1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

■朝はなにかと忙しくパッと目覚めたいですよね

ただ、やっとの思いで布団から出ても体が思うように動かない……という人も多いのでは?

■そこで、朝目覚めた時に行って欲しい4つの行動を紹介

朝の目覚めが悪いと、体調不良を感じたまま1日を過ごすことになります。寝起きにはこだわってほしいと思います。

■水を飲む

人間は、睡眠中に体内の水分を多く失うことになります。いわば、起きた時の体は「カラカラの状態」なのです。

コップ一杯の水を体中にたまった老廃物を流すイメージでぐいっと飲んでめざめさせましょう。

内臓が活発になるため、身体の中から目覚めを促してくれます。朝起きてから水を汲みにいくのが面倒な方は、就寝前にベッドサイドに置いておくといいでしょう。

■日光を浴びる

目覚めが悪い人は、朝日を浴びることが効果的です。光の強さの単位である「ルクス」でいうと、2,500ルクス以上の光を浴びることで目覚めがスッキリします。

光には眠りを促すホルモンである「メラトニン」の分泌を抑える効果があります。

朝起きてカーテンを開けるのも有効ですし、カーテンを開けたまま眠り自然と陽の光が入るようにしておくのも良いでしょう。

■ストレッチをする

目覚めを良くし、活動的に過ごすという視点で考えたとき、運動は逆効果になることもあります。

非常に効果的です。ストレッチは、固まった体を伸ばす行為になります。体を伸ばすことによって血流が増え、当然、脳への血流も多くなります。

朝は体温も低くなっているので、ストレッチをしてしっかりと体温を上げることができるのも嬉しいポイントです。

■部屋を明るくする

まず、朝の目覚めをよくするためには、しっかりと部屋を明るくすることが重要です。

寝ている時に光が当たると、その刺激で深かった睡眠が徐々に浅くなりパッと目が覚めやすい状態になります。

睡眠障害やうつ病を治療する「光療法」というのもあるぐらいなので、光の刺激がもたらす効果を侮ってはいけません。

■どれも簡単なことですが、毎日続けて習慣化すると目覚めがよくなるはずです

1 2