すげーーっ!!あのSiriが「超できる子」に成長してた

iPhoneユーザーの遊び道具にされ、時には都市伝説のネタにされてきた「Siri」。実はiOS12へのアップデートでとても便利に成長していることをご存知でしょうか!「和英翻訳」ができたり、便利な「ショートカット」機能が搭載されたりとより実用的になっているようです。

更新日: 2018年09月30日

91 お気に入り 68131 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「Siri」が、iOS12で大成長してた!

Siriに、iOS 12が公開されたタイミングで日本語から英語への翻訳機能が追加されています

日本の地名にもちゃんと対応!

さらに日本語のことわざは、その意味に相当する英語圏のことわざで訳してくれる。

再生ボタンをタップすれば読み上げることができますから、翻訳機代わりに活用することも可能

iOSの英語読み上げ機能は安心のクオリティ。

道案内をする際や、海外旅行に行った際など、Siriに通訳を頼むことはできそうです!ちょっとした単語を英訳したいときにも便利

Siriで翻訳出来るのを初めて知った。私は道を聞かれやすいモブキャラなのでこれで道案内が捗る

他にも「ショートカット機能」が登場

例えば「これからの雨は?」と聞くと「アメミル」という天気アプリの雨雲レーダーを起動してくれたり…

「Amemil」はロック中でも雨雲レーダーを表示してくれる。卓上で充電してるとき、完全にハンズフリーで表示できる

「帰りの電車を教えて」と聞くと、決まった目的地までの乗換案内を表示してくれたり…

「帰宅したい」と話しかけると、自宅への経路をマップアプリから教えてくれるようにも!

(他にも…)「Hey Siri、帰るよ」と言うと、自動的に家族に「これから帰ります」とメッセージが送られる

設定の仕方はとても簡単

すると、Siriとの接続が可能なアプリ一覧が。
追加したい機能のプラスボタンを押すと…

特定のアプリの特定の操作について音声ショートカットを設定し、Siriで呼び出せるように

これ以降「これからの雨は?」とSiriに聞けば「アメミル」アプリが起動するように。

Siriのショートカットを、初めて使ってみた。便利かも。

乗換案内系アプリとSiriショートカットの組み合わせはなかなか使えそうな気がする。

ちなみにApp Storeの「App」内には、Siriショートカットを活用できるアプリがまとめられてるのでぜひ。

【ちなみに…】喋るのが恥ずかしい

実は音声以外でもSiriを使うことができるらしい…知らなかった。

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「Siri」へ。

文字入力可設定に変更したので思う存分Siriに絡んでいる

1