1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

湯浅政明監督特集も!今年の「東京国際映画祭」が楽しみ

女優の松岡茉優が第31回東京国際映画祭のアンバサダーに就任し、全ラインナップが発表された。オープニング作品はレディー・ガガの『アリー/ スター誕生』、日本映画特集は役所広司と湯浅政明監督特集。メインとなるコンペ部門には邦画から『半世界』『愛がなんだ』が選ばれた。

更新日: 2018年12月13日

1 お気に入り 1486 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆今年もアジア最大級の「東京国際映画祭」が開催される

10月25日から11月3日にかけて、東京・六本木ヒルズやEXシアター六本木などで開催される第31回東京国際映画祭。

東京国際映画祭(TIFF)は、日本唯一の国際映画製作者連盟公認の映画祭であり、アジア最大級の映画の祭典です。

出品された映画のスターや関係者が、レッドカーペットやイベントに来場します。

◆オープニングはガガ主演作 クロージングは『GODZILLA』最終章

オープニング作品は、12月21日に日本公開を迎える『アリー/ スター誕生』。世界的歌姫レディー・ガガが、スターになることを夢見る主人公・アリー役で映画初主演を務める。

クロージング作品に決まったのは、アニメーション映画『GODZILLA』三部作の最終章『GODZILLA 星を喰う者』。ゴジラ映画史上初の3DCGアニメーション作品。

また今回初めて実施するGALAスクリーニングの上映作品には『人魚の眠る家』が選出された。GALAスクリーニングはオープニング作品やクロージング作品と並び、映画祭のハイライトとして注目してもらいたい作品。

◆映画祭のメインであるコンペ部門には邦画から2作品

✨稲垣吾郎 × ✨阪本順治監督 ️『#半世界』、✨岸井ゆきの × ✨成田凌 × ✨今泉力哉監督 ️『#愛がなんだ』邦画2作が第31回 #東京国際映画祭 コンペティション部門に選出❣️ #稲垣吾郎 #阪本順治 #岸井ゆきの #成田凌 #今泉力哉 moviche.com/contents/news/… pic.twitter.com/Da8AuLXLGt

コンペティション部門に、邦画2作品が選出された。稲垣吾郎が主演した阪本順治監督作「半世界」と、岸井ゆきの&成田凌が共演した今泉力哉監督作「愛がなんだ」が、映画祭の顔ともいえる同部門で上映される。

コンペティション部門は、2018年1月以降に完成した長編映画を対象に、世界109の国・地域、応募作品1829本の中から、厳正な審査を経た16本の作品を期間中上映する。

国際審査委員長はフィリピンの映画監督ブリランテ・メンドーサが、審査委員は『スター・トレック』シリーズプロデューサーのブライアン・バーク、イランの代表的女優タラネ・アリドゥスティ、香港の映画監督スタンリー・クワン、日本からは女優・南果歩が務める。

◆特別招待作品にはマイケル・ムーア監督『華氏119』など話題作も

劇場版『PSYCHO-PASS サイコパス』Case.1 罪と罰&Case.2 First Guardianが“第31回東京国際映画祭”特別招待作品に決定 #サイコパス #関智一 #野島健児 #東地宏樹 #塩谷直義 #pp_anime eigaland.com/topics/?p=86880 pic.twitter.com/zlsKDMjuiq

第75回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞と女優賞をW受賞した『女王陛下のお気に入り』が、アメリカ劇場公開に先駆け、第31回東京国際映画祭で特別招待作品として本作が日本初上映されることが決定。

劇場アニメ3部作『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』が、特別招待作品に決定。10月25日実施のオープニングイベントレッドカーペットでは、関智一(狡噛慎也役)ら声優陣&塩谷直義監督の登壇が明らかになった。

ドキュメンタリー作家マイケル・ムーアの最新作「華氏119」。現アメリカ合衆国大統領のドナルド・トランプを標的に、彼を当選させたアメリカ社会に斬り込んでいく。第31回東京国際映画祭に出品。

◆日本映画特集として役所広司と湯浅政明監督を取り上げる

第31回 #東京国際映画祭 特集企画 アニメーション特集 「アニメーション監督 湯浅政明の世界」 湯浅監督の監修によるメインビジュアルが完成! 2018.tiff-jp.net/news/ja/?p=494… pic.twitter.com/U770gkdSUs

1つ目は近年の日本映画を振り返り、現在の日本を代表する作品の数々を、映画祭独自の視点でセレクションするJapan Now部門。今年スポットを当てるのは国内外で幅広く活躍する俳優・役所広司。昭和の時代の貴重な作品から最新作までを紹介する初の大規模上映。

1 2