1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

話題の「肉ダイエット」って何?

皆さんはダイエットというと、野菜中心やこんにゃく、大豆といった植物性食品中心の食事をイメージしがちではありませんか?

しかし、偏った食生活だと長続きしませんし、我慢することでストレスも溜まりがちです。痩せた後、反動でつい好きな物を食べすぎてしまい、すぐにリバウンドしてしまった、苦い経験のある人もいるのでは?痩せたいけど好きな物は食べたい、という女性にうってつけなのが、最近注目されている「肉ダイエット」。

「肉ダイエット」は、筋肉の元になるタンパク質を摂ることで、代謝アップ→痩せやすい体を作る!というダイエット法。

ポイントは、炭水化物を排除して肉をしっかり食べれば、カロリーはいくら摂ってもOKなんです。
炭水化物を抜くダイエットは流行っていますが、お肉を食べていい、という「肉ダイエット」は気持ち的に取り組みやすいですね。「低糖質ダイエット」の一種ですが、肉の摂取によりタンパク質の重要性を強調する面が強い食事方法です。
炭水化物を抜く必要はありますが、その代わりに食べ応えがあり腹持ちのするお肉が食べられることで、あまりストレスを感じずに続けやすいのです。

また、肉ダイエットは複数のテレビ番組に取り上げられ、話題となっています。

肉ダイエットが紹介されたテレビ番組:
「スクール革命」
「ダイエット総選挙2017」

「所さんの目がテン!」
「超問クイズ!真実か?ウソか?」など

肉ダイエットを考案したのは健康予防管理栄養士!

肉ダイエットを考案したのは、肉ダイエットインストラクター・健康予防管理専門士の長谷川香枝さん。長谷川香枝さんは、学生時代に20キロ太ってしまいました(159センチ・60キロ)。

そこから毎日肉食にしたことで、半年で15キロのダイエットに成功。また、体重だけでなく、心身ともに健康になったそうです。

このことをきっかけに、「Kae式肉ダイエットプログラム」を開発。著書には、『最強「肉食」ダイエット “私史上一番”な愛されボディになれる』『デキる男の超・肉食習慣』があります。

︎肉ダイエットで痩せる秘密!

お肉を食べてダイエット効果が得られると言われているのには、お肉に含まれるL-カルニチンという成分が関係しています。

L-カルニチンは、脂肪を燃焼してエネルギーを作る働きがあると言われており、最近はダイエットのためのサプリメントにも含まれているもの。そのため、お肉を食べることでL-カルニチンを摂取することができ、脂肪の燃焼効果が期待できると言われています。

肉を食べることで代謝が上がりやすくなる理由は2つあります。1つめは食事による代謝が上がるということです。代謝というと基礎代謝をイメージされる方も多いと思いますが、基礎代謝だけでなく、運動による代謝と食事による代謝が上がることもダイエットのためになります。

そして、食べ物の中で一番食事によるエネルギーを使うのがタンパク質です。タンパク質は消化をするのにすごく時間がかかるため、その分使うエネルギー量が増えます。これがダイエットに良いという話もあるのです!
2つ目は筋肉をつくるもとになるため、筋肉量を増やすサポートをしてくれるということです。筋肉量が増えると基礎代謝と運動による代謝が上がりやすくなるため、痩せやすい体質を作れるのです。
もちろんこのためには運動も必要になるので、このダイエットの効率を上げるために、筋トレや有酸素運動も取り入れるようにしましょう。

︎肉ダイエットするにはどんな肉がいいの?

肉ダイエットは、何の肉を食べるかによっても、効果がずいぶん違うのだとか。
脂肪を燃焼させる「L-カルニチン」の含有率が高い順に並べると、以下のようになります。

マトン
ラム
牛肉
豚肉
鶏肉
何と、羊肉が一番脂肪を燃焼しやすいのですね!ただ、羊肉は臭いが強く、日常的に使うことが少ない肉なので、普段の献立なら牛肉か豚肉の赤身が取り入れやすそうです。

さらに、部位によってもダイエットの適性に差があるのだとか。
肉ダイエットには、脂肪の少ない以下のような部位を食べるのがおすすめです。

牛ロース
牛モモ
豚ヒレ
豚モモ
鶏ササミ
鶏胸肉
牛や豚は赤身の多い部位、鶏肉は脂肪の少ないたんぱくな味の部位が適しています。鶏肉はカロリーが低いイメージがありますが、皮の部分は意外に脂質が多いので注意しましょう。

さらに脂肪分を多く摂取することで体臭もきつくなってしまいますので、脂肪が多いかどうかでデメリットの部分の大きさがかなり変わります。

よりデメリットを少なくそして痩せる可能性を高めるためにも、ヒレ肉やささみなど脂肪分が少ない種類を食べるようにしてください。

︎おいしくて簡単!肉ダイエットのやり方とコツ

肉の量は、1日あたり200gくらいが目安です。それ以上食べても良いと言われていますが、食べ過ぎたら太る可能性があります。

だいたい手のひらくらいの大きさが、肉の量の目安となります。
必ず1食で食べるのではなく、1日の中で分けて食べてもOKです。

肉ダイエットのやり方で大切なのは、野菜を多めに食べるということです。海藻類やキノコ類もオススメ。

肉と一緒に野菜を食べることで、脂肪の吸収をおさえる効果があります。また、肉と野菜を一緒に食べると栄養バランスが良くなるため、必要な栄養が摂れて、瘦せやすい体質になるのです。肉だけを食べると、血流が悪くなり、高血圧や心臓病のリスクもありますので、くれぐれもバランスよく食べるようにしてください。

空っぽの胃腸にいきなり肉を入れると、消化が悪くなるおそれがあります。事前に蒸し野菜などを摂るのがおすすめです。

野菜を最初に食べることで、食物繊維が消化されて血糖値が上がりにくくなり、脂肪の吸収も抑えられるため太りにくくなります。野菜の後に肉を食べ、もしご飯やパンを食べるのなら、その後にするとよいでしょう。

赤身の肉も調理法によっては、食べると太ってしまいます。揚げ物など油を使った調理法は避けた方が得策。

フライ類などは特にパン粉や小麦粉といった糖質の高い食材を使っているので注意しましょう。
おすすめは、シンプルに
焼く
煮る
蒸す
ゆでる
など、油が落ちる調理法です。
焼く場合は油を使わず、グリルやオーブンで調理し、茹で汁や煮汁を使う場合は、油やあくをしっかり取り除くようにしましょう。

1 2