1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

いよいよ発売!廉価版のiPhone XRが意外と「買い」な理由とは?

2018年9月に発売されたアップルの最新のスマートフォンiPhone XSとXS Max。同時発表された廉価版の位置付けとなるiPhone XRのみ遅れて10月の発売となっていますが、そのiPhone XRが「買い」な理由がいろいろとあがっているようです。

更新日: 2018年10月05日

28 お気に入り 80883 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・2018年9月に発売されたアップルの最新のスマートフォンiPhone XSとXS Max

Appleは9月21日、日本を含む世界各国で、2018年モデル第1弾、iPhone XSシリーズを発売した

2017年に発表されたフラッグシップ機「iPhone X」の後継機となる5.8インチの「iPhone Xs」および6.5インチの「iPhone Xs Max」。有機ELのスーパーレティナディスプレイを搭載し、3Dタッチの精度向上、60%優れたダイナミックレンジによる優れたカラー表現、防水仕様などが主な特徴

・同時発表された廉価版の位置付けとなるiPhone XRのみ遅れて10月の発売に

一方のiPhone XRですが、こちらは予約受付が10月19日(16:01以降)、発売日は10月26日とまだ先

iPhone XRは、3つの中では普及価格モデル(廉価モデル)というところ

iPhone 3モデルの中で、細かい(あるいは大きな)違いがあるものの、iPhone XRはiPhone XS / XS Maxのいわば廉価版と考えると分かりやすい

・そのiPhone XRが「買い」な理由がいろいろとあがっている

▼価格が安い

XRは、容量は3モデルで、価格は64GBが8万4800円、128GBが9万800円、256GBが10万1800円(どれも税別)

実際に買うとなれば、価格も非常に重要な要素。iPhone XSは64GBが112,800円、256GBが129,800円、512GBが152,800円(どれも税別)で、XSと比べると64GBのモデル同士では28,000円の差が、最上モデル同士となると51,000円もの差

価格はおそらく、多くの人にとって最大の検討事項。価格の点では、iPhone XRはiPhone XSよりも有利。仮に容量が少ないモデルを選んだとしても、iPhone XRの方がiPhone XSよりもはるかに安い

iPhoneXR 256GBで10万ちょっとか 1番欲しいと思ってる機種が1番安いのは得した気分

iPhone8に機種変するつもりだったけど、あと1ヶ月後くらいにiPhoneXRが出るという事で思い止まって帰ってきた。 新発売のiPhoneより機能は劣っても価格が安いってのは助かる❗️ もう少し今の瀕死のケータイで頑張ってみよう。

▼豊富なカラーバリエーション

iPhone XS / XS Maxは3色展開。シルバー、スペースグレー、そして新しく追加されたゴールド。一方、iPhone XRは6色展開。ブラック、ホワイト、イエロー、レッド、ブルー、そしてコーラル

カラーについては完全に個人の好みとなりますが、バリエーションの多さは、iPhone XRの強みのひとつ

iPhoneXR早く欲しい… コーラル欲しいけど1番人気色っぽいからドラミちゃんカラー欲しい

iPhone買い換える気なかったんだけど、XRで俺の大好きなイエローがあるんだよね。 値段もXSとかに比べて安いし、下取りポイント使えるし。 ってことで買い換える予定です。

iPhone XRのカラーバリエーションいいねー。今iphone7だからちょっと悩む。 特に不満はないんだけどねw

▼チップセットが上位モデルと同じ

価格が安い分、処理能力が劣るのではないかと懸念しているなら、心配無用。iPhone XR、iPhone XS / XS Maxはすべて、6コアCPU、4コアGPU、そして機械学習に特化した次世代ニューラルエンジンを備えたアップルの新しいプロセッサ「A12 Bionic」を搭載

かつて登場したiPhoneの廉価モデル「iPhone 5c」や「iPhone SE」には、同時発表のフラッグシップモデルより一世代前のチップセットを搭載していました。ところが、iPhone XRは上位モデルと同じ最新チップセット「A12 Bionic」を搭載

1 2 3