1. まとめトップ
  2. おもしろ

うわっ…『ついうっかり言ってしまった…(汗)』ってなる話が笑える!

日常生活の中で、ついうっかり言ってしまった"失言"や"言い間違い"にまつわる笑えるエピソードを紹介します。

更新日: 2018年09月28日

87 お気に入り 227472 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Twitterユーザーの皆さんが報告した、"うっかり言ってしまった言葉"にまつわるジワジワエピソードをまとめました。

justastarterさん

◆『後輩』を励まそうとして…

仕事のトラブルに凹む後輩を「やまない雨はない」とかっこよく励まそうと思ったら、勢いあまって「やまない雨はやまない」とごく当たり前のことを言ってしまった。

◆『上司』に対して

「手伝います」か「手分けしてやりましょうか」で声かけしようと思ってたら。。

上司が会議の資料を一人で作っていたので「手伝います」か「手分けしてやりましょうか」で声かけしようと思ってたら、口から「お手伝いしてやりましょうか」ってセリフが出ちゃって(そんな間違いある!?)って一人でウケて笑ったんだけど周り誰も笑ってなかったからダメかもしれない。

@Aki8ma_3 会社のエアコンが臭くて、先輩に「今日臭くないですか?」って主語を忘れて完全にケンカ売った感じになってしまったので、秋山さんのツイートで少し救われました。

@Aki8ma_3 女性だけにお菓子を配っていた後輩が、支店長と目が合って「あげないつもりだったけど、余ったからあげます。」って心の声がダダ漏れで口から出ちゃったのといい勝負。

◆『てんとう虫』を潰した子どもに対して

てんとう虫を潰した子どもが「てんとうむしなんかいくらでもいる」と言うので、命を大切に思う気持ちと自分がされて嫌なことをしないでほしいことを伝えたかったんだけど、頭がまわらないんで「子どももいくらでもいるけど潰していい?」ってめちゃくちゃサイコパスなこと言ってしまった

@kgwum え、逆にそう言う以外どう言えばいいんですか?

@R8eru 「てんとう虫がおばけになってでてくるよ」「てんとう虫のお母さんが泣いてるよ」「てんとう虫つらかったよ」子ども、ぴんときてなかった。

◆『保育園の先生』に対して

保育園の先生「もしかして娘ちゃんオバケ苦手ですか?今まで何も怖がったことがなかったのに、私がオバケのふりをしたら泣いてしまって…」 言葉を選ぶことに失敗した私「オバケはむしろ好きなんですけど、その、気が狂った大人…じゃなくて、えっと、やばい人間が怖いみたいで…」

◆『友達』に対して その①

友達が「握力を鍛えて片手でリンゴを潰してみたい!」と言っていたので、「その力は愛する者を守るために使いなさい…」と老師みたいなことを言ってしまった

◆『友達』に対して その②

昔飲み会で、彼氏ができないと嘆いてた女友達が「私、ブスだし…」とか言い出したので、それ程ブスでもないし、ちょっと好きだったので、真面目にフォローしようとして「人間は顔じゃねーよ!」と言うつもりが、ついうっかり「人間の顔じゃねーよ!」と言ってしまい、周りが大爆笑した。

◆『合コン』で知り合った女性に対して

毎朝7時、合コンで会った女から後輩に写メが送られてきており、本日「このグラスどう?」とグラスを持った写メが送られてきたが、寝ぼけていた為「このブスどう?」と読み違え「そんなブスじゃないよ」と返してしまい、修羅場だそうである。つまらん用事でメールを送るとトラブルが起きる良い例である

◆『職場の美人の先輩』に対して

1 2 3