1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

豊島二冠誕生!藤井聡太を迎え撃つ超個性的なタイトルホルダーたち

王位戦7番勝負を見事勝利し、豊島将之棋聖が王位を奪取。羽生善治竜王、佐藤天彦名人をはじめ、現在の7人のタイトルホルダーを紹介します。

更新日: 2018年09月28日

7 お気に入り 32982 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

将棋のタイトルホルダーについてまとめました。

tarotaronzさん

◎豊島棋聖が王位を奪取、棋聖と合わせて二冠に

将棋の王位戦七番勝負第7局が9月26、27日行われ、豊島将之棋聖(28)が菅井竜也王位(26)を127手で下し、七番勝負を4勝3敗とし、王位のタイトルを獲得。

ことし7月に「棋聖」のタイトルを獲得したばかりの豊島さんが、早くも「二冠」。

将棋界は7月から八大タイトルを8棋士で分け合う状況になっていた。豊島二冠は7月に棋聖、9月に王位を獲得し、「群雄割拠」の時代を一歩リードする存在に。

あ、豊島さん勝ってる 2冠かー豊島ファンおめでとう

きゅん2冠かぁ 菅井も持ち味出してくれた しかし先手ゲーだったなこのシリーズ

豊島将之が王位戦を勝ってタイトル2冠目。今日は祝勝会やな( ^^)/

◎現在の8大タイトルホルダー

竜王、名人、叡王、王位、王座、棋王、王将、棋聖

昨年、叡王戦がタイトル戦に加わり、七大タイトルから八大タイトルとなった将棋界。

①竜王 羽生善治

羽生竜王は1970年9月27日生まれの48才、1982年にプロの養成期間である奨励会入りし、1985年に15才・中学3年生で四段に昇段しプロ棋士に。

第30期竜王戦では16年振りに竜王位に復位し、永世竜王を獲得するとともに史上初の永世七冠となった。

②名人 佐藤天彦

2018年6月20日。あの永世7冠・羽生善治の挑戦を退け、佐藤天彦が名人位を防衛した。これで3期連続の名人。羽生は47歳、天彦は30歳。一回り以上違う二人。

棋士仲間の間でのあだ名は「貴族」。NHK将棋講座テキストで連載していたエッセイも、あだ名にちなみ「『貴族』天彦がゆく」という題名に。

③叡王 高見泰地

神奈川県横浜市出身で、立教大学文学部史学科卒業。

横浜生まれであることからプロ野球は横浜DeNAベイスターズファン。三浦大輔のユニフォームを着て試合観戦に行くところで呼び出しを受け、AbemaTVの中継にユニフォーム姿で出演したことがある。

④⑤王位・棋聖 豊島将之

1 2