1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

吉野朔美から松苗あけみまで!名作揃い「ぶ~け」おすすめマンガ

惜しくも休刊した少女漫画雑誌「ぶ~け」。絵のクオリティがどれも高く、名作多数。『少年は荒野をめざす』(吉野朔実)『福家堂本舗』(遊知やよみ)『イティハーサ』(水樹和佳)『純情クレイジーフルーツ』(松苗あけみ)『船を建てる』(鈴木志保)『クローバー』(稚野鳥子)『星の時計のLiddell』(内田善美)

更新日: 2018年10月04日

43 お気に入り 23362 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『少年は荒野をめざす』(吉野朔実)

浅葱中・名物トリオの一人、狩野都。小説を書き、いつも不思議な雰囲気を漂わせる狩野は周囲から浮いてはいるものの、管埜と小林と3人で学校生活を楽しんでいた。しかし時は受験シーズン。否応なしに現実を突きつけられる日々の中、狩野は黄味島陸と出会う。

「少年は荒野をめざす」を久々読み返す。名作すぎる。はやく誰かとこれの話がしたい…

夜の散歩。金木犀が香るといつも秋が始ったと思う。吉野朔実『少年は荒野をめざす』の「金木犀は夜 闇に光る」は名作だったなあ。少女マンガがこんなにすごいことになっているというのを知らせてくれた作だ。

訃報が伝えられた吉野朔実先生、私が一冊選ぶならこれです。『少年は荒野をめざす』キンドルで読めます。「5歳まで自分を男の子だと思ってた。ある日唐突に気づいて絶望した。といって自分の中の少女を否定するにはプライドが高すぎた」。名作です。 amazon.co.jp/dp/B012SWMYHO/

◆『福家堂本舗』(遊知やよみ)

福家堂は京都にある老舗の和菓子屋。しっかりものの長女・雛、おてんばの次女・あられ、天然の三女・ハナが暮らす。そんなある日、銀行に勤めている桧山家の御曹司・薫が、突然雛に結婚を申し込み…。

『ぶ〜け』は名作多かったけど、『福家堂本舗』も特に面白い作品だった…。昔日本語版で私が読んでいた頃は知る人少なかったけど、今調べてみたら韓国語版が2000年になってようやく(遅れて)出たのが原因のようだな…。まぁその後は、韓国読者にも好きだと言っている人は結構いるみたい。

福家堂本舗、あれは最終回も含めて、本当に名作だと思う 最後にタイトルをまたしみじみ見るやつ レールに乗った人生という比喩と、電車がリンクするんだよな…うむむ

この手のネタには『福家堂本舗』を挙げることにしている。京都東山の老舗和菓子屋を舞台にした若草物語つーか細雪といった趣の名作。 / 男が読んでも面白い少女漫画って何がある? ねたAtoZ http://bit.ly/h0qFQT

◆『イティハーサ』(水樹和佳)

約一万二千年前、人が神と接することのできた古代の日本。ある村に暮らす少年・鷹野は、捨てられた赤子を拾った。赤子はとおこと名づけられ鷹野の妹として育てられた。とおこが七歳になったある日、村は邪悪な威神の徒党に襲われる。

イティハーサは、目に見えぬ神々を信奉する民であった鷹野と、鷹野に拾われ育てられた妹の透祜が、目に見える神々、善神と悪神の戦いに巻き込まれていく中 で道を選び取るファンタジー。頑なで美しい理想と絶望、愛おしい破滅と救い、「人が生きる」という事を描ききった名作。この機会にぜひ読んで!

イティハーサは名作ですが、男性陣の色気がやばいのです比々希きゅんゴロンゴロン http://p.ybt.jp/rojie_/4d9b2d95241ab.jpg

◆『純情クレイジーフルーツ』(松苗あけみ)

丸ノ内女学園の吉原実子さん、みよちゃん、沢渡くん、桃苗の4人は学園の名物、仲良し4人組。何かと問題を起こしては、教頭先生や、クラス委員の梅本に問題視されている。ある日、学園で風紀検査が行われることになって……!!

純情クレイジーフルーツめちゃくちゃ面白いのでみんな読んだ方がいい……

いま松苗あけみ先生の作品巡り中。純情クレイジーフルーツ名作。うつくしい絵。子供の時はよくわからなかった部分が今は、うんうんって思う

ああ、『純情クレイジーフルーツ』『山田くんと佐藤さん』(松苗あけみ 著)も読み返したい #コミックス #漫画 #松苗あけみ

◆『船を建てる』(鈴木志保)

#ふぁぼされた数だけ普段は呟かない好きな作品とか音楽とかもろもろを語る 鈴木志保さん「船を建てる」(漫画) 鯨解体工場で働く米国在住のアシカ、コーヒーと煙草の物語。 不条理で現実の哀しみと優しさに満ちた彼らの日常 「汝の日常を愛せ」……この言葉は私の人生の指針です。

1 2