1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

1980年(昭和55年)生まれの選手5名のプロフィールなどです。

1980年 こんなことがあった

ポールは1980年1月ウイングスのツアーで来日した際、成田空港の税関で大麻所持の容疑で逮捕されたときのことをこう振り返った。「どうしてそんなことになったのか、いまだはっきりしないんだけど、そうなったんだ。僕のスーツケースの中に、そう、大麻があったんだよ。それで9日間、留置場に入ることになった。怖いよね!」

モスクワオリンピックは西暦1980年(昭和55年)の7月から8月3日まで開かれていた国際的なスポーツの祭典です。この世界的な行事に日本国は不参加を表明しました。その理由はモスクワオリンピックをボイコット(自分たちの主張を実現するため拒否する行為をボイコットと言います)しようと様々な国々に呼びかけた特定の国の動きに賛成し、同調したためです。

1973年に芸能界デビューして以来、数々のヒット曲を連発し一世を風靡した、歌手の山口百恵(やまぐち ももえ)さん。1980年に惜しまれながら引退された後は、マスコミやファンからの注目を集めるも、芸能界復帰はされず、今や、その存在は伝説となっています。

1980年代アイドルブームが到来し、松田聖子、田原俊彦、岩崎良美、河合奈保子、三原順子(現・じゅん子)、柏原よしえ(現・芳恵)らが相次いでデビューした。

【杉内俊哉】史上唯一 通算100勝以上で救援勝利なし

投手としては比較的小柄であり、ゆったりと脱力したフォームからボールをリリースする際に力を爆発させるように投げ込む。ランナー無しの状態からでもセットポジションで構え、投球前には腕を上げて余分な力を抜き、投球時に膝の前で両手を叩き合わせるのがルーティンになっている。

<主な記録>
5試合連続2桁奪三振:2009年(8月23日 - 9月23日) ※史上2人目(左腕史上初)
通算100勝到達試合数:215試合 ※左腕史上2位(当時最速)
13球団に勝利 ※史上2人目

史上唯一 通算100勝以上で救援勝利なし

史上唯一 オールスターゲーム1イニング3球でチェンジ

史上初 奪三振数が投球回を上回った回数(規定投球回以上):6度

杉内俊哉投手が…、2018年で現役を引退することが分かりましたね…。
復活を信じていたのですが…、悲しいですが仕方ないですね。
怪我に苦しみ続けた3シーズン、杉内俊哉投手曰く「引退の理由は体です。もう、限界でした。」とのこと。
いつ治るか分からない怪我と戦いながらリハビリを続けるのは、肉体的にも精神的にも相当厳しかったでしょう。

今季限りで現役を引退する巨人杉内俊哉投手(37)が、本拠地最終戦の9月30日広島戦で引退セレモニーを行った。あいさつを終えると菅野に次いで、背番号18のユニホーム姿を着た中学1年になる長男咲哉くんから、花束を受け取った。必死に涙をこらえながら、父親として最後の勇姿を1人息子へ届けた。

さかのぼり、冬も深い1月。熊本市内で行われたトークショーで司会者からの「子どもに口酸っぱく言っていることは?」との質問にこう答えた。

「一番は『人の悪口を言ってはいけない』ということ。言いたくなったら、お父さんにだけ言いなさい、と言いますね」。

【館山昌平】スワローズ 右のエース

日大藤沢高時代、3度松坂大輔(現レッドソックス)と投げ合い、内2回を延長の末0-1で敗れるなど神奈川県屈指の好投手として活躍した。 その後日大に進学し3年時には東都大学春季リーグの優勝にエースとして貢献する。その年に行われたワールドカップに日本代表として出場した。 プロ入り後、1年目からローテーションに入り3年目には自信初となる2ケタ勝利をマーク。 そして08シーズンには12勝3敗で最高勝率のタイトルを獲得した。 ヤクルト入団以来、肩、肘合わせて3度の手術を受けており球速が手術前と変わらず1年間ローテーションを守り続けた事により他球団や学生からも手術に対する問い合わせが殺到中である。また、学生時代には成績優秀で常に上位に入るなどクレーバーな面も併せ持っている。

毎試合前に50m走のタイムを計り、体重管理や体調判断の指針としている。タイムは6秒5を基準にしており、これを切れない場合は入念な調整を行う。自己ベストは6秒08。
トミー・ジョン手術を3度経験し、その他にも肩関節、股関節などに7度に渡って身体にメスを入れ、全身には151針の傷跡が残っているが、「絶対に怪我を理由に引退したくない」としており、トミー・ジョン手術を受けた後に中継ぎのエースとして2001年に復活した河端龍や、かつての伊藤智仁の「マウンドに戻ってやる」という気概を目の前で見た事が励みになったとしている。また、打たれるのは能力や技術が足りないだけという考えでいる。

ヤクルトの館山昌平投手が、2018年8月20日に一軍合流し、22日のマツダスタジアムでの広島カープ戦で4月30日の東京ドームでの巨人戦以来の登板です!

【藤川球児】 火の玉ストレート

投球フォームはオーバースロー。全盛期には平均球速約149km/h、最速156km/hを記録していた。ストレートを最大の武器としており、変化球はフォーク、カーブ、スライダーを操る。
ストレートは手元で浮き上がるように伸びるのが特徴であり、その球筋・球威から「火の玉ストレート」と称される。NPBにおける一軍に定着した2005年から2012年までの期間は、通算奪三振率が12.81という高い値を示していた。

藤川球児の伝説は、やはり火の玉ストレートと呼ばれるストレートと、鋭いフォークボールではないでしょうか?藤川球児の火の玉ストレートは、対戦バッターの手前でホップアップ(浮き上がる)するストレートとして有名でした。藤川球児のストレートは、球速が早いのもそうですが、とてつもない回転数をしているのです。



そしてボールの傾きが少ないことから、最大で30cmほど変化するようです。藤川球児のストレートは、あの野球界の番長と言われた「清原和博」も認めており、清原和博が見たストレートの中でもナンバーワンと言わしめたほどの代物です。

2018年には、レギュラーシーズンの開幕から、中継ぎ中心の救援登板で安定したピッチングを継続。セ・パ交流戦の期間中には、一軍の救援陣で戦線離脱者が相次いでいるチーム事情を背景に、セットアッパーやクローザーを再び任されている。6月16日の対楽天戦(楽天生命パーク)では、1点リードの9回裏にクローザーとして登板すると、無失点で凌いだ末に公式戦2年振りのセーブを記録した。

【和田 毅】 「生命線はストレート」夫人は仲根かすみ

フォロースルーに入ってからも踏み出した足の膝を閉じる安定した下半身を持っている。球の出所が分かりにくいオーバースローから平均球速約139km/h、最速148km/hのストレートとスライダー、チェンジアップ、カーブ、ツーシームを投げ分ける。
「自分の生命線はストレート」と語り[67]、フォーシームの空振り率はカブス移籍後も先発投手としてはトップクラスの21.3パーセントを記録した。

「自分の生命線はストレート」と語り、フォーシームの空振り率はカブス移籍後も先発投手としてはトップクラスの21.3パーセントを記録した。

和田選手の投球フォーム

フォロースルーに入ってからも踏み出した足の膝を閉じる安定した下半身を持っている。球の出所が分かりにくいオーバースローから平均球速約139km/h、最速148km/hのストレートとスライダー、チェンジアップ、カーブ、ツーシームを投げ分ける。

1 2