1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

年間300万人が死亡…交通事故死よりも多い「飲酒」の恐ろしさ

飲酒による死亡者数が年間で交通事故死よりも多い300万人もいるという恐ろしすぎる発表がなされています。

更新日: 2018年09月26日

31 お気に入り 143343 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■世界で1年間に交通事故で死亡する人の数は約124万人

アメリカのワシントンポスト紙によりますと、世界で交通事故によって死亡する者の数は年間で124万人

世界保健機関(WHO)によると、2013年の全世界交通事故の死者は約125万だそう

第1位 アメリカ 154万7797件 第2位 日本 73万6688件 第3位 インド 48万6384件 第4位 ドイツ 31万0806件 第5位 中国 23万8351件

こちらは交通事故の発生件数です。

■この交通事故による死者数を大幅に上回るのが「飲酒による死亡者数」だ

WHO=世界保健機関が21日、「アルコールが原因で世界で毎年300万人以上が死亡している」とする報告書を発表

その数はエイズ(AIDS、後天性免疫不全症候群)や暴力、 交通事故による死者数の合計を上回る

■飲酒による交通事故や自傷行為による死亡が多い

全体の28%を占める交通事故や自傷行為で、このほか、消化器系の疾患や心臓血管系の病気も主な死因に

アルコールが原因で死亡した15~49歳の男性の数は2016年に300万人に上るという。これは全死因の12%に相当する。

10年前、20年前に比べ、飲酒運転に対するイメージはだいぶ厳しくなった気がします。しかし、飲酒運転が撲滅されたかといえば、そうでも無く、依然として飲酒運転による事故が絶えません

飲酒運転でひき逃げをしたとして逮捕された元「モーニング娘。」の吉澤ひとみ被告(33)

この事件報道を接したとき、一番に思ったのは、飲酒の怖さでした。「飲酒運転」ではなく、「飲酒」です。

■ガンへの影響もあるという

ワシントン大学の研究チームがこれまでに行われた飲酒についての膨大なデータをまとめた研究によると、アルコールは少し飲み過ぎただけでも健康リスクを引き起こす

女性を対象に、飲酒習慣とがんのリスクを調査したところ、がんの症例のうち最大13%が飲酒と関係していた

■更に肝臓病や痴ほう症にも関連が

アルコールによる障害はすぐには出ないため、“俺は大丈夫”と思い込んで安心していると、大変なことになる。アルコール脂肪肝やアルコール性線維症、そして肝炎から肝硬変へと移行してしまう。

アルコールの飲み過ぎは、心筋梗塞、脳卒中、がん、肝硬変、2型糖尿病、膵炎などの原因になり、交通事故などの傷害も引き起こす

神経伝達物質のゆがみが短期的な記憶障害(例えば大酒を飲んで記憶が飛んでしまうなど)、そして認知症を含む長期的な認知障害につながる可能性がある

■以上のような恐ろしさによりWHO(世界保健機構)は対策を求めている

1 2