1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

jon69さん

圧倒的竹林!京都を代表する観光スポット

都を代表する観光地、嵐山。桂川にかかる渡月橋(とげつきょう)は春夏秋冬で様々な表情をのぞかせ、観光客を飽きさせることがありません。

京都随一の人気観光エリア「嵐山」。四季折々の美しい景色が楽しめるほか、多数点在する社寺など、魅力あふれる場所ですが「行きたいけど、いつも混雑しているイメージがある・・・」「落ち着いて観光ができなさそう」とお思いの方も多いのでは?

おすすめスポット1.嵯峨野の竹林

所在地:〒616-8394  京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町
交通アクセス
(1)嵯峨野観光線 「トロッコ嵐山駅](徒歩3分)
(2)京福電鉄 「嵐山駅」(徒歩12分)
(3)JR山陰本線 「嵯峨嵐山駅」(徒歩17分)
Googleマップ:https://goo.gl/maps/hmSBi1tZ5542

竹林の道(ちくりんのみち)は、大河内山荘から野宮神社の間を約200メートルにわたって続く風情のある小道です。周辺には嵐山や世界遺産の天龍寺などがあります。

数万本の竹が生い茂る一帯には、竹林を縫うように小径が張り巡らされており、のんびりと歩けば平安時代の趣を肌で感じることができます

2015年秋、新たな観光スポットが登場しました。

竹林の道【京都府】 天龍寺の北門から大河内山荘まで、両側に竹が生い茂る道が続く。青竹に囲まれた世界の中、風はひんやりと涼しく、訪れる人々を静かに迎えてくれる。 pic.twitter.com/FCwAbIl40E

京都の嵐山で天龍寺、竹林の道、野宮神社、渡月橋と回ってきた! めっちゃ綺麗やった(* ॑꒳ ॑* ) pic.twitter.com/k5bQv0fm0I

▼人が多いから撮影は朝早くがおすすめ

人気のスポットだけに人が写らないように撮るには準備が必要なようです。

竹林が左右に広がるとても風情のある小径です。人力車は歩行者がこない道も通るみたいですが歩行者は観光客がたくさんいる道だけです。 観光客がうつらないように写真をとるのに苦労します。朝早くに行くことをオススメします。

おすすめスポット2.嵐山花灯路

開催時期(2018年)
12月8日(土)~12月17日(月)
点灯時間:17時~20時30分
開催場所:京都府京都市右京区・西京区 嵯峨野散策路、天龍寺周辺一帯の竹林の小径、法輪寺~渡月橋周辺、その他寺院・神社・文化施設
交通アクセス
阪急嵐山線嵐山駅から徒歩5分(渡月橋)ほか
Googleマップ:https://goo.gl/maps/3p8AMDscSoR2

嵐山花灯路は、12月中旬に京都府の嵯峨、嵐山周辺地区に約2500基の行灯を点し、夜の散策を楽しむ趣向の2005年12月から始められた「灯り」をテーマとする観光イベントである。

嵐山・嵯峨エリアの路地には無数の行灯(あんどん)が用意され、観光客の足元を照らします。

寺院や神社、竹林、橋などが華麗にライトアップされ、これらのスポットを散策するのが定番のコース。

文化施設は夜間にもかかわらず拝観できます。

@usafusafusa くるり、京都出身だったの うさちゃん、むっちゃ詳しいね 嵐山の花灯路の時期は、空気が澄んでて竹林の中で、とても幻想的で、何とも言えない不思議な感覚が好き 何とも言えないんじゃなくて、表現力がなくて言えないわ

今日はカフェライブ✨ カバー曲メインなので大好きな曲も聴けたらいいなぁ。すごく楽しみ( ˆ-ˆ *)ライブに行く日はHAPPYをおすそ分け✨京都・東山花灯路のライトアップ寒くなったら次は嵐山だね みなさんにとってステキな秋の週末となりますように pic.twitter.com/qC6Q4uyN7Q

▼こちらも混雑するため、時間帯をずらすのがおすすめ

点灯しはじめか、終わりごろがいいみたいです。

竹林は一方通行ですが、突然立ち止まる人に注意して進まないと危ないので(竹林では写真撮影する場合は端によって下さいとアナウンスしている)

混んではいましたが、昨年より少し時間を遅くして歩いたのもあって身動きが取れないほど混んではいませんでした。

おすすめスポット3.嵯峨野トロッコ列車

営業時間:トロッコ嵯峨駅発・トロッコ亀岡行(下り):嵯峨野1~15号(奇数号)嵯峨駅発9時1分~16時1分(毎時1分発)
定休日:水曜日(但し春休み、GW、夏休み、紅葉時期は運行)※臨時列車運転日はHPで要確認
休業:冬期運休:12月30日~2月末 ※HPで要確認

所在地:〒616-8373  京都府京都市右京区嵯峨天龍寺車道町
交通アクセス:(1)JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅隣接(トロッコ嵯峨駅)

運賃:大人620円、子供310円
時刻表:https://www.sagano-kanko.co.jp/jikoku.php

今は使われていない旧山陰本線の一部を、トロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡駅までの片道7・3キロメートルを約25分で結ぶ。春は優雅な桜、夏は涼感の川のせせらぎとセミ時雨、秋は絢爛の紅葉、冬は情緒な雪景色と保津川渓谷の四季おりおりの美しさが満喫できる。

1 2