1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

御岩神社

古代信仰が続く神秘的な雰囲気が漂う霊山。神仏を祀る唯一の社として、他に見られない信仰を持つ。正月時期には旧御本尊「大日如来」を御開帳する。

最近ではパワースポットとして人気があり、県外からも多くの観光客が訪れている。境内にある通称「御岩山の三本杉」は県指定天然記念物であり、「森の巨人たち100選」にも選ばれている。

続き② 御岩神社に行ったのは、本当にたまたま。 そして、雨降ってたし15時過ぎてたので山には登れなかった。 それは仕方ない。 なんの準備もなく行ったし、きっと神様が無理はするなって言ってたんだ。 でも御朱印は一つだけ頂いてこれた。 そして、抜かりなくスイーツも頂いてきたw pic.twitter.com/XvvB3VUQMJ

昨日今日と連日ラクーアに行ってました。 というのも、昨日は朝早起きして茨城県日立市にある、御岩神社へお参りに行っていたのです。とても厳かな空気に触れることができ、良い休日を過ごせました。その後のラクーアでの女湯のパラダイス具合がまた最高過ぎて癒されまくりました☆ pic.twitter.com/cjmd8AR9E8

続き① さすが日本最強のパワースポット。 御岩神社は凄かった! 三本杉は本当にずっと見てられるし、ずっとそこに居たいと思った。 雨が結構降ってたのに、それを全く感じさせない写真ばかり。 雨も降ってたし、樹々が生い茂った山の中なのに凄く明るい! そりゃ、188の神様がいるわけだよ! pic.twitter.com/foGTv2vCZG

このまえお父さんとお母さんとむくで御岩神社いってきた⛩ペット禁止だからお父さんとむくは鳥居の前で待っててもらってお母さんとのぼってきた頼んでたケースもむくの名前入りでちょーかわいい pic.twitter.com/l1O7aHTKNq

筑波山

美しい姿から富士山とも対比され、「西の富士、東の筑波」と並び称される。古くは万葉集にも詠まれた名山で、日本百名山、日本百景の一つに挙げられている。

百名山のなかでは最も標高が低く、開聞岳とともに1000m未満の山。男体山と女体山の二峰があり展望が良く、筑波山神社からケーブルカー8分乗車後、徒歩5分で男体山山頂、つつじヶ丘からロープウェイ6分乗車後、徒歩5分で女体山山頂にいける。

昨晩から今朝にかけて、筑波山から雲海を撮ってきました! 雲の海に関東平野が覆われて絶景でした☺️ #photography #筑波山 #雲海 pic.twitter.com/Hcxc8y8CTo

鹿島神宮

「息栖神社」「香取神社」と共に東国三神社に数えられる古社。皇紀元年の創建と伝えられる鹿島神宮は、ご祭神が武甕槌大神で、武の神様として古くから皇室や将軍家の崇敬を受けてきました。

日本三大楼門のひとつといわれる朱塗りの楼門や、極彩色豊かな本殿など、国の重要文化財指定の社殿や宝物が多く、なかでも国宝、「フツノミタマノツルギ」は全長が約3メートルもある直刀で、奈良・平安期の製作といわれています。

偕楽園

1842年、徳川斉昭公が「民と偕に楽しむ」という趣旨で開いた。当時の面積は14万8,000平方メートル、その大半を梅畑としたが、これは「種梅記の碑」にあるように、その実を梅干として非常の時に備えるのがねらいであった。

1873年、常磐神社の境内に一部を充てたので、現在の面積は11万平方メートル、東側が梅林、西が老杉木・竹林になっている。園内の梅は約3,000本、品種が豊富なことでも知られ、早春にはたくさんの観梅客で賑わう。

1 2