1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

今話題のライ◯ップなどでも取り入れられていて、簡単で続けやすいとされているのが糖質制限ダイエットです。 厳しい食事制限などのダイエットが今まで続かなかった方、諦めてしまっていた方に朗報です!!

coco11cさん

糖質制限ダイエットって?

糖質制限ダイエットとは、糖の摂取を控えるダイエットのことです。


糖質を摂り過ぎると血糖値が上昇し、それを抑えるためにインスリンが分泌されます。

このインスリンは肥満ホルモンと呼ばれています。

インスリンは分泌されると血液中のブドウ糖を肝臓に送り、グリコーゲンという形で蓄積する一方、余った分を中性脂肪に変えて体内に蓄積されます。


糖質を制限すると、血糖値の上昇が抑えられ、インスリンの分泌が抑えられます。

さらに、体内の糖分が不足すると前述した糖新生で糖が作られますが、この時に中性脂肪が一緒に燃やされるという二度嬉しい効果も生まれます。


その結果、内臓脂肪が蓄積されることも無くなるのです。

糖質制限ダイエットのメリット

・カロリー計算がいらない

・空腹を我慢しなくて良い

・お酒・揚げ物も食べても良い


糖質制限ダイエットのメリットに、糖質さえ制限すれば、面倒なカロリー計算をしなくても済むということがあげられます。


食べる量の制限はないので、おなかが満たされる量を食べられます。

カロリー制限ダイエットで起こりがちな「空腹を我慢!」ということはないので、持続しやすいのです。


お酒も、焼酎やウィスキー、ブランデーなどの蒸留酒や辛口ワインなら少しは飲んでも大丈夫です。
低糖質のアルコール類ならさらに問題は少ないといわれています。


肉、魚、炒め物、揚げ物などの油を使った料理を食べても大丈夫です。


但し、揚げ物の衣は糖質が多いので注意が必要です!

糖質制限ダイエットのデメリット

たまに、無気力や倦怠感、眠気、イライラなどの症状が現れることがあります。

この症状は、日頃から糖質を過剰に摂取している人に起こりやすいものです。


糖質は、重要なエネルギー源の一つになることはもちろん、脳や神経にとってなくてはならないエネルギー源です。

そのため、このような症状が発生する場合があります。

糖質制限ダイエットの方法

・炭水化物を控える

なんと、炭水化物の一日の推奨摂取量は明確には定まっていません。

日本人の食事摂取基準では総摂取カロリーの50~65%が炭水化物です。

そのため炭水化物は摂取量のコントロールを効かせやすいのが特徴です。


低糖質のコンニャク米やGI米を代用ごはんとして置き換えて食べるのもよいでしょう。

お酒は普通のビールの代わりに、低糖質のお酒を選ぶのも良いかもしれません。



・自分ルールを作る


自分のルールを作ればカロリー計算をしなくてもダイエットの管理が簡単になり、
取り組むのが一層簡単になるでしょう。

例えば、

「夜飯のお米だけ食べない」

「おやつは低糖質のものを選ぶ」

「ビールをやめてハイボールか焼酎にする」

「週に一回は糖質を制限せずに好きな食べ物を食べる日を作る」


自分の生活に合わせたルールを作る事をオススメします!

糖質制限できる食材・飲料は?

主食を置き換えられる食品

低糖質パン、こんにゃく米、こんにゃく麺、豆腐麺、おから麺


主食の量をなかなか減らすことができない!という方にオススメしたいのが、市販でもよく見かけるような炭水化物の置き換え食品です。

普段の食事のまま、炭水化物を置き換えるだけで、大幅に糖質カットが可能です。


又、一見ヘルシーに見える春雨は、実は成分のほとんどが糖質です。


糖質制限をするならこんにゃく麺や、寒天麺などをうまく利用するのが吉です!!

糖質の少ない野菜

レタス、ほうれん草、小松菜、水菜 、白菜、モロヘイヤ


糖質が少なく、シャキシャキとした野菜を食べることにより、空腹感も満たされます。

そして意外と多く糖質が含まれているのが、野菜にかけるドレッシングです。

青じそやレモンなど、さっぱりとしたノンオイルのドレッシング選ぶとさらに良いでしょう。

糖質の少ない果物

イチゴ、アボカド、ブルーベリー、グレープフルーツ


糖質制限中でも甘いものが食べたい!という方の味方がフルーツです。

間食を糖質の多いものから、イチゴ、ブルーベリーなどの糖質の少ないフルーツに変えると効果抜群です!!

高たんぱく質の食品

肉、魚、チーズ、乳製品、卵、豆腐、納豆


糖質制限ダイエット中も、タンパク質の豊富なお肉やお魚は食べるべき食材です。

チーズや乳製品も高タンパクで糖質が少ないのでおすすめです。

特に卵の栄養価はとても高いことで有名です。

豆類・大豆製品などの植物性タンパク質はビタミン、ミネラル、食物繊維なども一緒摂ることができ、効率的に栄養が摂取できます。

まとめ

カロリー制限ダイエットと違って、簡単に続けられるのが糖質制限ダイエットのメリットです。

ダイエットはストレスを減らし、無理をしすぎないことが長続きさせるコツでもあります。


現在、様々な低糖質商品が身の回りで気軽に試せる時代です。

空腹を我慢することなんてありません!



食べる量の制限がないので、あなたが食べたい量を自分で決められます。


今までダイエットが続かなかった方、諦めてしまっていた方、この機会に糖質制限ダイエットを始めてみるのはいかがでしょうか。

1