1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Altria1123さん

馬乗りの男

91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/03/31 06:30
自分で体験した実話。アメリカ在住。

ある夜、寝ていたらなんか人の気配を感じて目を覚ました。
薄目を開けて見て見ると、なんと男がベッドに寝ている私の上に馬乗りになってる!
一瞬、夜勤だった私の旦那が早く帰宅してベッドにもぐりこんで来たのかと思ったけど、
窓から差し込む月明かりでそれが明らかに旦那とは違うシルエットだと確認…。
その瞬間、もう心臓ばくばく。
この男は強盗で、私このままレイプされて殺されちゃうんだって思った。
手には汗かいてくるし、恐怖のどん底だったんだけど、何もしないで犠牲になるのは絶対嫌だった。
相手は私が起きているの気がついていない様だったので、
頭の中でどうやってベッドサイドテーブルの下に隠してあるピストルに手を伸ばすか一生懸命考えてた。
素早く動いて気付かれて、押え込まれたらお終いだし…。

92 :続き :02/03/31 06:31
寝返りうつふりして取ろうか…と迷っていたら、
いきなりその男が片手で私のおでこを乱暴に押してきて(頭を枕に押し付けられる状態)、「Hey!」って言った。
黒人の口調だったのをしっかり覚えてる。
???
その瞬間なぜだか分からないんだけど、『あ、これは生身の人間じゃないよ』って気がついた。
とにかく、そう分かった。
で、掛け布団まくって起き上がってみたら、その男は一瞬にして消え失せた。
電気付けてから一言めに出たのが、
「人間じゃなくてよかった~…」

生きてる人間だったら今ごろ死んでるよ、私。

96 :92 :02/03/31 06:53
追加として、馬乗りになられてる間の重さ(太股あたりに乗られてた)も実感したし、
おでこを乱暴に押え込まれた時、こめかみを指で押さえられてる感触もちゃんとあったよ。
まるっきり人に頭つかまれてるのと同じ感触。
ただその瞬間に、『こいつは生きてない』って分かっただけで。

呼ばれた人

原著作者:2011/01/10 20:47 雀さん「怖い話投稿:ホラーテラー」
俺が小学生の頃、親父の同級生だった男の人が川で亡くなった。
死因は『溺死』ではなく『凍死』
田舎だったから その衝撃的な亡くなり方に話題は持ち切りだった。

彼はゆきちゃんと呼ばれ、小学 中学と親父と同級生だったという。
大変な酒好きで いつも赤ら顔をしていた。
普通の会社員には無理だと思うが、実家で農業を営んでいた彼は 朝から酒臭いのも珍しい事ではなかった。
酒の飲み過ぎには心配していたものの、暴れたりするわけでもなく楽しく酒が呑める人なので、皆 迷惑には思っていなかったと思う。
ただ困った事に、酔うと外で寝てしまう癖があった。

自宅の玄関先であったり 家の前の道路であったりと、必ず自宅周辺ではあるが寝てしまう事がちょくちょくあったらしい。
それでも風邪一つひく事なく、彼は毎日のように酒を飲んでいた。

ゆきちゃんが亡くなる前日、彼は俺の家に来て親父と飲んでいた。
つまり、最後に彼を見て会話をしたのは うちの親父という事になる。
近所の人からの電話でゆきちゃんの訃報を聞いた親父は

「信じられない……なんで……」

と呟き、受話器を持ったまま立ちつくしていた。

あの日 親父と楽しく飲んでいたゆきちゃんは、「夜も更けたしそろそろ帰るわ~。」と立ち上がり帰り支度を始めた。
しかし その日はかなり寒く、外は雪が吹雪いている。
帰ると言っても 街灯もたいしてない田舎道だし、何より寒い。

「いいから今夜は泊まってけ。ここ(こたつ)で寝ていいから。」
親父はそう言って、彼を引き止めた。
実は、彼と酒を飲んだら引き止めるというのが 飲み仲間の中では暗黙の了解となっていた。
そして少し寝かせて酒が少し抜けてからか、朝がきたら彼を家に帰すのだ。

「いや~、悪いから帰るよ~。」
「悪くないから 泊まってけ。」
そんな会話を何回か続け、二人は結局こたつで寝てしまった。
二人の話が面白いからと付き合って起きていた俺も、自分の部屋に戻って寝た。
時刻は10時ちょっと前だったと思う。

ここからは親父に聞いた話。

二人が寝入ってしばらくした時、ゆきちゃんがゴソゴソと起き出したそうだ。
その気配で目を覚ました親父が時計を見ると、まだ12時過ぎだった為
「ゆきちゃん、まだ早いから寝てろや。

明るくなってから帰れ。」
と言うと ゆきちゃんは
「呼んでんだわ。呼ばれてっから帰るわ。」
と言い 帰ろうとする。
当時 携帯電話などは当然なく、緊急に呼ばれる事など まずない。
寝ぼけているんだろうと思った親父は、なかば無理矢理に座らせ
「誰も呼んでねぇから、もう少し寝てろ。」
と、ゆきちゃんを寝かせたそうだ。
ゆきちゃんは横になるとすぐにいびきをかきはじめ、やれやれと思いつつ親父も再び眠りについた。

どれくらい寝ていたのか、親父はゆきちゃんに体を揺すられ目が覚めた。
時計の針は、もうすぐ3時を指そうかという頃だった。
「俺 帰っからよ。呼ばれてっから。」
ゆきちゃんはそう言いながら、煙草を吸っていた。
さっきから呼ばれてるって何だ一体?
親父は不思議に思いながら 体を起こした。
うちの田舎では、名前を呼ぶなどの使い方の他に、よばれる=招かれる または頂くなんて使い方もする。
聞いていなかったが、もしかしたら明日(時間的には今日)、何か用事があったのかもな。

そんな風に思った親父は、
「大丈夫なんけ?もう帰れんのかい。」
そう声をかけると、
「あぁ、大丈夫だ。一本道だかんね、迷いようがねぇよ。」
と答えた。 確かに話し方もはっきりしてるし、4時間以上寝ていた事もあって、親父はゆきちゃんを見送ったそうだ。

まだ外は雪が少し降っていて、ゆきちゃんは傘をさして帰って行った。

彼が亡くなったという電話がきたのは、午前9時過ぎだった。

彼は、うちから20分程歩いた所にある川の中で、横になった状態で発見された。
川といっても川幅は2メートルもなく、深さは10センチないような場所だ。
そこで彼は 上着を脱いで綺麗にたたみ、靴を脱いでその上着の上に置き それを枕にして横になり、川に浸かりながら寝てしまったようだ。
普段はあまり人が通らないような所だが、その日たまたま橋を渡った近所の人が彼を発見したのだった。
彼の上にも雪が積もっていて、すぐには何だかわからなかったらしい。
すぐに救急車を呼んだが、すでに彼の体はカチコチに固まっていたと聞いた。

俺は数日後に、彼が亡くなったという川を親父と見に行ってみた。
橋から川を覗いてみて、改めて『何故こんな場所で』という疑問がわく。
その川の両脇には、大人の背丈程もある枯れ枝がびっしりと途切れる事なく生えていて、水の流れている所に辿り着くまでに相当苦労するはずだ。
ゆきちゃんは、わざわざこの枯れ枝を掻き分けて 川へ入ったんだろうか……。
何よりその川は、ゆきちゃんの自宅とは正反対の場所だ。
今までどんなに泥酔しても、必ず自宅近くへ戻っていた人が 何故反対方向へ向かったんだろうか。
酒のせいと言われればそれまでだが、俺と親父は 何か納得できないでいた。
そして、ゆきちゃんを帰してしまった事を 親父はひどく悔やんでいた。
「泥酔状態ではなかったとはいえ、まだ酒が完全に抜けてたわけじゃなかったからな……。
帰すんじゃなかった……。」
そう言って、しばらくの間は落ち込んでいた。

俺は今でも 彼は何かに『呼ばれた』のではないかと思っている。
夜中にしきりに帰りたがった彼には、自分の事を呼ぶ誰かの声が聞こえたんじゃないだろうか……。

彼が亡くなった場所で いくら探しても見つからなかった物がある。

それは、親父が貸したあの傘だ。

それは後日、ゆきちゃんの自宅の庭で 見つかったのだった。

天然の現人神

628 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/04/16(木) 04:02:32.38 ID:V/7pHl8Z0.net[1/10]
流れを読まずに投下します。はじめて書き込みます。

私は神社の家系に生まれ霊能力者を生業としている者です。
三年前に訪れたお客様の話ですが、今でもどうしても考えてしまって胸が苦しくなる想いなので、もう時効かと思いますので吐き出させて下さい。

 私の開く鑑定事務所に、ある日顔色の悪い男性のかたが訪ねてこられました。
聞くと男性のかたは会社の経営をしており、地元の名士として名高かったそうですが、
急激に業績が悪くなり経営が傾き、借金が膨れ上がり危険な状態になったとのお話です。更に娘さんの事についても気がかりだ、と。

話を聞く前から既に嫌な予感がしており、おかしいなあと思いながらもご家族のお名前を聞き、霊視をはじめました。

会社にはなぜか何も異常はみえなかったので、ご家族を霊視する事にしました。
その家には奥さんと、あとお子さんが三人いて、上から長男・長女・次女だったのですが、長男と次女が障害を持ち、
そのうち次女が重度の障害で3年も寝たきりであり、自宅で介護士を雇ってお世話をしているのだそうです。

私はまず本人と家族を霊視しました。
私の霊視とは映像や声からキーワードやヒントを感じ取るものであり、今まで大変な人数を霊視しましたが、
その全員に霊視が通用しており、伝えて鑑定をしてきました。

ですが、この家族はかつてないほど非常に霊視がし辛く、ノイズだらけで私は口ごもりながら原因を探っていました。
本人、奥様、長男、長女、次女…と順々に霊視しますと、はたと気付きました。

寝たきりの次女が全く霊視できないのです。

私は生きてさえいれば絶対に霊視ができる自信が有るので、
おかしい、おかしい、と混乱しまして、とりあえず次女の部屋に何があるのかを書き出してもらいました。
私の様子もおかしい、ただならぬと察したそのお客様は、慎重に慎重に思い出しながら書いて行きます。

ベッド、洋服棚、家族が座る椅子、折りたたんだ車いす…神棚。

あった、これだ。
ここに何が祀ってありますか!?と、私は大きな声で訪ねました。
「え!?…ええ、ああ、うちは●●教(新興宗教団体)ですからね、私の部屋にもおいて世話をするからと、
熱心な次女が置きだしたんですよ。」
何年前からですか。
「ああ・・・そうですね。この部屋にあるのは3年前からですね。」
(新興宗教団体にしても、あの大規模な神道系邪教とは・・・)


やっと、私の脳裏に、やっと、いつものように霊聴の声が走ります。
「「あ・・と・・が・・・・み・」」
ゾワっと、怖気が走りました。
「「あらひ・・と・・が・・」」あらひとがみ、現人神。

なるほど、次女さんが寝たきりになったのは、神棚を置いてからどれぐらい後ですか?
「え?ええ、あー、どれぐらいでしょうね、まあ近いことは確かです」
会社の業績が悪化したのは?
「ああ、それは三年前ですよ。」
次女さんが健康であった時、あなたに何かしてほしいと言っていた事は?
「ああ・・・お恥ずかしいですが、次女が寝たきりになってから妻から聞いたのですが、
私と遊んで欲しかったといつも愚痴をこぼしていたそうで、私の仕事を憎んですらいたそうですね・・」

曖昧模糊とした情報が、一本の線で繋がります。
つまり、長女の部屋に置いてある神棚が原因で次女を寝たきりにした。
あの邪教は特徴的で、信者から金銭を吸い上げ、神棚から生命力を吸い上げる性質がある。

神棚の祀り方なのか、それともたまたまなのか、神棚の中の邪教の札が
次女自体を"御神体"として祀る事を選んだ・・・
つまり、現人神。かつての村や町の中で信仰をあつめた人の身でありながら神として崇められた者。
本人へ栄養を供給し介護士が世話をする事はイコール「神様のお世話」
大きすぎる神棚や大きすぎる御神体は、大きな願いの力を生む。

ようするに、複数の条件が重なることにより「天然の現人神」が生まれ、
それに対して誰も願わずに、けれども神様のお世話はされていた。
何か大きな人の願いがないのならば、優先されるのは神そのものの願い。
つまり「父親の仕事が無くなり、遊んでくれるようになる事」

…だからと言って、神棚を無くせ等と言えるはずがない。
それによってどのような災厄が私や目の前の客に起こるかが未知数だ。
「人工神の祭壇を壊せ」などと大それた事を私は言えない。言えば祟りが起こる。
ていうか自分のところの宗教の人間に頼れよ、と。

それにこの客も某邪教の信者であれば
「某邪教の神棚のせいで娘さんもあなたのお仕事もおかしくなってるんですよ」なんて言ったら怒り狂い、
信者を引き連れて暴力的な意味の御礼参りに来られたらたまったものではない。それに、あの邪教ならやりかねない。

私は立ち上がって、キッパリとお話しました。

お帰り下さい。今すぐに。お代は結構です。
「え?どういう意味ですか?」
すみませんが、未熟者の私には対処しかねます。大変申し訳ありません。

そんなやり取りの中、ブツブツと文句を言われていましたがそのお客様はお帰りになりました。
その後全ての鑑定をキャンセルし、日本酒をあおり忘れようと努力しました。

その次女は、今も生きながらに現人神として祀られているのかもしれません。
自らの願いをひたすらに叶えながらも。

皆さんもどんな宗教を信じても良いのですが、神道十三派のとある宗教だけは気を付けて下さい。

以上です。
「死ぬ程洒落にならない怖い話」かどうなのかは自分では分かりません。
ただ、私は個人的に最も怖かった案件なので、書き込んでみました。
少しでも伝われば良いかな、とは思います。

お返事に時間がかかると思いますが、ご質問は受け付けております。
邪教に関してのヒントは散りばめましたが、どこが正解なのかにはお答えしかねます。

634 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/04/16(木) 04:31:17.46 ID:kB95twryO.net[1/2]
>>628

神社の家系の人が理由も言わずに相手を見捨てるとか本当にそんなのあるの?

635 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/04/16(木) 04:36:43.24 ID:V/7pHl8Z0.net[7/10]
>>634

理由を話して私がこの相談者の怒りを買い、私が誰も救えなくなるようになるのと、
理由を話さずにお帰しして、私が救われた上で多くの人を救い続けられるのと、どちらがよろしいかという事です。
前者を選べば、救えるはずだった方々を見捨てる選択になりうるでしょう。

トリアージではないですが、私は申し訳ないのですがそこらへんはしたたかですよ。

1 2