光月一族は代々“石工”の一族であり、800年もの大昔、彼らによって「壊れぬ書物」が作られた。それが“歴史の本文(ポーネグリフ)”である。

彼の一族は高い石工技術を持ち、“歴史の本文(ポーネグリフ)”の“読み書き”が伝承される。

その内容までは伝承されないが、読み書きさえ出来れば石を見て読めばいいだけなので、彼はポーネグリフに興味を持っていた。

そして、光月おでんは“海賊王”ゴール・D・ロジャーと共に、最後の島“ラフテル”に辿り着き、“世界の秘密”を知る。

それから幾年月が経った後、彼はワノ国の“将軍”黒炭オロチとその協力者であるカイドウ率いる百獣海賊団によって狙われる。

彼らはロジャーの航海に同行したことでおでんが知った世界の秘密を引き出そうとしたのだ。敵の大軍に狙われながらも、おでんは家臣全員の命を守り口を割らぬまま亡くなる。

だが、おでんが無くなっても敵の追っ手は止まない。それゆえモモの助たち残党はワノ国を離れて逃亡劇を繰り広げることとなる。

出典ピクシブ百科事典

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【ワンピースネタバレ】光月おでんの過去をまとめました【ONE PIECE伏線考察】

この記事を読むと「おでん様」の過去・正体が分かります!

このまとめを見る