1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

60年の絆に幕…大阪市がサンフランシスコと姉妹都市解消

大阪市がサンフランシスコとの姉妹都市解消を正式に発表しました。60年余続いた両市の関係が絶たれたことになります。

更新日: 2018年10月03日

6 お気に入り 17631 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・大阪市がサンフランシスコ市との姉妹都市関係の解消を発表した

大阪市の吉村洋文市長は慰安婦像の設置を巡り、アメリカ・サンフランシスコ市との姉妹都市関係の解消を発表

「日本国民、大阪市民、多くの方がこの慰安婦像の碑文はおかしいと思っている。(サンフランシスコ市は)これを『受け入れない』という判断をされたので、姉妹都市、兄弟関係を前提とする信頼関係は破壊された」

本日付書簡を持って、大阪市はサ市との姉妹都市を解消した。日本を貶め、捏造された事実に基づく慰安婦像と碑文を、市の公共物として喧伝する。何度も翻意を求めたが受け入れられず。残念だが、姉妹都市の信頼関係は完全に破壊された。詳しくは最後の書簡を是非見て頂きたい。 city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/kei…

・関係悪化の始まりは2015年9月の設置決議案採択だった

アメリカのロサンゼルスで設置され、日本でもさまざまな議論を呼んだ慰安婦像だが、サンフランシスコの市議会でも設置の決議案が9月に採択

サンフランシスコの地元のインターネットを中心としたニュースメディアは、自社のインターネットサイト上で一斉に取り上げており、今回この慰安婦像がサンフランシスコ市に建てられることになった経緯と、第2次世界大戦中に旧日本軍が東アジアの女性たちに行っていたとする性的虐待の歴史を伝えている。

中国系の民間団体から慰安婦像の寄贈を受けて「市の公共物」として公園に設置

11月14日、サンフランシスコ市議会はこの慰安婦像と維持費用を市に寄贈するという民間団体の要望を受け入れる決議を可決。

・それに対し大阪市は?

これを受け、大阪市の吉村洋文市長は市営公園に組み込むなら「姉妹都市関係は解消する」と強く反発していた。

この発言に対し、サンフランシスコ市のエドウィン・リー市長は2日付で吉村市長宛に書簡を送った。「友好関係解消は両市の市民感情を傷つける」と関係維持を訴え、「公職にある身として地域の要求に応えるのが職務だ」としている。

吉村市長は23日に「信頼関係は消滅したと考える。姉妹都市解消に向けた手続きを始める」とし、サンフランシスコ市との姉妹都市解消の意向を示した。

・その後も通告を送り続けてきたが…?

大阪市は昨年度、提携60年の節目に予定していた高校生らの派遣事業を中止。

直前にサンフランシスコ市の当時の市長が急死したため通告を見送り

7月、公共物でなくすよう求める「最後通告」を送付した

9月末までの回答を要求していましたがこちらも無視されたため、正式に関係解消を伝える書簡を発送することに

・安倍首相「極めて遺憾」

安倍首相も「我が国政府の立場と相いれず極めて遺憾」と述べ、エドウィン・リー市長(当時)に対し拒否権を行使して像を受け入れないよう政府として申し入れました

1 2