1. まとめトップ

【ワンピースネタバレ】狂死郎の正体がヤバすぎる!【ONE PIECE伏線考察】

919話に出た「居眠り狂死郎」の正体をまとめました。

更新日: 2019年02月24日

2 お気に入り 319034 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ワノ国は秘密が多い

baseraさん

狂死郎は

狂死郎一家の親分で
町の治安を守っている

基本的にオロチ側の人間で、光月家・一味と敵対している

クイーンを呼び捨てにしてるので、相当な実力が伺える

▼狂死郎の歴史
・20年前は、花のヒョウごろうが親分だった

・ヒョウごろう達は、弱い者を助けていた

・光月家が滅んだ後、狂死郎が親分になる

実は

ワノ国は身分制なので
人々が差別されている

しかし狂死郎は「人は花」と言ってるので、それほど差別していない

もしかすると、光月家の味方かもしれない

味方だと思われる理由
・小紫を匿うため、遊郭に入れた

・きんえもんと内通している

・932話でござると言った【侍の可能性大】

・実は赤鞘9人男の一員だった

狂四郎は錦えもんとお鶴の息子かもしれんな

ワノ国での助っ人
狂四郎実はトキ従者説 小紫守ってた
過去からトキと共にタイムワープしてきた

狂死郎は赤鞘九人男が現れたら一太刀に斬ってやるといい
赤鞘九人男の規格外の強さを知っているオロチが狂死郎の発言に頼もしいと頼りにしているということは
狂死郎はやっぱり最低でも災害以上クイーンに命令するくらいだし当然かな

そもそも

黒炭家の人間で
両替商をやっている

919話で
おでん様の奥方が残した言葉を語った

場面はある料亭。

"居眠り狂死郎"という両替屋が酒を飲んでいる。

オロチは小心者など悪態をついている。

それだけじゃなく20年前のおでん城での出来事を知っておりそれについても語っている。

出典919話ネタバレ "おでん城跡"

名前にインパクトがありますが、さらに特徴的なのがリーゼントの髪型とつり目

顔だけ見るとブリーチの市丸ギンを思い出します。(少し違うかな?)

黒炭家御用達って事は一応カイドウサイドっぽいですね。

出典ワンピース死ぬ前に知っておきたいランキング

居眠り狂死郎デザインイイネ。 侍っぽいの出てきたな。あと黒炭って異名じゃなくて苗字だったのか。

#ワンピース 第919話 その ➂ 都の料亭で酒を飲む一人の両替屋がいた 名前は居眠り狂死郎 狂死郎はオロチは小心者でござると悪態をつく 今から20年前、燃えるおでん城にておでんの奥方はこう言った #サウスト

狂死郎は

ワノ国は幕末をイメージしている
当時の将軍家には新選組がいたので

狂死郎が新選組という可能性もあり得る

狂死郎は普段、両替屋をやっており
裏では新選組をやってそうだ

あの見た目で新選組というのも
カッコイイですねw

狂死郎はかなり

ヤバそうな感じがするので
強敵になるかもしれない

しかも刀を持ってるので
侍だと分かる

現在、浦島・ホールデムが瞬殺されており
ルフィの快進撃が続いてる

このままだと
黒炭家が終わりそうなので

狂死郎を強くしてほしい!

じゃないと黒炭家はザコの集まりになってしまう!

狂四郎のモチーフは

リーゼントが一致してますw

このリーゼント氣志團のボーカルがモデルだったりして・・・・・

両替屋ってどんな仕事?

ワノ国の通貨は
両なので、ベリーとは違います。

おそらく狂死郎は
鎖国しておきながら

海外と取引してる
かもしれません

ちなみに江戸幕府も
自分達だけ貿易していました。

なので黒炭家そのものが
海外とやり取りしてそうです。

江戸時代は、モノによって代金を「金貨で払うもの」、「銀貨で払うもの」、「銅貨で払うもの」に分かれていました。

また、高額な取引の場合、関東エリアでは「金」を、関西エリアでは「銀」を使う独特の風習("関東の金遣い、関西の銀遣い")もありました。

さらに、金・銀・銅ではそれぞれ単位も呼び名も違っていましたし、いくらの金貨といくらの銀貨を交換するのかという相場も頻繁に変わっていたので、買い物のときは計算が大変でした。

そこで発達したのが「両替商(りょうがえしょう)」でした。

両替商とは文字通り、金・銀・銅の交換を専門とする商人ですが、経済活動が活発化するにしたがって巨大な富を得るようになり、単なる両替だけではなく、人々からお金を預かったり、貸し付けたり、遠く離れた土地へ送金をしたりするなど、今の銀行のような役割を果たしていました。

特に有名な両替商には鴻池(こうのいけ)、三井、住友があります。このうち三井・住友はそれぞれ現在の大手銀行グループへと発展していくことになります。

出典大判・小判から一文銭まで…… 江戸時代のお金のしくみは?

1 2