事業会社(社内SE)

出典就活する大学生の為にIT企業の選び方を説明します | SE年収1000万までの道のり

IT企業ではなく、普通の会社のシステム部門で働くというケースで、社内SEと言います。
ベンダー(システムを作る側)よりも事業会社(システムを作って貰う側)の方が一般的に立場も強いですし、納期に追われることも少ないので人気があります。
楽な分、「収入が低い」「枠(求人)が少ない」「エンジニアとしての市場価値が低い」というデメリットがあります。
「プログラミングにそんな興味も無いし、給料安くても良いからプレッシャーが無い仕事で定時に帰りたい。」
そんな人にはお勧めです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

IT企業でエンジニアを目指す学生はこうやって就活している!?

エンジニアで就活をおこなっている学生向けに、今まで先輩達がどのように就活をしてきたのか、内定をとるために必要なポイントを交えつつ解説しています。これから就活をはじめる学生、大手からベンチャーに切り替えて就活をする学生、エンジニアとして就活に切り替えた学生のおすすめの方法をまとめました。

このまとめを見る