1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Paypalとは?

paypal(以下ペイパル)とは、米国のpaypal
社が提供するオンライン決済ができるサービスで、

日本では主に海外のサイトなどから商品を
購入した際に代金を払うための決済手段として
使用することが多いです。

現在ペイパルは、世界190カ国で利用されて
おり、アクティブアカウントも1億を超えています。

また、海外だけでなく、日本国内でもニコ動や
ソフトバンク、ヤマダ電機オンラインなどでもペイパルを導入しています。

Paypalのメリット

口座同士のお金のやりとりができる。

PayPalでは、口座同士でお金のやりとりができます。口座にお金がなくても、PayPalにクレジットカードを登録すればそこから送金することもできます。

PayPalのアカウント同士でお金を他の人に送金したりすることができます。

いちいちクレジットカードの入力をしなくていいので非常に便利です。また、購入履歴などもすべてPayPal上で見れるため便利です。

相手にカード情報が渡らない。

支払う側とお店側もPayPalのアカウントさえ持っていれば、個人情報のやりとりは必要ありません。

PayPalでは、お金を支払う時に必要なのはメールアドレスだけです。つまり送金相手には自分のクレジットカード情報は渡らないのです。

相手の顔が見えないインターネット上の取引では非常に安心ですよね。

2018年現在 日本でPaypalが使えるおすすめサイト

①Jet Star ジェットスター

PayPalでのお支払いを選択いただくと、PayPalのウェブサイトに移動してお支払い手続きに進みます(支払手数料がかかります)。ご出発便の運航会社がジェットスター航空(JQ)の場合のみご利用いただけます。

②電子書籍サイト BOOK☆WALKER(ブック ウォーカー)

12月12日より世界190以上の国と地域で利用されている決済サービス、PayPal(ペイパル)でのお支払いができるようになりました。
PayPalのアカウントをお持ちであれば、BOOK☆WALKERにクレジットカード情報を入力することなく、電子書籍を購入いただけます。

③DMM

【DMMでもPayPalが使えるってご存知でしたか?】

動画配信、レンタル、通販など様々なサービスが楽しめる総合エンターテイメントサイト、「DMM」。
オンラインレンタルはDVD・CDからファッションまで幅広く展開中!
映画やアニメ、音楽など、話題の作品から定番まで貴方の気になるものがきっと見つかります。

④コンビニ決済でPayPal を使う

具体的にはコンビニでVプリカを購入し、それを決済で使用するという方法になります。Vプリカを使用するためには、事前に(Vプリカではなく)クレジットカードの認証を行う必要があります。

PayPalのマイアカウントの「ウォレット」タブより「クレジットカードの確認」を押すとクレジットカードから200円が引き落とされ、詳細に4桁のコードが記載されます。

それから「認証を実行する」を押し、4桁のコードを入力して「カードの確認」をクリックするとクレジットカードが認証されます。(ちなみに、引き落とされた200円は返金されます。)

クレジットカードの認証が完了したらPayPalのマイアカウントにログインし、「ウォレット」タブよりカードを追加してください。

そしてVプリカの情報を入力して「カードの登録」を押すとVプリカが登録され、決済で使用できるようになります。

その他Paypalが使えるサイト一覧はPaypal公式ホームページへ

1