1. まとめトップ

【神楽坂在住OLが選んだ!】神楽坂のサシ飲みしたい居酒屋ベスト5(カウンター編)

神楽坂在住。ビールも日本酒も焼酎も大好きの30代OLが教える神楽坂のオススメのお店です。

更新日: 2018年10月17日

2 お気に入り 2035 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

神楽坂在住のOLがオススメするサシ飲みできる店5選

神楽坂にはたくさんたくさん素敵なお店があるのですが、
なぜか忘れられない、サシ飲みしたいなと思った時についつい頼ってしまう安心できるお店。
サシ飲みに適している落ち着いて話ができるお店を5軒選びました。

日本酒をラフに飲むなら「酒ト壽」

まず、お店を案内するときにワクワクします。
「え?ここに入るの?」という建物と建物の隙間の小道を行くと、一軒家のお店があります。
(そのままもう少し歩くと、神楽坂らしい石畳の風景も)

お店のドアというよりは、昔ながらの古民家の引き戸って感じの入り口です。
曇りガラスの扉をガラガラと開けると、1Fはカウンター。2Fは座敷です。

まずは座って、生ビール(マルエフ)で乾杯。
日本酒のメニューは全国各地の銘柄が20~30種類ほど。季節のオススメ酒もあります。
1合頼んでいろんな日本酒を飲み比べるのもオススメ。
慣れた私は、グラスでぐびっと飲んじゃいますが。

おつまみはどれもうまい。日本酒にあう海の幸がたくさんあります。
お通しはさっきまで生きていた活エビ。
自分で殻を取るんですが、その鮮度ゆえに歯ごたえと甘みがいい。
殻を取るときはまだエビがピクッと動くので、怖気付いてべたべたと触りすぎないように、
心を決めてバリッと取りましょう。

オススメは、「なまがわき」。お刺身の昆布締めで、毎回お魚が違います。
爽やかな「しめ鯖」、蟹たっぷりの「コールスロー」、
季節なら「ホヤ」も目の前で捌いてくれて新鮮うまい。

なんでもうまいです。

そうだ、この前頼んだ塩辛も、生臭くなくてめちゃうまかったんだ。

○サシ飲みオススメ相手
日本酒好きな女子、日本酒好きな彼氏、男友達全般

×オススメしない相手
カクテルやサワーしか飲めない女子、日本酒飲まない男子、隣の人との距離が近いとダメな男女

自然派ワインをラフに飲むなら「Bicoque ビコック」

ビコックは、神楽坂の下と上の商店街の間の交差点付近にあります。
お店の目印は、ワインを飲んでいる人のピクトの看板。
ビビッドな赤い外装のお家です。

1Fがカウンターで、2Fがテーブル席。
でもここは絶対カウンターがオススメ。
サービスしてくれるお店のスタッフとの会話が心地いいんです。
過度に入ってくることもなく、でも適度に話しかけやすい空気感で、
一人で入っても大丈夫なお店。

でもきっと、最初は多分入るかどうか戸惑います(私がそうだった)。
なんか、人んちのようなアットホーム感が扉のガラスの向こうに見えて、
「う、ここに入れるのだろうか」と思うんですが、
「えいや!」と入ってしまったら、数十分後にあなたも仲間入り。
そのくらいオープンなお店なのです。

フランスのお家のホームパーティに混ざるような感覚で、
ラフにワインが出てきます。ご飯も美味しい。
オススメは、レバーのパテ。うまいです。

うっかり飲みすぎると、それなりのお値段になるのでご注意を。

○サシ飲みオススメ相手
ワイン好きな女子、ワイン好きな男友達、夜遅くまで飲むのが好きな男女

×オススメしない相手
隣の人と話すとか嫌な男女、店員さんに文句をいうタイプの彼氏

ここだよ、と連れていきたい隠れ家タイプの中華「ジュウバー jiubar」

このお店はわかりにくい。地図を見ていても、うっかり通り過ぎます。
詳細は明記しませんので、ぜひご自身で行って見てください。見つけるとちょっと嬉しい。

ドアを開けると中は、間接照明の雰囲気が素敵なダイニングバー。

がっつりお腹いっぱいになる思春期男子が大好きな中華のイメージとは違って、
ジュウバーは飲みながらゆっくり楽しむ大人の中華です。

カウンターも数はそんなに多くないけど、あります。

肉団子やワンタンなどの肉系のご飯が美味しいかな。

でも一番は、やっぱりこの空間。
落ち着いた空間というのがオススメポイントです。

○サシ飲みオススメ相手
30歳以上の大人カップル、しみじみと振り返りたい女子、本気の恋話したい女子

×オススメしない相手
男友達、そんなに仲良くない女子

ご褒美に食べたいワインとていねいなごはん「marugame」

こちらのお店は、神楽坂の下の商店街の小道にあります。
「熱海湯」のある小栗通りという小さな通りにある、小さなお店。

熱海湯の詳細はこちら↓

marugameに話を戻します。

小さなお店なんだけど、ごはんのクオリティがめちゃいい。
ていねいに作られています。

アラカルトもあるんだけど、お一人で営業していたりするので、
先にコースで頼んで、ゆっくり味わいながら食の時を楽しむのがオススメ。
コースの詳細はこちらからどうぞ。

○サシ飲みオススメ相手
仕事の成功や結婚などのお祝いしたい女子、日々を労いたい女子、30歳以上の大人カップル

×オススメしない相手
男友達、そんなに仲良くない女子

おでんをつついて友達と語りたい「ちょうちん」

神楽坂の名物映画館ギンレイホールの横の坂を登った先にあります。
お店の外にちょうちんがぶら下がっているおでんや「ちょうちん」。

中に入ると、すぐそこがカウンター。
本当に、すぐそこです。狭いです。
奥のテーブル席から出る人がいたら、ちょっと椅子を引いてあげたりする優しさが必要。
その優しさを備えている人に行ってもらいたいお店です。

なんだ、ここ、狭いじゃん、もっと広い所行こう、
という男子は、願い下げ。別のところに行ってください。
ぎゅうっとなって、「美味しいね」って言える間柄の人と行きましょう。

まずお通しのサービスっぷりがすごい。
お通しのレベルを超えて、盛り合わせになって出てきます。
それがまた、うまい。

冬なると出てくる白子のおでんは大好きです。
あと、オススメは「とろたく」。
ネギトロとたくわんの刻んだものを海苔に巻いて食べます。

日本酒も焼酎も置いてあります。
日本酒の方が数が多いのかな、
でもいっつも屋久島の焼酎「三岳」を頼んじゃうので、そればかり。

またマスターが渋くてイケメンで優しい。それもまたいいです。

○サシ飲みオススメ相手
気のおけない友達(男女どちらも)、おでん好きな友達、友達のようなカップル

×オススメしない相手
狭いのと近いのがダメな男女、周囲に優しくない男女

1