初版が2.5万部だったのですがミスが発覚し、その初版で刷った全ての本を
裁断することになりました。

(中略)

今の出版不況においては、2.5万部なんてすでに「ヒット」じゃないですか。
いや、「ツーベース」ぐらいですよ。

で、それを市場に出さずにいきなり裁断ですから、


例えるならば、

デビュー戦でマウンドに立ったらいきなりボークを連発して7点ぐらい取られた。

という状況です。

出典僕の新刊『才能の正体』は初版(実質)5万部です。 | 坪田信貴オフィシャルブログ「意思あるところに道は開ける」Powered by Ameba

初版2.5万の全てが無駄に......。

前へ 次へ