1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●森永製菓は、生産拠点の再編に伴い「チョコフレーク」販売終了を発表

森永製菓は生産拠点の再編に伴い、「チョコフレーク」の販売を終了することを発表

同社は2019年12月に、ポテロングやチョコフレークなどを生産している森永スナック食品の工場(千葉県)を閉鎖

・同商品は、1967年9月から生産・販売が開始

同商品は昭和42年(1967)9月から生産・販売が開始され、現在も同社のロングセラー商品のひとつとなっている。

売り上げが減少した理由について森永製菓は、「チョコレートのトレンドがリッチ志向に変化していること」と、「チョコフレークとスマートフォンの相性の悪さ」をあげた。

今回の生産終了の報道を受け、コンビニやスーパーでは森永チョコフレークの売り切れが続出。インターネット上では高値がついている状態が続いている。

・フリマアプリでは「チョコフレーク」が割高な価格で多数出品されている

生産終了が決まった森永製菓の「チョコフレーク」が、フリーマーケットアプリ「メルカリ」に多数出品されている。

希望小売価格は税別200円だが、2袋で約千円、6袋で約4千円といった割高な価格で売買が成立していた。

●ネットでは、爆買いする人が続出している模様

森永のチョコフレークが近くのスーパーで補充されてたから、生産終了するのにすごいやん!買占めな!!と買った後よく調べたら生産終了するの来年の9月やん アホちゃう俺 pic.twitter.com/A6O0A2JNdA

森永チョコフレーク( •̅_•̅ )生産中止だって。 とりあえず買ってきた。かなしいなぁ~。 pic.twitter.com/oCbFzQ3Xom

森永チョコフレーク、コンビニで発見。これももちろん販売中止?ああ悲しってめっちゃ久々食べたけど…おいし!! pic.twitter.com/hnkrVPRsTd

森永チョコフレークの販売終了報道を受けて日清シスコのチョコフレークが品薄になるなどの混乱が出ているとのニュースを見て、この前ローソンセレクトで買ったチョコフレークはどちらの製品だったか気になって見直してみたら、ちゃんと森永チョコフレークで安心した。 pic.twitter.com/ZJ6YFFWXqC

@gizagizamax 森永チョコフレークは、ローソンセレクトで買うことができますね ちょっと変わり種の炭酸ジュースがあったので、いっしょに買ってみました(@ω@)ノ pic.twitter.com/3vYlzKydBj

●一方、日清シスコ「チョコフレーク」と勘違いする人も続出!

森永製菓の「森永チョコフレーク」生産終了の報道をめぐり、ちょっとした誤解が広まっている。

生産終了の報道はないものの、森永製菓の報道に便乗したのか、メルカリでは同社製品の出品も急に増えた。

森永チョコフレークは偶然少し前に探したんですが、全然見つからず、結局ファミマの100円菓子のチョコフレークを買った。そして製造中止発表が。今日デイリーヤマザキに行ってみたけど、やはり100円のチョコフレークしかない。ちなみにファミマもこちらも日清シスコ。ああ森永... #今日のおやつ pic.twitter.com/TfETL41n4Z

チョコフレーク、もう生産中止になるって報道されていたな。と、買ってみたら日清ではなく森永の方だったらしい。 よくよく見ると50さい。 同じ時代(昭和から)を生きて来たんだ。親近感わくわ〜。 50年なんてあっという間だ。 pic.twitter.com/fCvOioD4RH

台風に備えてチョコフレーク買い占めようとしたら日清だった… pic.twitter.com/KtrXdXpkJP

1 2