幼少期から目立つことが苦手だったり、人よりも劣っていて嫌な思いをしたことがある人は、普段から自分に対してあまり自信を持てることが少なく、当然それはいつもの態度に表れてきます。

逆に昔から何でもできて、優秀だった人は自信に満ち溢れていて、その分プライドが高く、時には偉そうな態度になってしまったり、大胆な行動をすることも多いです。

出典腰が低い人の心理とは。なぜいつも腰が低いのか

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

優れた人も性格が悪い人もいる?腰が低い人の特徴

愛想が良く穏やかで、いつも自分のことをへりくだって謙虚な姿勢を見せている印象がある腰が低い人たちですが、能力が高く、知識に溢れている優れた人も多いものです。そしてコミュニケーションも上手な人も多いのが特徴ですが、実は性格が悪い人もいるとか?

このまとめを見る