1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

約束は果たした! 西武の優勝で菊池雄星のメジャー移籍が濃厚に

プロ野球パシフィック・リーグの埼玉西武ライオンズが10年ぶりのリーグ優勝を果たした!強力打線が注目される中、エースとしてチームを牽引した菊池雄星(きくち ゆうせい)投手のメジャーリーグへのポスティング移籍が濃厚になりました。

更新日: 2018年10月01日

6 お気に入り 40679 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

西武の優勝を置き土産に、メジャーリーガー菊池雄星が見れる?!

nyokikeさん

▼埼玉西武ライオンズが10年ぶりのパ・リーグ制覇を果たした!

試合は先発のウルフが5回途中4失点。自慢の打線も日本ハム投手陣の前に1点を挙げるのがやっとで、試合には敗れたものの2位・ソフトバンクがロッテに敗れ、試合終了を待たずにリーグ制覇を決めた。

・辻監督、そして引退を表明している松井稼頭央選手が胴上げされた

【祝】西武がリーグ優勝、辻監督が8度舞う「選手が助けてくれた」 news.livedoor.com/article/detail… 今季で現役引退する松井稼頭央も胴上げされた。西武は10年ぶり日本一を目指し、17日からCS最終ステージに臨む。 pic.twitter.com/IPwTE7ut4O

#埼玉西武ライオンズ 10年ぶり22度目のリーグ優勝! 胴上げは辻監督が8度、松井稼頭央選手が7度、舞いました。 おめでとうございます! そして本当にありがとう! #seibulions #ライオンズナイター pic.twitter.com/6ITVCzLm8a

指揮官は父・廣利(ひろとし)さん(享年86)と1軍投手コーチだった森慎二さん(享年42)を失う悲しみを乗り越え、歓喜の宙を舞う。

就任2年目の辻発彦監督(59)は、札幌ドームで8度宙を舞い。今季限りで現役引退する松井稼頭央外野手(42)も胴上げされた。

優勝監督インタビューで「この日がいつ来るかと(試合に)臨んでいましたけど、選手が本当に助けてくれました。本当にうれしかったです」と選手をねぎらった。

西武は08年以来10年ぶり22度目のリーグ優勝。リーグ優勝の回数は、巨人の45度に次いで2番目。パでは18度のソフトバンクを上回り最多だ。10年ぶりVは、63年のあと82年に優勝した19年ぶりに次ぐブランクVだった。

・何と言っても攻撃力が凄い!

ここまでのチーム成績を振り返ってみましょう。 西武ライオンズ チーム打率….273(リーグ1位) チーム防御率…4.27(リーグ6位) 得点…771点(リーグ1位) 失点…636(リーグ6位) 本塁打…191本(リーグ1位) 盗塁128(リーグ1位) #Seibulions

就任2年目の辻発彦監督(59)が率いた「獅子おどし打線」は球団新の総得点771をマーク。防御率、失点ともリーグワーストながら打ち勝つチームを作り上げた。

防御率ではエース・菊池雄星が3.16でリーグ2位、勝利数では多和田真三郎が15勝でリーグトップに立つが、その多和田も防御率は4.04と安定感に欠ける。

9月24日の記事

中継ぎ陣の台所事情が苦しいこともあり、チーム防御率4.35はパ・リーグで唯一の4点台、12球団ワーストの数字である。

過去30年、セ・パ両リーグでレギュラーシーズン1位となった延べ60チームのうち、チーム防御率もリーグ1位だったチームは35チーム。実に6割近くを占める。また、防御率が2位だったチームも含めれば、51チームとなり、その割合は85%に達する。

一方、防御率が4位以下だったにもかかわらずレギュラーシーズン1位となったのは2015年のヤクルトなどわずか5チーム。そして、史上唯一、チーム防御率最下位で優勝を果たしたのが2001年の近鉄である。

▼西武ライオンズの優勝にTwitterからは歓喜の声が聞かれました

西武、10年ぶりリーグ優勝。菊池雄星、秋山翔吾、浅村栄斗…私が担当だった頃、まだ若獅子だった男たちがたくましい猛獣に変貌を遂げ、頂点をつかんだ。彼らを後押しする、上山口に集結したファンの他に比類なき独特の熱気は、今でも忘れられない。レオ党の皆さん、心からおめでとうございます。 pic.twitter.com/5T0lQusL3G

西武半端ないって。あいつら半端ないって。56イニングタイムリーなしやのに優勝するもん。そんなんできひんやん、普通。

ソフトバンク負けた~優勝! 10年振り22回目⚾この時をどれだけ待っていたか めちゃくちゃ嬉しい✨✨西武大好き #seibulions #優勝 pic.twitter.com/Tcwf5DXsY9

【2010】西武が日ハムに敗れ、SB優勝 【2011】西武がSBに敗れ、SB優勝 【2012】西武がロッテに敗れ、日本ハム優勝 【2013】西武が楽天に敗れ、楽天優勝 【2015】西武がSBに敗れ、SB優勝 【2016】西武が日ハムに敗れ、日ハム優勝 【2017】西武がSBに敗れ、SB優勝 【2018】西武優勝 #Seibulions

今年の西武まとめ ・西武が平成最後のパリーグ王者に ・昭和最後のパリーグ王者(88年)もライオンズ ・平成と昭和、両年号の最後を締めくくった唯一の球団に ・08年以来、10年ぶり22度目(西鉄含む)の優勝 ・リーグ通算22度の優勝回数はリーグ最多 ・97年ヤクルト以来、開幕から首位を譲らずの独走優勝

森さん見てくれてますか? まずパリーグ取りましたよ。 辻監督が優勝インタビューで森コーチのことをフロント全員が思って今年は去年以上に優勝狙っていたって言うことを聞きました。 次は日本一です。 待ってて下さいね。 #Seibulions pic.twitter.com/ZM9MUqRXuL

・そんな声の中に、こんな声も…

1 2 3