これは使える!主婦たちが絶賛する「達人のレシピ本」

多忙なママや自炊派必見、あの達人の「時短レシピ」がいま話題!伝説の家政婦『志麻さんの自宅レシピ』、爆速レシピツイートが人気の料理研究家・りゅうじの『やみつきバズレシピ』、稲垣えみ子が作る200円ごはん『もうレシピはいらない』など、目から鱗のアイデア満載で、食卓の救世主になってくれそう!

更新日: 2018年10月03日

186 お気に入り 41255 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2児のワーキングマザーです。簡単で美味しいレシピを日々求めています。

“伝説の家政婦”のスゴ技を伝授

著:タサン志麻
3時間で1週間分のメニューを作る”作り置きの達人”としてTVにも出ている有名人ですが…

本書は、志麻さんが仕事から帰って30分以内にちゃちゃっと作って食べる料理を中心に76レシピをご紹介

使う食材は下町スーパーの外国産冷凍特売肉や、特売野菜、冷蔵庫の残りものなど身近なもの

普通の食材がグッと美味しく生まれ変わる!
たとえば…

レシピ本でよく目にする“肉に焼き色をつける”という言葉、志麻さんは、通常であればもうひっくり返すよね!? と思うところからさらに何分も焼きます

皮はどんなに焼いてもパサパサになることはなく、カリカリに仕上がっておいしくなるとか!
ほかにも志麻さんの長年のシェフ経験を活かした調理ポイントが多数。

調理時間を短縮するコツや、うまみを逃さないポイントがギュッとつまった1冊

本格的な料理も手軽に挑戦できそう!

味見で箸が止まらない…!?

著:りゅうじ
Twitterの「簡単・爆速レシピ」が人気の料理研究家。

「疲れていても爆速でお腹を満たせる」 「おかずに迷っても今日食べたいものが必ず見つかる!」 「おいしくて味見で箸が止まらない!」とTwitterで大人気

現在のフォロワー数はなんと23万人以上!

書籍では、Twitterに投稿したレシピを【3ステップ以内】に書き直し、調味料などの分量も丁寧に記述して作りやすさを追求

生クリームを使わないのにクリーミーなアボカドカルボナーラ ボールに熟れたアボカド半個と卵黄1個オリーブオイル大匙1コンソメ半個おろしニンニク少々入れ潰しながら混ぜ、炒めたベーコン60gバター10g茹でたパスタ一人前入れ混ぜ塩胡椒したら完成 粉チーズいっぱい振るとめちゃ美味しい pic.twitter.com/Sgjkz3u1fM

う、うまそう…

大根三本は一口大に切り、白だしと塩で濃いめの吸い物を作って透き通るまで煮てから冷やして味を染み込ませます。 よく水気を切り、片栗粉をまぶして油で揚げて軽く塩を振ります。 大根の唐揚げ。 あ、これ信じられないくらい旨いので良かったら試して見てください。 pic.twitter.com/jj0nkhhWp8

実際にTwitterでバズッた、カンタンで美味しいメニューが満載!

忙しいすべての皆さまの家メシがぐんと楽しくなる! 救世主の一冊です

まさに救世主!

200円、ワンパターン飯のすすめ

著:稲垣えみ子
冷蔵庫なし・ガスコンロ1口でも、「家に帰るのが待ち遠しくなる」ごはんが作れる!

アフロで無職で独身の、稲垣えみ子52歳。 朝日新聞退社後、激変したのは食生活。 メシ、汁、漬物を基本に作る毎日のごはんは、なんと一食200円

鍋で炊くごはん(3日に1度だけ)。出汁をとらず、味噌を溶きいれる味噌汁。そして、焼くだけ煮るだけのおかずに漬物を加える

メシは朝炊いておひつに保管。漬物はぬか床にある。となれば、毎食「汁」を作るだけ

なるほどこれなら10分でできそう!

干し野菜を使えば出汁なしでウマウマ味噌汁の完成!

干すことで保存にもなるし、旨みが凝縮されるので出汁いらずなんだとか!

ぬか床は最高のお抱え料理人

野菜だけでなく、厚揚げやこんにゃくも美味らしい。
面倒なイメージの「ぬか漬け」ですが、毎日食べる度に混ぜれば腐らせることもないそうです。

何でもあるいまの世の中、つい派手なもの、豪華なものに目がいきがちだけど…

今みたいな食生活になってご飯を主役に戻したら、十分うまいじゃないか、これさえあれば幸せじゃないかと

たとえ保護者が料理を作ってくれなかったとしても、老いて調理をしてくれる配偶者を失ったとしても、自分で自分のためにおいしいごはんを作ることができれば、生活を崩さず前を向いて生きていける

食生活だけでなく、生き方についても考えさせられる1冊です。

1