1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

吉沢亮×新木優子『あのコの、トリコ。』も!今週末公開の「おすすめ映画」

2018年第1週末公開の「おすすめ映画」5作品。アクションサスペンス『イコライザー2』、吉沢亮×新木優子『あのコの、トリコ。』、ラブストーリー『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』、大杉漣『教誨師』、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』。

更新日: 2018年10月10日

8 お気に入り 16024 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『イコライザー2』(10月5日公開)

オスカー俳優のデンゼル・ワシントンが、「トレーニング デイ」のアントワン・フークア監督とタッグを組んだアクションサスペンス「イコライザー」の続編。

タクシードライバーとして働く元CIAエージェントのマッコール。ある日、親友で唯一の理解者である元上官スーザンが殺害され、怒りに震えるマッコールは極秘捜査を開始する。

前作に続きフークア監督がメガホンを取り、メリッサ・レオとビル・プルマン、ドラマシリーズ「ナルコス」などのペドロ・パスカルらが共演。

【試写】『#イコライザー2』相手の力を吸収し、まるで掃除でもするかのように無表情に敵を倒す佇まい、怒りを通り越した冷酷無比な目の表情はデンゼルにしかできない。先日、未公開のオスカー候補作「ローマンという名の男」(太めのオタク弁護士)を観たばかりだったので、その役幅の広さに脱帽だ。 pic.twitter.com/5HzQHXpEYl

『イコライザー2』試写。アントワーン・フークア監督のアクション映画には本当にシビレる。今回もデンゼル・ワシントンのキレキレの19秒アクションに惚れぼれ。前回は描かれなかった主人公の過去が鍵になっていて興味深い。そして、情に厚い描写も大好き。

◆『あのコの、トリコ。』(10月5日公開)

『ママレード・ボーイ』の吉沢亮、『劇場版 コード・ブルー…』の新木優子、『覆面系ノイズ』の杉野遥亮が幼なじみに扮する青春ラブストーリー。

白石ユキの同名漫画を基に、幼い頃に役者になることを誓い合った幼なじみ3人が、芸能界を舞台に恋や夢を追いかける姿を描く。

テレビドラマ「最高の離婚」などの演出を手掛けた宮脇亮が監督を務める。

『あのコの、トリコ』試写。吉沢亮が魅力を封印して冴えないメガネ男子を演じる。好きな子のステップアップを助けることで自分も俳優として覚醒する。ずっと猫背な感じでボソボソ喋っていたが、ラストに背筋を伸ばし、くっきりと話した途端、いつものカッコいい吉沢亮に。男女問わず参考になるかも。 pic.twitter.com/9RJTK7bkwp

少し前に、映画『あのコの、トリコ。』試写。俳優・女優を目指す幼馴染3人という設定かつ芸能界を描いたお話で、少女漫画的な展開もありましたが、さすが吉沢亮✕新木優子✕杉野遥亮!という感じで、揺れ動いてる感じは見応えがあり、とにかく美しかったです。映像の感じも瑞々しくてキラキラしてた!

◆『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』(10月6日公開)

17世紀の 「チューリップバブル」を背景に、豪商の若き妻と無名の青年画家の許されざる愛の行方を、「リリーのすべて」のアリシア・ビカンダーと「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」のデイン・デハーン共演で描いたラブストーリー。

『恋におちたシェイクスピア』などのトム・ストッパードと『プライドと偏見』などのデボラ・モガーが脚本を担当。

『ブーリン家の姉妹』『マンデラ 自由への長い道』などのジャスティン・チャドウィックが監督を務めた。

こんばんは〜!『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘められた愛』の試写会に行ってきました。ひげデハーンの大人な色気に魅せられてきました…!フェルメールの絵画に影響を受けた原作を映画化したので、まさに絵画の世界に飛び込んだような美しさに溢れた作品でした。 pic.twitter.com/3nUlqEg4X7

『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』試写。チューリップ・バブルに湧いた17世紀オランダを舞台にした恋愛ドラマ。面白い!行き違いや勘違いから運命が左右されるシェイクスピア的でスリリングな展開。フェルメールの絵画にインスパイアされた世界観が美しく、贅沢な気分を堪能できる一作。

◆『教誨師』(10月6日公開)

2018年2月に急逝した俳優・大杉漣の最後の主演作にして初プロデュース作で、6人の死刑囚と対話する教誨師の男を主人公に描いた人間ドラマ。

1 2