1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

この記事は私がまとめました

■職場での人間関係は大事

中でも仕事をスムーズに進めるためには上司と良好な関係が重要になってきます。

上司に嫌われていると、出世が遅れたり、左遷されたり、嫌な仕事を押し付けられたりしそうで、なんだかちょっと気がかりになるでしょう。

■ではどういった人が上司に好かれやすいのでしょうか?

自分ではちゃんとやっているつもりなのに上司とうまくできない。仕事もちゃんとしているのにどうしてだろう。そんなこと考えた事ありませんか?

全てを網羅するのは難しいことですが、どういう部下が好かれるのかを知っておけばきっと役に立つはずです。

■とにかく素直な性格

どんなに細かな指摘でも素直に聞き入れ、次から間違えないようにする謙虚さが重要でしょう。

たとえ、その話が自分の知っていることや腑に落ちないことだとしても、まずは素直に聞くことが大切です。

上司の意見をないがしろにしない部下は好感度が上がること間違いありません。

■基本的な気遣いができる

職務中のあらゆるシーンで、基本的な気遣いができる部下は、おおよそ上司の評価も高いですし、好かれると思います。

実は、職場においては仕事が出来る出来ないよりも、気遣い・気配りという感覚的要素の方が上司の評価に良い影響を与え易いです。

部下の好意を感じた上司は、自然と部下へも好意が芽生えるのです。上司といい関係を築くには、行動して結果を見せるのが一番です。

■報連相がきちんとできる

部下の仕事の結果は上司の責任。そう考えると仕事の進捗をきちんと「報・連・相」できる部下は安心して仕事を任せてもらえそう。

聞かれてないから報告しないのではなく、いつでもどんなことでも仕事に関することは、情報共有しましょう。

また、告ほど早くするべきです。迅速な報告により、上司自身の対応がしやすくなってきます。

■清潔感がある

清潔感の漂う人ってそれだけでイメージが向上しますよね。男性で清潔感のある女性を嫌がる人はまずいません。

いい服を着たり髪型をバッチリ決める必要はありません。不潔な感じがしなければそれで充分です。

職場で清潔感の感じられる男性は、好かれる要素の大きい部分を占めています。

1 2