1. まとめトップ

【緊張しない】5つの心得

緊張しない方法としておすすめできる方法をご紹介いたします。

更新日: 2018年10月12日

8 お気に入り 4330 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ネイモーさん

面接、プレゼンテーション、大勢の前での発表となるとどうしても緊張してしまうという方はたくさんいると思います。そんな人たちのために今回は緊張しない方法をお伝えいたします。

まずはこれ<深呼吸>

昔から緊張したときは、一息入れて、ゆっくりと深呼吸した方がいいと言われますし、筆者も実際にスピーチの前などは深呼吸をしたりします。

深呼吸は緊張を和らげる基本的な方法ですが、緊張していると忘れてしまいがち。
緊張したらまずは深呼吸をして一息つかせましょう。

練習などの準備をしっかりと行おう

上手く話せないのは、準備不足が原因も考えられます。話すことをしっかりと準備しておき、事前にしておくと緊張もかなり和らぐでしょう。イメージトレーニングや、自宅で練習するだけでも何もしないよりもかなり変わります。

http://緊張しない方法.net/

しゃべる内容が無意識に口から出るほど練習するのがいいですね。
また、これだけ練習したのだから大丈夫だという自信を持つことにも繋がります。

緊張している自分を受け入れよう

緊張している状態を認めてあげたら、今度はそれを抑え込まないようにしましょう。緊張しないと思うと精神交互作用で余計緊張してしまいます。

”緊張するな”というように緊張を抑えこもうとするよりは
”緊張しているんだな”という心構えでいる方が、余計な緊張を生むことを
避けることができそうです。

大声で緊張の意識をそらそう

声が小さいと弱気になるように、大きな声を出すだけで強気になれます。そうすることで、表情や態度が自動的に堂々とした振る舞いになります。

大きな声で話す方が聞き手からして良い印象を持たれます。
発表する時などは声の大きさについて心掛けてみましょう。

時には開き直ることも

緊張するのは当たり前、顔が赤くなっても、どもってもOK。別に殺されるわけではありません。「どうにでもなれ」という思いで挑むのです。

以上緊張しないための方法を紹介させていただきました。
これらの方法を活かして納得のいく面接、プレゼンテーション、発表をしましょう!

1