのではないか? 
浦和を倒して嬉しくて仕方ないのだろう。この人は退団コメントでチームメイト、サポーターへ
「優勝争いの一番大事な時期に退団してすまない」等は、何も書かなかった異常さなので、
本当に勝って嬉しい限りなのだろう)。

この移籍が起きた直後の期間、私は、「この移籍は、サッカー界で、ルール違反、モラル違反だ」
と北川本人にも、アルビレックス新潟にも何度も訴えたが、両者共に無視を続け、
北川に至っては、ツイッターでブロック対処し、私の訴えに回答を一切せず、追い払った。

こんな態度で、「なでしこリーグ」を盛り上げたいだの、お客さんに来てもらいたいだのと
言っているのだから、呆れてしまう。
(北川の「感謝」は口先だけだ。行動は真逆、酷い事しかしてない)

こんな非道、勝手な移籍をし、熱心に応援してくれ、スタジアムに足を運んでくれている
サポーターに「絶対に許さない」とまで怒らせておいて、何が「リーグを盛り上げたい」だ。
北川は「サッカー界のモラルを守って活動する」のが第一だろ。

非道な移籍であるならば移籍すべきでないし、
間違っているならば、新チームへ入団しても(非常識な時期の移籍だと気づいても、
もう今シーズン、引き返して、浦和へ戻る意思など毛頭ないならば)、
後半戦は、新潟で試合に出るべきでない。「浦和退団」という形にすべきだろう。
(それでもこんな時期の「退団」など、「非常識で、最悪」な事には変わりないが・・・)
自己中心的な退団・移籍をし、なおかつ敵チームで登場して来て
「古巣の応援を受けて来たチーム」を倒すなんて、これ以上の失礼があるのか?

北川は、サポーターから「勝手な移籍だ」、「サッカー界のルール違反だ」と指摘されたのなら、
答えるのは筋だろ。この質問のどこがおかしいんだ?
北川にしろ、アルビレックス新潟にしろ、こんな重要な質問について
回答拒否するなんて、異常だと思う。
こんな質問をして来るなんて「頭のおかしい人間」とでも思っているのか?
俺は、お前らの方が「頭がおかしい」と思うね。
「シーズン後半戦以降は、移籍絶対禁止」だろ。
何十年もサッカー業界は、そうして活動している。

サッカー界で、「シーズン後半以降の移籍は、絶対禁止」だろ? 違うか?

それを守り、活動するのは「世界の常識」だ。

自分にとって都合が悪いので、そんな質問は全て踏み潰して良い、
真摯に向き合う必要は一切ないと思っているのか?
「サッカー界のルールだの、モラルだの、そんなものは知らない。
私が試合に出るのに邪魔なモノは全て無視し、踏み潰す」
という事なのか?

もしそうならば、本当に日本史上最低の選手だ。

こんな態度で、サポーター・客に向き合い、サッカー選手やっている人間は見た事がない。

北川ひかる、アルビレックス新潟の選手達、クラブ関係者は
安倍晋三などの極悪政治家と同じで
「自分に都合の悪い、重大な質問をされ批判されると、
無視して踏み潰し、強引に、お構いなしで活動する」
というメンタリティーなのだ。
当世の日本人の悪い所をそのまま凝縮したような人間共だ。
モラルを守らない人間は政界だけにして、スポーツの世界は礼儀正しく、爽やかなモノを提供してくれると期待したが、北川らの「ルール破りのメンタリティ」は
私の想像を遥かに上回っていて、「サッカー界のモラル」なんて粉々に踏み潰し、
「なでしこリーグ」ファンの批判に耳を傾ける事は、一切、拒否する最低の連中だった。

ジャンプする前、北川は
「目の前に居た高畑選手の肩を抑えていた」
と、反則疑惑がある。
テレビ番組で、解説者の水内猛氏は
「このゴールは反則があったように思う」
と判定に疑問を呈していた。

北川は、3週間前に、チームを裏切り
自己中心的な移籍をし、
よく迷惑をかけた仲間相手に戦えるもんだ。

誰も、「この出場はおかしい」
と言わなかったのか? 新潟はアホなのか?

浦和の客が、どれだけ不愉快に思い、怒るか、
想像しないのか ?
お前らは「なでしこリーグ」のファンを
減らしたいのか?

「裏切りOK」のリーグにするなよ。
世界のどこにそんなリーグがあるんだよ。

「サッカー界で、シーズン後半戦以降は、移籍禁止(勿論、移籍して試合出場は禁止)」と
北川ひかるを始め、アルビレックス新潟レディースにも、チーム・メンバー(左山桃子ら)にも
ツイッターで伝えたが、全員でこの業界ルールを無視し、
北川は移籍を行った後、強行に試合出場を続けた
(批判を徹底的に無視し、移籍後、全試合に出場して、シーズンを終えた)。

このクラブ・選手達は、一体、何なのだろう?
サッカー界におけるモラルを明らかに破っているが、
そこに罪悪感もないし、スポーツマンとして自分達のやっている事におかしさを感じないのだろうか?

世界のサッカー界(男子)では、毎年、移籍期限のニュースが夏と冬に話題になる。
シーズン中間期間、冬場にも厳格な締め切り日がある。
世界中でそれを守り、その日を境に移籍は「絶対禁止」だ。世界中でそうして活動している。
シーズン中、特に「終盤に移籍するのはモラル的に大きな問題がある」という常識があるからだ。
そんな事をしていたら、「リーグ戦」がおかしくなる。
それを北川ひかるは破ったが、クラブ・チームメイトはそれに協力するというのは、
こいつらは、本当にバカだし、最悪だと思う。

世界で、そんな事をしているサッカー選手が居るか?

北川ひかるぐらいだろう(私は他に知らないし、そんな選手を北川以外、見た事がない)。
それをアルビレックス新潟のメンバー数人にもサッカー業界の「ルール違反」だと教えたが、
どうしてそれを破って、こいつらは試合するのだろうか? 

この出場を許したら、この先、なんだってアリになる。
「シーズン佳境に移籍し、 敵チームでいきなりプレイする」
という事が可能になる。
その行動はリーグ戦をおかしくする(実際、北川はそれをやり、古巣、浦和相手に出場した)。
そしてこれは、その年、その時点まで懸命に応援して来たサポーターに対して大変、失礼な振る舞いだ。酷い裏切りだ。そんなモノをサッカー・ファン(お客)に見せて平気というのは、どういう神経をしているんだ?
浦和駒場スタジアムでは、試合後、北川に対して怒りを抑えられず客席から直接、本人へ
「北川、消えろ!!」と怒号を浴びせた浦和サポーターが居た。
このサポーターの行為は粗暴であるが、私は彼の怒りは十分、理解できる。
そもそも人を裏切り、全てを踏み潰して、出場した北川に非がある。
移籍も非常識だし、試合出場も非常識だ。

北川らは大馬鹿で、あまりにも酷過ぎるので、2018年にこのバカ・チームがやった事を
「歴史的非道の記録」として、ここに残しておく。

「なでしこリーグ・ファン」から「非常識、ルール違反」を指摘・批判されても、
平気で無視を決め込み、試合に出場し続けた人間を紹介する。
北川は、「サッカー界で、移籍実行、更に試合出場がモラル違反です」とツィッターで指摘されたら「ブロック対処」して、回答を拒否した。
(この選手は、基本的にサポーターをなめている為、非道な移籍も平気でやるし、
重要な質問にも向き合って答える事などしない)。
私は、「仲間・サポーター、スポンサーを裏切り、サッカー界の常識ルールまで破り、
批判を無視し、試合に出続けた最低の選手」を許せない。
これを許したり、忘れたら業界が悪くなる。「自分の得の為なら何でもやる」人間を野放しにする事を認めてはいけない。

業界のルールを全く知らぬ為、破ったのでなく、知っていても無視をし、破り続け出場するような
人間は、悪質、極まりない。
サッカー界で「モラル違反」だと知識を得ても、自分にとって破る方が都合が良いので、
平気で無視し、試合を行う北川は、本当にろくでもない。
そもそもサッカー業界のモラルを守ろうという気持ちが、全く無い。
「なでしこリーグ」ファンと向き合う気もなく、お客を軽視して、
「ただズルを強引にやって、全てを踏み潰しているだけ」である。
「自分と同じ事を皆、やり出したらリーグ戦は完全に壊れるが、自分だけは破っても全く構わない」
という考えなのか?
こんな最低の選手には、「弁明の余地」はない。

北川は、日本代表に選ばれれば、優勝しようが逃がそうが構わない人間のようだが、
優勝したい人達の邪魔をするな。

自己中心的な移籍をする事で、友情、サポーターとスポンサーからの信頼を失くし、
ルールも、モラルも全て踏み倒すので、怒り・反感を買う。
普通の人は、「そんな事をした先に何か価値があるのか?」 と思うが、
北川にとってはそれら「無くすモノ」はどうでもいい事で、
最初から大事にすべきモノでは決してないのだろう。

後世のサッカー・ファンに、こんな汚い事を平気でやっていたクソ選手、
クソ・チームがあった事を永久に伝える為に、ここにその経緯・内容を紹介する。

「一番、大事な時期に辞める」というのは、何考えてんだ?     チームが被害を受けると思わないのか?             自分の代表入りの為に、チームを捨てた選手は、お前が日本初だ。

浦和のユニフォームが「誇り」なんて、ウソをつくなよ。      「日本代表のユニフォーム」しか興味ないんだろ?        だから優勝争い中でも辞めたんだろ?代表入りだけ考え、浦和レッズを捨てた。

「自分への起用法が不満だから、首位決戦前に辞めて、        チームに迷惑かける」なんて、どういう神経をしているのか?    開幕前から優勝の為に皆が努力して来たのを、北川がぶち壊す権利あるのか?

北川の移籍で、チーム、監督、サポーターが被害を受けて構わないという理由を説明しろよ(監督は解任された)。          移籍のルール・モラルを破って試合に出る理由を説明しろよ。

2018年9月19日、女子サッカー界で前代未聞の酷い移籍が起きた。 それは浦和所属「北川ひかる」のアルビレックス新潟への移籍だ。 こんな酷い移籍は今後、起きない。普通、首位対決3日前に辞めるか?

リーグ終盤、首位と対戦3日前に移籍を行った驚愕の酷さ。   「私は自分のチームが優勝しようが逃そうが、もうどうでもいい。 もう知った事ではない」と表明したのと同じだ。浦和を放棄し、  仲間を裏切った。

サポーターが「ふざけんな」と怒らないとでも思っているのか?  こんな大事な時期に退団する事を、許される行動と思ってんだから、随分とサポーターを軽く見ている選手だ。こんな選手は2度と現れないだろう。

W杯が来年に迫って来た為、自分の代表選出を考え、         「浦和をシーズン終盤に捨てた」という最悪の選手。非常識で、   自分さえ良ければ気質で「人としてどうなの?」と思わざるを得ない。

写真は、浦和時代の北川ひかる。

大一番の首位ベレーザ戦、3日前に退団をし、
浦和を捨てた。
普通は、「首位チームと対戦するのはサッカー選手として重要で、楽しみな事」だが、
職場放棄し、退団した。

この選手は、
「(浦和)優勝は多分、無理だし、居ても仕方ない。
それより代表に選ばれる為、自分の先発出場を
増やしたい。
W杯が近い。だからチームの成績は
もうどうでもいい。仲間に迷惑かけても知らない。
早くここを辞めた方が自分の為だ。
ここにシーズン終了まで居ても時間の無駄、
今すぐ辞めてチームを変えるのが私にとって一番、都合が良い」
という考えで、リーグ戦中に浦和を捨てた無責任な
選手である。

2018年シーズン、浦和レッズ最後のシーズンとなった高畑選手には、北川ひかるというモラル違反もお構いなしで移籍を実行し裏切る最悪の選手に、優勝争いの大事な時期に妨害された事を深く同情、致します。

サッカー界では2002年、UEFA(欧州連盟)、Jリーグは   「シーズン後半戦開始以降は移籍禁止」ルールを作った(昔から禁止だが、期限日を厳格に定め更に厳しくした)。終盤移籍されると大迷惑だからだ。

北川ひかる。   

1997年、石川県生まれ。

左SB。

【所属チーム】
2015-2018年9月 浦和レッズ

2018年9月    アルビレックス新潟

毎年、日本協会から90万を貰い特別扱いされている
元日本代表選手だが、それにふさわしい礼儀・品格はない
(4年で360万も貰う)。
現在、大学スポーツ学部で勉強中だが、
サッカー界「常識ルール」、モラルを守る意識ゼロ。
なぜこんな「なでしこリーグ」破壊した不道徳者に特別に毎年90万も金を渡すんだ?

こんなチームとサポーターをなめた非道な移籍をし
モラルを踏み倒した選手には協会は罰金を課し、
2018年シーズンは出場禁止にすべきだ。

「あなたの移籍は、サッカー界でモラル違反・ルール違反です」と 直接説明しても無視して試合に出るので、この人(北川)はルールを 破る事しか考えていないのだろう。それ程、自分の事しか考えない 汚い人間だ。

写真は、2018年9月9日、
「なでしこリーグ第10節、
浦和レッズ 対  ジェフ千葉」、集合写真。

後列右から3番目が 北川ひかる。

これは北川が退団発表する10日前の写真だ。
ご覧のように10日前、北川ひかるは、浦和レッズで先発フル出場をし、戦力だった。
(注:この日、千葉戦前、浦和3位で首位ベレーザと僅か勝ち点差2しかなかった。この試合は0-0で引き分けたので勝ち点差4に広がった)。
しかし、北川はこの先発でも不満で、10日後、
一番大事な首位ベレーザ戦の3日前に突如、退団を発表した。
先発していても出場機会に不満で移籍するというのだから、なんとワガママな選手だろう。

写真、右から3番目 北川。

北川は先発フル出場したが、10日後、
首位と対決3日前に突然、退団を発表した。

今年はリーグとカップ戦、
「18試合中7試合先発。4試合途中出場」
して、十分、戦力だった。
ただ個人の勝手で先発しても不満で
(日本代表に選ばれるにはもっと先発出場が必要で、最近、少し減ったのが不満という超勝手な
理由)、
チームは優勝争い真っ只中だったが、そんな状況はお構いなしで、北川はもっと先発できそうなチームに、突然「入団問い合わせ」を開始して話をつけ、チームを捨てて去った。

サッカーの歴史でこんな勝手な選手が過去に居ただろうか?
恐らく、見つけ出すのは相当に難しいだろう。

写真は、得点を決めて喜ぶベレーザの選手達。

2018年9月22日、「なでしこリーグ第12節、  ベレーザ 対 浦和レッズ」。

注:2018年9月19日、北川ひかるは浦和退団を
発表していた。

対戦前、ベレーザ勝ち点26、浦和レッズ勝ち点22という、勝ち点4差の状況で試合したが、ベレーザが3-0で大勝した。
浦和はこの敗戦で勝ち点が7に広がり、今シーズンの優勝がほぼ消失した。

監督は「北川ひかる、ベレーザ戦先発」を選択肢の1つとして考えていただろう。
(ちなみに北川は前回5月6日のベレーザ戦で先発で起用された)。

監督、チームメイトにとって北川の退団、移籍発表は大迷惑な行動だったろう。

北川ひかるは、はっきり言ってしまえば、
シーズン開幕前から「優勝しよう」と一緒に努力し戦って来た仲間を一番大事な試合直前に裏切った訳である。

こんな最低な選手が過去に居ただろうか?

あまりに酷過ぎて、言葉を失う。


現役生活が僅かと実感して戦っているベテラン選手にとっては、若手(北川)の前代未聞の勝手な振る舞いで、優勝可能性のあるシーズンを送っていたが、混乱させられた訳だ。
優勝争いに加わるシーズンを再び送れる保証など
どこにもない訳で、本当に彼女達(高畑ら)は
可哀想だ。
また浦和の石原監督は次節、敗戦し解任となり、
失業した。
本当に北川は自分の事しか考えておらず、チームを捨てた。

左の写真は、浦和の公式月刊誌の抽選プレゼント・ページの写真。
今月号では「北川ひかると栗島朱里の対談」が掲載され、プレゼントは「2人の写真」だ。
(注:この号は北川退団の8日後に発売された)。
北川の勝手な行動により、今号では編集変更が間に合わず、「北川ひかるインタビュー」が既に退団 していたがそのまま掲載され発売された
(北川は「優勝する」とでも話してたのか? 
私は未読で内容は知らない)。
左の写真の様に今月2人は特集されクラブから期待されていた。しかし北川は対談後、チームを捨てる事を決めて、最も重要な試合の3日前に移籍した。
対談相手の栗島を裏切った。
本当に酷い選手だ。

写真は、北川本人が8月14日現地から公式サイト ブログで「浦和レッズ、オランダ合宿」報告を書いた時の、オランダ・リーグ(男子)試合観戦写真。

サイデン化学、三菱重工業はこの選手の為に渡航費、宿泊費、遊興費など数十万は費やしたと思うが、北川はスポンサーの想いと尽力を踏みにじり、モラル違反、世界ルール無視を行い1カ月後に移籍した。普通の国では移籍しても試合出場不可だ。

北川のような恩知らずは今後、まず出て来ないだろう。
スポンサーにオランダまで数十万円を払わせ、その1カ月後に一番大事な試合前に裏切るのだから、 金を出した方は詐欺に遭ったようなモノである。
過去にこんな最悪な選手が居ただろうか?

以下が、北川ひかるの浦和レッズ・レディース退団コメントである。

【コメント】
「このたび、浦和レッズレディースからアルビレックス新潟レディースへ移籍することになりました。急なことで驚かせてしまったこと、本当に申し訳ありません。自分と向き合いながら考え続け、悩み続けた結果です。大好きな浦和レッズと関係者のみなさん、そして大好きなファン・サポーターのみなさんやこの街から離れることを考えると寂しい思いでいっぱいです。特別指定選手としてプレーし始めてから3年半、未熟な私を応援し、あたたかく見守ってくださったみなさんには感謝という言葉しか見つかりません。浦和駒場スタジアムに鳴り響く、大きな声援はいつも私の力の源でした。ケガで苦しんでいるとき、プレーがうまくいかないとき、みなさんに何度も何度も助けられ、支えていただきました。本当にありがとうございました。そして、チーム・スタッフのみなさん、うれしいとき、辛いときや悲しいときも一緒に過ごせた時間がとても大切に思えます。ありがとうございました。浦和レッズレディースの選手であったことを誇りに思っています。

最後になりましたが、クラブ関係者のみなさんには最後まで優しい言葉をかけていただき本当にうれしかったです。私の選択を受け入れてくださったこと、感謝しています、大変お世話になりました。

新しい環境に身を置くことはサッカー人として、一学生として、困難なこともたくさんあると思います。決断したからには覚悟を持ち、サッカーに全力を尽くし、夢を掴み取るその日まで前に向かって進んでいきます」


#######################################################
【解説】
同じ石川県出身のプロ野球選手、松井秀喜が大リーグ挑戦の時に、45分も退団記者会見したのと
大違いである。競技は違うが、スポーツ選手として求められる礼儀はどちらも同じであろう。
松井は、「裏切り者とファンの皆様に言われるかも知れませんが」と冒頭に述べ
(注:松井はシーズン終了後に移籍を発表した。北川と違って『シーズン中で首位対決直前』などというタイミングでは決してなかった。それでも「チームを捨てる事」にファンに対して責任を感じ、ここまでの言葉を述べた。そして彼は長い会見を行い、悲壮な表情でファンに具体的に説明し理解してもらう為、向き合った)、「(このようなチームを捨てる決断をしたからには)大リーグに行ったら命を懸けてやります」とまで述べた。それに比べると、随分の違いだ。
松井は大リーグ、ヤンキースに移籍後、
2006年、試合中の守備で外野フライに突進し、スライディング・キャッチを試みたが、
グローブの先端が芝と絡まり、手首が抜けず押し潰して、複雑骨折した。
選手生命に関わる大怪我だった。
彼は途中退場し、救急車で運ばれ、診察を受けて『複雑骨折』の宣告を聞いた。
その時、松井がマスコミに発した第一声は、自分の怪我についてではなく、
「大切な時期に戦列を離れてチームに申し訳ない。『済まない』と皆に伝えて欲しい」
という言葉だった。本当に北川とは大違いだ。
松井は自分の身に起きた不幸より、チームを想っていた。
一方、北川は、チームとサポーターをなめて「大切な時期」に捨てる事に責任を感じていない。
だから、こんな不道徳で、酷い事を実行できたんだろ?
こんな軽薄な行動が許されると思っている時点で、相当におかしな選手だ。
「シーズン佳境で、チームメイトは優勝しようと一丸となり頑張っていたが、一人だけ他のチームに入団問い合わせを始めた」んだから、あまりに異常だ。
後半戦開始前に、石原監督は「首位とまだ勝ち点2差なんで、チャンスはあります」と述べていた。監督もびっくりしたろうね。
本当にこの人(北川)はスポーツ選手として今までどういう教育を受けて来たのか? と思う。
「優勝争い中のチーム現状と今辞める事について」、「浦和のチームメイトに何もコメントなし」だ。チームに謝らない事には本当に驚く。「なぜ、辞めるのか?」という一番、肝の部分にも言及しない。
当たり前か。チームメイトは怒っているだろうし、「辞める理由が非常識」なので書ける訳がない。

北川は松井のように他の大きな夢に挑戦するのが退団理由ではない(海外移籍した訳でもない)。
チームが優勝争いの最中でも「単に自分の出場機会がまだ足りない、不満だ」というただそれだけの自己中心的な理由で職場放棄した訳だから、
「具体的な説明をサポーターにし、退団の理解を求める」なんてできる訳がない。
だからそういう行動は一切しなかったのである。

松井のように「情理を尽くし、サポーターと向き合おうと努める品格」など一切なく
一刻も早く浦和を辞めたい為、突然、『誤魔化しのコメント』(円満退団を強調するウソ)
を書き、チームを捨てた。

2018年シーズンの浦和レッズ・レディースは北川によって台無しにされたと思う。
北川の突然の退団は、大一番の試合前に、チームに精神的な動揺を与えたのは確実であり、
戦力面でも、北川は先発・途中出場でベレーザ戦に出場する可能性は非常に高かった。
北川の勝手な離脱により、一番大切な試合前に、チームは精神面でも、戦術面でも混乱した。
北川は「なでしこリーグ」史上最悪移籍をした選手だが、このような最低な選手がチームに居て
大一番前に大迷惑を被り、その結果、失業した石原監督は本当にお気の毒であるとしか言いようがない。
北川は「悩み続けた結果」と退団コメントしているが、北川は怪我をしていた時期を除けば、
入団以来、非常に試合出場していた選手である。
今シーズンもこれ迄「18試合中、7試合先発、4試合途中出場」だ。怪我をしていなければ、
もう少し試合出場は増えていただろう。
それなのに「悩み続けた結果の決断」などと口にし、正当化するのは、贅沢な考えである。
浦和レッズには試合に全くと言っていい程、出れず苦しんでいる選手は数多くいる。
「今シーズン出場ほぼゼロで、チーム構想外状態」だったならば、『シーズン後半戦以降の移籍』に理解を示す事もできるが、北川の場合は全くそういう状態ではなかった。
つまり、「私は全試合、先発起用されない事、起用法が不満でした。だからチームが首位決戦前でも構わず辞める事に決めました。他のチームに入団問い合わせしました。それで話を既につけました。皆さん、さようなら」という事だ。
こんな退団理由はあまりに非常識だ。
チームメイトも大迷惑で、この行動は許容できないだろう。
(実際、北川の移籍発表後、チームメイトでSNSでコメントした人はほぼゼロだった。
GK松本を除き、全員無視した)
移籍するのであればシーズン終了後にすべきであり、こんなタイミングで職場放棄した事は
多くの人に迷惑をかけ、仲間・サポーターを馬鹿にしている。

そもそもこの選手は、サポーターに突然発表する前に、
チームメイト、主将、監督に今回の決断に関して理解を求め、真摯に向き合い、話をしたのかすら
怪しい。
浦和フロントにだけ移籍を訴えて(それが成功して)、チームとろくに向き合って話合いすらしてないのでは? 
と思う。もしそうならば、ろくでもない選手だ。
もしそうならば、チーム・スポーツやる資格はない人間だ。
自分の都合だけを考え、チームと話合い拒否し、勝手に退団して迷惑をかけたのであれば、
2018年シーズン、この選手は人として最低の事を強引に押し進めたという事だ。

サポーターは、遠征の際には、飛行機代、新幹線代、ガソリン代、宿泊費等、金と時間をかけて、チームの優勝を願い、頑張って応援している訳だが、こんな態度で優勝の大一番の試合前に退団するなんて、この選手は、一体、日頃、どういう考えでサッカー選手をやっているのか? と疑問に思わざるを得ない。サポーターが優勝を願っているという事が分からないのだろうか?
チームの優勝を潰す行動をしている時点で、あまりに異常だ。
「浦和レッズが大好きだ」と退団をする為に、ウソまで書く腹黒さには呆れる。
本当に浦和レッズ大好きな選手がこんな酷い退団をし、大迷惑をかけ裏切れるはずがない。
こんな嘘で人をだませると思ってるのか?
このような仲間とサポーターを裏切り、サッカー界のモラルも踏み潰す不道徳者が、
毎年、協会から90万円を特別に支給され、ヒュンメルというメーカーからスパイク等、道具支援を無料で受け、金も貰っていると思うと、仲間を大切にし、クラブとサポーターの為に日々、
苦しい状況でも頑張ってトレーニングし、戦っている選手が不憫でならない。
北川のようなスポーツ選手として最低限のモラルすら持っていない酷い選手に経済支援するような
団体とスポーツ・メーカーは、今回の件で被害を被った人々からすれば、
「こんな最低な選手を支援するなんて、アホな団体・会社である。評判が落ちるだけだ」
と思うだけだ。

「首位決戦2日前に辞める」ようなアホな選手(北川は3日前に辞めた)は今後、まず出て来ないだろうから、北川より酷い移籍をする選手は、この先、日本で現れないだろう。

ここまで勝手な移籍をする選手は、
「『なでしこリーグ』を日本代表に選ばれる為の『道具』としか思ってない」訳で、
「日本代表に選ばれる可能性が低そうだとどんな状況でも突然、我儘を言って辞める」のだ。
業界はこんな選手を甘やかして、自己中心的行動を手助けするのではなく、出場停止・罰金を課すべきだ。この選手は今回の件で、全く反省はないし(批判を受けても無視して、当たり前の様に新潟で試合出場をした)、大して酷い移籍ではないと思っている。
こんな最悪な選手を甘やかすのは大間違いだ。

1 2 3 4