1. まとめトップ

クレンジングオイルは乾燥するってウソ?オイルの正しい選び方&使い方

オイルでクレンジングすると、皮脂を落としすぎちゃうから乾燥する…なんて聞いた事ありませんか?でもそれ、実は半分「ウソ」なんです。その秘密は、オイルの種類にあるんです!乾燥しないクレンジングオイルの選び方と使い方をまとめました。

更新日: 2018年10月02日

4 お気に入り 3271 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

クレンジングオイルを正しく選んで正しく使えば問題なし!

marinkorinさん

オイルクレンジングは乾燥する?

汚れやメイクはよく落ちるけど乾燥するなんて聞いた事ありませんか?

【スキンケア】クレンジングオイルの弱点は洗浄力が強く乾燥肌に不向き、摩擦が起きやすいため老化角質や毛穴の汚れ除去効果が低い。 ##スキンケア #乾燥肌

オイルタイプのクレンジングの長所と短所→クレンジング力が強く頑固なメイクも素早く落とす事が出来ます。その分、人によっては刺激が強すぎて乾燥肌の原因になってしまう事もありますので注意が必要です。

クレンジングオイル=乾燥っていうイメージはもうメイクに敏感な女子の間では常識になってますよね。
でも、クレンジングオイルの全部が乾燥を引き起こすわけではなさそうなんです。

オイルクレンジングが乾燥すると言われるには理由があった

▼界面活性剤

クレンジングには界面活性剤が含まれています。配合する理由は油分と水分をなじませて汚れを落としやすくするためです。

オイルやリキッドタイプなどは界面活性剤が多く含まれています。多く含まれるものほど肌への刺激も強くなる傾向にあります。

オイル自体ではなく、界面活性剤が乾燥を引き起こしてしまうんだそう。

▼ミネラルオイル

「オイルクレンジングは乾燥する」の元凶となってしまうのがコレ。主原料が「石油」の鉱物油(ミネラルオイル)です。

安全性がとても高い反面、「脱脂力」が強いために、メイクの油汚れだけではなく、肌に必要な「皮脂」までとかしてしまいます。

オイルの種類で乾燥しやすくなる事も…。

じゃあ、乾燥しないクレンジングオイルってあるの?

界面活性剤が少なくてミネラルじゃないオイルを使ってるクレンジングオイルってどんなの??

『動植物由来オイル(油脂)』のクレンジングを使う!

油脂は肌なじみがよく、鉱物油と違って水で流れやすい。もし肌の上に残ってしまっても、皮脂に構造が近いので保湿成分となってくれる。この2点が挙げられます。あれ。乾燥するどころか保湿成分になっている…?これが「乾燥しないオイルクレンジング」の正体です(^_-)-☆

ホホバオイルやオリーブオイル、アルガンオイルといった植物性のオイルには、保湿効果や整肌効果があるんです。植物性のピュアオイルと合わせて作ることのできるキャリアオイルは特におすすめですね。

美容オイルとして注目されているオイルは、クレンジングに使っても乾燥せず保湿してくれる!!

クレンジングオイル使い方のポイント

できるだけ肌への摩擦を減らすために、比較的皮脂量が多いとされるTゾーンから先になじませます。Tゾーンになじませられたら、肌全体にもクレンジングオイルを伸ばしていきましょう。

肌への摩擦も、乾燥させる原因のひとつ!肌に乗せる順番も重要なのです。

クレンジングオイルをしっかり乳化させることをしないまま洗い流している人が多いように見受けられるので、ぬるま湯を足して白く変化するまでなじませてすっきり洗い流せる状態にすることがポイント。

お風呂の中でクレンジングをされると、ホットタオルも簡単にできる上、皮膜感が残りにくいです。また、毛穴も開きクレンジング効果や成分がお肌に浸透しやすい効果もあります。

W洗顔をしなくてもいい位スッキリ洗う事も可能なんです。

お湯が熱すぎると肌に必要な油分まで取ってしまうことがあり、肌が乾燥しやすくなってしまいます。
逆に冷たすぎる水だとクレンジングオイルが固まりやすく、メイクが落ちきらないこともあります。若干ぬるめかな、と思うくらいの温度でOKです。

植物由来のクレンジングオイル

平子理沙さんも愛用の「ダーマロジカ」のクレンジングオイルはミネラルオイル不使用!

毛穴の詰まりの原因となる鉱物油(ミネラルオイル)を用いず、特別にブレンドされた軽い感覚の植物性オイルを使用したクレンジングです。

ミネラルファンデで有名な「ベアミネラル」のクレンジングオイル。
肌に優しいミネラルファンデを作った会社のクレンジングはやっぱり肌に優しい!

水に触れると乳白色のエマルジョンに変化するセンセーショナルなオイルテクスチャー。やさしい心地でありながら、効果的にメイクを落とします。ボリジ、ひまわり、ビルベリー、キュウリを含むオイル配合。

ハーブの香りで癒しのクレンジングタイムを実現。洗い上がりの肌はしっとりもっちり、ダブル洗顔も不要なので、お肌に優しいオイルクレンジングだと言えます。

1 2