1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
45 お気に入り 91722 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼大型で非常に強い勢力となっている台風24号

21日午後9時ごろ、マリアナ諸島近海で熱帯低気圧が台風24号(チャーミー)に変わった。

台風24号の中心付近の最大風速は47メートル(時速169キロ)で、強風の半径は390キロとなっている。中心気圧は920ヘクトパスカル。

▼台風24号は日本を縦断

最新の進路図では、週明けの予報円が九州や四国、本州にかかっており、接近・上陸の恐れが出てきています。

また台風24号日本列島直撃⚡当初はフィリピンの方向で来ないだろと思ってたけど、日本へ進路変更(。>д<)9月に大きな台風②ついい加減日本来ないで欲しい。明日午前中に台風上陸に、万全に備えないと…

台風24号の進路、予報円の真ん中辺り通ると、 沖縄〜北海道まで、まさに日本縦断…日本滅ぼす気か(苦笑)

▼台風はぜ日本に向かってくるのでしょうか?

沖縄に上陸し、そこから大阪、さらには東京を含む関東へと…まるで台風が、日本を狙ってきているのでは、と思うくらいの進み方をする。

毎回、台風の最新情報が出る度に「えっ!」と仰天する方も多いのではないでしょうか?

何で台風ってそんなに日本に来たがるの。見るもんそんなにないよ。

▼まず台風の発生する仕組みを知ろう

発生する場所は、熱帯地方(赤道より少し上)で多く発生します。フィリピン海からグアム、サイパン辺りです。

熱帯地方の海では、海水温度が高く湿った熱い空気がたちあがります。どんどん蒸発して水蒸気になり、周りの空気と一緒に空へ上がります。

上昇気流が生じると、気圧が下がります。空気が上に昇って、地面や海面を押す力が弱くなるからです。この状態を低気圧と言います。

大きくなり、うずを巻いた積乱雲の塊(熱帯低気圧)の中心付近で、風の強さが秒速17.2メートル以上になると、熱帯低気圧が台風に変わります。

▼出来上がった台風は実は

日本にやってくる台風を操っているのは、風と高気圧なのです

1 2