1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

『ぎぼむす』から『dele』まで!続編希望が多かった「夏ドラマ」

一大ブームを巻き起こした春ドラマ『おっさんずラブ』のように、続編が熱望される作品は毎クール現れるものだが、2018年夏ドラマは特に多かった。『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』、『義母と娘のブルース』、『グッド・ドクター』、『透明なゆりかご』、『dele(ディーリー)』。

更新日: 2018年10月15日

15 お気に入り 32804 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆一大ブームとなった春ドラマ『おっさんずラブ』

“おっさん”同士の純愛を描き、一大ブームを巻き起こしたドラマ「おっさんずラブ」。

アジア圏を巻き込む人気となった『おっさんずラブ』は、最終回でも再びTwitterの世界トレンド1位をマークし、最高潮の盛り上がりの中でラストを迎えた。

放送が終了した直後からSNSなどでは、いわゆる“おっさんずロス”に陥った熱狂的なファンも数多く見受けられた。

◆続編希望を受けてテレビ朝日会長も前向きな発言

テレビ朝日の早河洋会長兼CEO(74)が25日、東京・六本木で行われた定例社長会見に出席。番組終了後も人気を博している「おっさんずラブ」の続編について「期待にお応えしたい」と話した。

「もういいよとか言わず、もっとやろうという意向を持っている」とし、続編や映画化についても「もちろんです」と前のめりだった。

◆夏ドラマにも続編希望の声が集まる作品が多かった

▼『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』

ある事件をきっかけに警視庁総務部・資料課の室長に転属した元公安のエリート刑事・井沢(沢村)。トラブルメーカーばかりの資料課だが、ビッグデータから未来の犯罪を予測して捜査する“未然犯罪捜査チーム”(=ミハン)として暗躍する。

沢村一樹

「続編を期待。上戸さんと沢村さんのW主演で見たいな」「続編or映画化希望」など続編を求める投稿も数多く寄せられている。

上戸彩

宮内社長は続編に期待を抱かせる最終回だった点については「ここで完全終結という形を取らないほうがいいと私も思っております。期待感も残していきたいということだと思います」と続編に含みを持たせた。

フジテレビ宮内正喜社長

#絶対零度 の井沢は非常に面白いキャラクターで、#沢村一樹 のベテラン俳優のテクニカルな部分を超えた気迫も伝わってきた。テーマや構成も悪くない。外国のスパイ映画のようだけど警視庁公安出身ってことで現実味も…ただ荒削りだ惜しかったので、続編でのクオリティに期待

▼『義母と娘のブルース』

キャリアウーマンである主人公・亜希子が、娘を持つ男性と結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に奔走し、家族と過ごす日々を描くハートフルドラマ。

巧みに練られた脚本と演出、そして主演の綾瀬はるかをはじめ上白石萌歌、佐藤健、竹野内豊ら出演者の演技とキャスティングの妙味が光り、さらに視聴率も今期民放連ドラでトップと、三拍子も四拍子もそろった作品。

最終回の放送終了後は、ネット上で「ぎぼむすロス」を訴える声が続出。原作ではドラマで描かれた最終回以降のストーリーもあるため、続編に期待する声も多く上がっている。

高視聴率だっただけに一部ではすでに続編計画も報じられている。“また”会える日はそう遠くない!?

TBS〔義母と娘のブルース〕最終回は、とても素敵! お互いを思い合う嘘・真実を打ち明けて後の本当の結び付き、爽やかな別れと永遠の絆など、暖かくて胸に響くドラマ、綾瀬はるかの大飛躍と、コケティッシュな姿勢が目に焼き付く、また続編があれば? pic.twitter.com/6o6O3rjxm8

「義母と娘のブルース」今期ドラマで1番好きだった!綾瀬はるか主演のドラマにハズレはない!最終回の視聴率惜しかったなぁ〜 絶対20%越えすると思ってたのに!安室ちゃんの特番がなければ間違いなく20%越えてたよね!!是非続編が観たいな!

1 2