1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

コード・ブルーが90億越え!今年は邦画の勢いが止まらない♡

山下智久主演映画の『コード・ブルー』が興行収入90億円を突破しました!今年は、『カメラを止めるな』や『劇場版コナン ゼロの執行人』など大ヒット映画が豊作です。

更新日: 2018年09月29日

13 お気に入り 22195 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tarotaronzさん

今映画なかなかここまでヒットは難しいよねー!凄い 山P❤ 『コード・ブルー』90億超え!実写邦画歴代6位に(シネマトゥデイ) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-…

@codeblue_movie @YahooNewsTopics すごいです❗️興行収入90億とか‼️あたしも2回見に行ったし。また、行こうかな?おめでとうございます

@codeblue_movie @YahooNewsTopics おめでとうございます!!! 歴代6位!!興行収入90億円!! ものすごく素晴らしい快挙だと思います!!コードブルー大好きです!!

コード・ブルーが興行収入90億円超え!歴代邦画6位に

山下智久が主演し、大ヒット中の映画『劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』(公開中)の興行収入が90億円を突破。

公開以前から様々なメディアである程度のヒットは予想されていた本作だが、映画公開後、その人気は加速。何より映画そのものの高いクオリティが評価され、予想を上回る大ヒット。

、『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』の173.5億円、『南極物語』の110億円、『踊る大捜査線 THE MOVIE』の101億円、『子猫物語』の98億円、『天と地と』の92億円に次ぐ、歴代実写邦画の興行収入6位に。

2008年にテレビドラマの第1作目が放送されて以降、高い人気を誇る「コード・ブルー」シリーズ。

2008年に放送されたドラマは3rdシーズンまで放送され、スペシャルドラマやスピンオフ作品が製作されるなど根強い人気を誇っている。

山下は「ファンの方もずっと応援してくださっていますし、ドラマを見たことない方々も足を運んでいただいているようなので、とてもうれしく思います」と感謝。

低予算映画『カメラを止めるな』が大ヒット!

6月23日(土)に都内わずか2館で公開が始まって以降、多くの観客に愛されている本作は、累計上映決定館数は323館(9月26日時点で上映中の劇場は212館)にのぼり、観客動員数は160万人を突破!

現時点でも公開時の館数の100倍を超える全国200スクリーン以上で公開されていて、興収25億円以上は確実。最終的には累計動員で200万人、さらには累計興収で30億円の大台を超える可能性も。

上田監督は「特別な宣伝はしなかった。舞台あいさつで『感想をツイッターなどで拡散してください』とお願いしただけ」と明かす。

もはや社会現象ともいえる『カメラを止めるな!』旋風は映画ファンのみならず、多くのニュースメディアに取り上げられたことで一般層にまで認知されることになった。

カメラを止めるな! 会う人全員にすすめてるんだけど誰もみてくれない。本当に元気でるから観に行って欲しい〜!内容とか調べずに。本当に面白いから〜〜!!!

元気もらいました!勇気もらいました!などの言葉が大嫌いでそんなもんは自分次第だ!そんな事を言う奴は信用できない!と思って生きてきました。しかしそんな事があるんだとはじめてわかってしまった。 映画カメラを止めるな!を観た。 俺は完全に元気、勇気、ヤル気をもらった! 最高の映画だ!

先々週くらいかなぁ、オザと「カメラを止めるな!」を観てきた。 あらためて良い作品というのはお金じゃなくて、発想と熟考だなぁと思う。 面白かったです。

「カメラを止めるな!」見てきたけどめっちゃ面白かった。

カメラを止めるな! たいへん良かった。クソB級パニックホラー想像してたら良い意味でうらぎられた。笑い有り、ちょっと良い話なオチあり、とてもほっこりできて良いエンタメだった。

1 2