1. まとめトップ

今どきオトナ女子のヒミツのムダ毛処理方法

女性としてのキレイの追求にも手を抜かず、仕事もバリバリこなしてキャリアを積み重ねる

更新日: 2018年10月04日

4 お気に入り 7288 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

女子同士でも面と向かって話しづらいけど、話し始めると止まらないのが「ムダ毛」の話。みんなはどうやって処理してる?自分のムダ毛処理法は正しい?最新処理事情は?オトナ女子も、知りたいことがいっぱいです!

namihei3362さん

ムダ毛処理の「一番いい方法!」を見つけよう

自己処理の方法、いろいろ

自宅でできる方法も、剃る、抜く、焼き切る、薬剤を使うなど様々です。

カミソリでの正しいムダ毛処理の方法

処理後の掃除が楽なので、ムダ毛処理はお風呂場で行うことをおすすめします。


まず、肌が不衛生な状態でムダ毛処理を進めてしまうと雑菌が毛穴に入り込んでしまい、最悪の場合は膿んでしまうことがあります。肌トラブルを招かない様に、ムダ毛処理をする部分は必ず石鹸で綺麗に洗いましょう。

次に、剃りやすくする為に皮膚を温めます。

全身の場合は湯船に浸かるのが一番早いのですが、腕や脚だけの一部分だけの場合は、蒸しタオルを乗せて肌を柔らかくします。石鹸などを処理する部分に乗せて、力を入れずに肌にカミソリを滑らせるようにして剃るのです。剃りたい部分が全て処理できれば、保冷剤などをタオルにくるんで処理した部分に当てて肌をクールダウンさせましょう。

処理後の敏感なお肌には低刺激のものを

ムダ毛処理後のお肌は、いつもよりデリケートな状態。もともと敏感肌であったり、シェービングや除毛後はお肌の状態が不安定という方は、お肌に負担をかけすぎない、無添加・無着色・パラベンフリーの商品や、オーガニック処方のアイテムがおすすめです。赤ちゃんや小さな子どもにも使えるようなアイテムも、刺激が少ないので良いでしょう。

電気シェーバー

電気シェーバーの良いところは安全性が高く、肌への負担も少ないところです。思い立ったらいつでもスグにムダ毛処理できるところも嬉しいですね。

ただ、カミソリほどの深剃りはできないので、仕上がりはイマイチなところと、処理頻度は多くなってしまうところが残念。

トリマー

向いているところ
トリマーはもともと産毛の処理用に開発された商品なので、顔やうなじ、背中、指などの細い毛をお手入れするのに適しています。

ヘッド部分が小さいので、小鼻や耳周りなど細かいところもケアできるのはうれしいですね。

アンダーヘアについてはトリマーだけで完璧に処理するのはむずかしいのですが、毛の長さ調節には役立ちます。

向いていないところ
深剃りができないので、太い毛や濃い毛が生えるところはきれいに仕上がりません。

特に手足は剃る場所も広いので、小さなトリマーでお手入れするのは大変でしょう。

毛抜き(ピンセット)

ムダ毛に気付いたときに、サッと手軽に処理できる毛抜き。100円ほどの安い毛抜きを使っている人も多いと思いますが、毛を挟みにくかったり、抜こうとしても途中で毛が切れてしまったりしませんか?

お気に入りの毛抜きを1本持っていれば、ムダ毛を気持ちよくスルッと抜くことができますし、産毛だって切れずにキレイに抜くことができますよ。人気の毛抜きを紹介しますので、使いやすいと評判の毛抜きでムダ毛処理をしてみてください。

また、毛抜きを使うとできものができたり、肌トラブルになりやすいと言われますが、毛抜きに適している部位に正しく使えばデメリットは回避することができます。

除毛クリーム

除毛クリームのメリットは、先ほどお伝えした「処理した毛の断面がなめらか」であることの他に、脇などカミソリでは上手に刃を当てるのが難しい「カーブのある場所も処理しやすい」ことなどがあげられます。

また、使い方の手順がさほど難しくないこともメリットの一つです。

商品によって多少の違いはありますが、除毛クリームを体毛が隠れる程度まで塗布して5~8分程度放置した後、取り除くのが一般的な使い方です。

除毛クリームを広げてから時間を置き、洗い流す(or拭き取る)だけなので、気持ち的に楽と感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

Youtubeでも紹介しています!!

ムダ毛は正しい方法で処理しましょう

特にデリケートな部位は細心の注意をはらうのはもちろん、正しい方法で除毛しましょう。もしムダ毛処理に疲れた時は、脱毛も考えてみるといいですね!

1