1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

ビジネスマンに必須な「ネゴシエーション力」を高める方法

ビジネスマンに必須とされるネゴシエーション力(交渉力)を高める方法についてご紹介します。

更新日: 2018年10月01日

86 お気に入り 37281 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■ネゴシエーションとは?

ビジネスを手掛けた取引先との商談、契約を決めるとき、また社内で仕事や個人で対立しそうな問題が発生したときなど、関係者が互いに納得できる条件や結果をいかに効果的に導き出すか、というスキル

■ビジネスシーンで多々要求される

ビジネスシーンでは、相手と折り合いをつけて合意にこぎつけなければいけない場面が多々あります。ネゴシエーションは、ビジネスパーソンのひとつのスキル

社内で予算配分やスケジュールを調整したり、あるいは上司や経営陣に待遇改善を願い出たりするなど、ビジネスの現場ではたえずさまざまなネゴシエーションが行われています。

しかし、交渉は「苦手」「うまくできる自信がない」と思っている人が非常に多い

■このネゴシエーションが苦手…という人は多い

「どちらかというと苦手」43.1%と「苦手」24.0%で「ネゴシエーションするのは苦手」と答えた人は67.1%と、過半数が交渉を苦手としている

全国の20~60代の男女1,348名を対象にした調査結果です。

モヤモヤしたまま寝るのもいやだったからネゴったけど案の定撃沈した ネゴるの苦手だけど頑張った自分を褒めたい

大まかなところで握るのはまあまあできるんだけど、細かいところのツメとかネゴとかは苦手なんだよあ

ネゴと、コミュニケーションは極めて苦手。答えが出てる事に時間かけてられないからかも。

属人化したシステムの保守とか、社内の人とネゴシエーションするのとか、面倒なのは苦手っていうか、嫌いなんだよ。体が受け付けない。

■ネゴシエーションは相手の立場を理解することから始める

失敗を恐れずに意思の疎通を図り、失敗した際には「何が悪かったのか」「相手はどう思ったのか」振り返ることが重要

ビジネスにおけるネゴシエーションは、意見が対立した時に議論して、互いの合意や調整へと導くためのコミュニケーション全般のことを指します。

■つまり、お互いの立場を尊重した落ちどころを探すことが求められる

自分にとって重要だが相手にとって重要ではないところでは譲ってもらって得をとり、逆に、自分にとっては重要でないが相手にとっては重要ではないところでは譲って相手に得をとらせる。

■妥協をして勝利を勝ち取る

1 2

関連まとめ