1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

『カツベン!』で映画初主演!「成田凌」の映画ラッシュが止まらない

『逃げるは恥だが役に立つ』ブレイク以降、立て続けにドラマ出演してきた成田凌。2018年は映画ラッシュで興収90億円突破の『コード・ブルー』はじめ、6本の映画に出演。2019年もすでに3本の作品が決まっていたが、新たに周防正行監督『カツベン!』で映画初主演が決定。

更新日: 2018年12月03日

4 お気に入り 8531 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『逃げ恥』ブレイク以降、快進撃を続けてきた成田

『コード・ブルー 特別編 -もう一つの戦場-』(2018)

灰谷 役:成田凌

1993年11月22日生まれ、現在24歳の成田さん。「MEN'S NON-NO」の専属モデルとして2013年より活動をスタート。俳優デビューは高梨臨とW主演した「FLASHBACK」(2014年)。

大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で俳優としてブレイクし、人気知名度ともに急上昇。

4クール続けての連ドラ出演となった「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~3rd season」では、それまでのキラキラとしたモテキャラから一転、自分に自信が持てない気弱な救命救急フェロー・灰谷俊平役を演じて絶賛された。

◆2018年は6本の映画に出演 多彩な役柄を演じるカメレオン俳優

『ニワトリ★スター』(2018)

楽人 役:成田凌

昨年は『コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命―THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)など連続テレビドラマ3本に出演し、今年公開の映画6本に出演。

井浦新と共演した映画『ニワトリ★スター』で、“ニワトリ”のような赤髪のモヒカン頭で全身タトゥーのうだつの上がらない青年というかつてない役柄に挑戦。

映画からドラマまで多彩な作品で幅広い役どころを演じ分け、次期“カメレオン俳優”として頭角を現す。

◆2019年もすでに3本の映画が決まっていた

◆そんな成田が周防監督の新作でついに映画初主演

成田凌が、『Shall we ダンス?』などで知られる周防正行監督の新作『カツベン!(仮)』で映画初主演を務める。

本作は、今からおよそ100年前を舞台に、活動弁士を夢見る青年(成田)が、とある小さな町の映画館に流れついたことからすべてが始まるノンストップエンターテインメント。

超満員の映画館、隣町のライバル映画館、再会を果たした初恋相手、大金を狙う泥棒、ニセ活動弁士を追う警察までもを巻き込み、やがて事態は誰もが予想もしなかった展開へ…。

◆主演クラスの豪華共演陣に周防作品でお馴染みの竹中らも

永瀬正敏、高良健吾、井上真央、音尾琢真、竹野内豊と超実力派俳優が脇を固める。

さらに竹中直人、渡辺えり、小日向文世をはじめとする周防作品おなじみのキャストも登場する。

◆無声映画時代に活躍した弁士 “活弁”シーンに向けて成田は特訓

日本映画の無声映画時代には“活動弁士”という存在がいて、映画を解説しながら上映していた時代があり、これは世界でも日本独自の文化でした。

役づくりのために実際に活躍している活動弁士から指導も受けているといい、「練習をしてから2ヶ月半程度経つのですが、堂々と自信を持ってやればいい!というアドバイスをしていただきました」とコメント。

成田のコメント

1 2