1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ももクロ・百田から欅坂46の長濱ねるまで!「地域発ドラマ」が面白い

NHKの地方局がその地域の魅力を描く「地域発ドラマ」。意外!?に高レベルで、後に朝ドラや連ドラ主演を果たすような有望若手俳優を積極的に起用。今後も百田夏菜子(ももいろクローバーZ)主演の『プラスティック・スマイル』や、長濱ねるが出演する『かんざらしに恋して』などが放送される。

更新日: 2018年11月05日

9 お気に入り 33030 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆NHKの地域局が制作している「地域発ドラマ」

『六本松愛し方改革』(2018)

NHK福岡放送局制作。主演は朝ドラ『半分、青い。』出演中の奈緒(右)。

各地のNHKが、地域密着の取材を通じて発掘したテーマで、それぞれの地域ならではの魅力を描く≪地域発ドラマ≫。

NHKでは1977年から2006年まであった、夜間帯の「銀河テレビ小説」のなかで、地方局制作のドラマがあった。その「地域発ドラマ」が復活を遂げつつある。

地域放送局のドラマ制作が盛んになったのは2000年代からで、2012年度に、BSプレミアムのプレミアムドラマ枠で新たに「地域枠」が設けられることになった。

◆ドラマ賞を受賞するなど意外!?に高レベル

『朗読屋』(2017)

NHK広島放送局の「火の魚」は、芸術祭大賞とモンテカルロ国際テレビ祭のグランプリに相当する賞を獲得している。

2009年

NHK山口発地域ドラマ『朗読屋』は東京ドラマアウォード2017でローカル・ドラマ賞受賞。

◆後の朝ドラ・連ドラ主役になる有望若手俳優を主演・脇役で起用

『舞え!KAGURA姫』(2016)

葵わかな(中央右)と中村ゆりか(中央左)。中村も民放連ドラ主演済み。

広島発地域ドラマ「舞え!KAGURA姫」(NHK BSプレミアム)のヒロイン・咲子に抜てきされた葵わかな。

2016年放送→2017年朝ドラ『わろてんか』ヒロイン

原爆投下3日後に広島市内を走った路面電車。運行再開に奔走した人々を描くテレビドラマ「一番電車が走った」をNHK広島放送局が制作。阿部寛と黒島結菜が主演。

2015年放送→2017年NHK連ドラ『アシガール』主演

栃木発地域ドラマ「ライド ライド ライド」。地域活性化のために結成されたプロ自転車ロードレース・チームの経営建て直しを迫られた青年の物語で、主演は瀬戸康史。

2014年放送→2017年NHK連ドラ『幕末グルメ ブシメシ!』主演

◆評判のいい作品は地上波(NHK総合)でも放送される

『ワンダーウォール』(2018)

脚本家・渡辺あやが久しぶりに書いたオリジナルドラマ『ワンダーウォール』が7月、BS プレミアムで放送されて以降、じわじわと話題になり、9月17日(月)には総合テレビでの放送が決まった。

2018年

荻上直子が脚本参加し、市川実日子が出演いたしましたNHK 「山口発地域ドラマ 朗読屋」の地上波放送が決定。

2017年

NHK宮崎放送局制作の宮崎発地域ドラマ”宮崎のふたり”が、2016年10月に放映後、視聴者の皆様からの大きな反響を受けまして、今回、総合テレビでの地上波初放送。

◆今後放送予定の注目「地域発ドラマ」

▼『いよっ!弁慶』(10月31日放送)

2017年『レ・ミゼラブル』ガブローシュの大西統眞くんが主役の智樹に! 智樹の祖父は鹿賀丈史さん。 子供歌舞伎をめぐる心温まるコメディー!  石川発地域ドラマ「いよっ!弁慶」 10/31日(水)後9:00 BSプレミアム www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/ori… pic.twitter.com/hS8rjxLIrF

同作は石川・小松市を舞台に、江戸時代から250年以上続く“子供歌舞伎”を巡って起こるハプニングを描くコメディー。

歌舞伎ファンの小学生の主人公・賀川智樹役は大西統眞、智樹の母親・仁美を西田尚美、かつて仁美と付き合っていた男・勇一を戸次重幸が演じる。さらに篠井英介、鹿賀丈史ら石川県出身の俳優が出演。

▼『プラスティック・スマイル』(11月21日放送)

NHK静岡放送局が初めて制作する地域発ドラマ「プラスティック・スマイル」は、静岡市を舞台に、プラモデルメーカーに勤務する百田夏菜子(ももいろクローバーZ)扮する主人公・林田紬を描く物語。

1 2