1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

鳥栖に激震…「Cygames」のスポンサー撤退報道に様々な声

サポーターにとっては心配なニュースですね…

更新日: 2018年09月30日

8 お気に入り 46923 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■「 Cygames」がサガン鳥栖のスポンサーから撤退か

ゲーム事業を展開する「Cygames」(東京・渋谷区)が、J1鳥栖とのスポンサー契約を今季で満了する方針であることが分かった。

■サガン鳥栖の成長を支えた同社

ホームタウン・鳥栖市の人口が約7万3000人と全54クラブで最少の鳥栖は、これまで何度も経営危機に陥っていた。

そんななか、同社は渡辺耕一社長が佐賀・伊万里市出身だった縁もあり、15年7月から鳥栖とスポンサー契約を締結。

スポンサーとしては異例となる年間5億円以上の大型契約で毎年更新し、クラブの経営安定化を”支援”。

補強資金も大幅に増えたことで、今夏には推定年俸5億円の元スペイン代表FWフェルナンドトーレス(34)獲得に成功。

※スポンサー契約なので経営、強化には直接関わってはいない

さらに、本拠地の改修のために「地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)」を活用して6億8600万円を市に寄付している。

■撤退を決めた背景

親会社「サイバーエージェント」のJ2町田ゼルビア買収

同社の親会社にあたるIT大手「サイバーエージェント」(東京・渋谷)は28日、J2町田の経営権を取得する方針を発表。

10億円以上を費やしてクラブ保有株の過半数を取得し、2019年度から環境整備や戦力補強などのチーム運営に本格的に関わる見通し。

グループ全体で町田の経営に集中するため?

サイゲームスと鳥栖はスポンサー契約で規約には抵触しないとみられるが、町田を全力で支援するために撤退を決断した可能性がある。

たぶん町田の件は関係ないはず。そもそもスポンサーだから規定には抵触しない。おそらく真相は鳥栖の社長が大口スポンサーに断りもなく高額年俸の選手とったり、息子を社長にしてバスケット... #NewsPicks 【鳥栖】サイゲームス... horiemon.com/news/2018/09/2…

ヴェルディの時はサイバーエージェントが思うように経営をさせてもらえなかったので撤退したようだ。今回はその辺の握りがうまくいったということなんだろうな。 「サイバーエージェント」J2町田を買収 クラブと大筋合意 20年J1昇格へ... horiemon.com/news/2018/09/2…

堀江貴文氏はこのような見解を述べている

■「社長のワガママ」から始まったスポンサー契約

鳥栖をスポンサードする際、社内から『意味がない』と猛反発され、取締役会の議決では自分以外の取締役が否定側に。

それでも渡辺社長は『一度だけ社長のワガママを許していただけないでしょうか』と頭を下げ、なんとか説得したという

町田ゼルビアを約10億で買えるなら手に入れるよね。 AbemaTVなんか初年度の年間赤字が190億ぐらいだし。 サイバーエージェントのクリエイティブと成功への執念って半端ないし、普通に上手くいくんじゃないかと思ってる(代わりにスポンサーが被る結果となりCygames撤退路線の鳥栖はヤバそう…)

1 2