1. まとめトップ

痩せにくい秋に必見!ダイエット脳を作る方法とは?

食欲の秋と言われているほど、秋は美味しい食べ物がたくさん。そんな季節に気になるが、体重ではないでしょうか?ここでは、秋にオススメのダイエット法をご紹介します。鍵は『脳』です!

更新日: 2018年10月04日

12 お気に入り 7984 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gihbfhuyさん

秋は太りやすい!?

秋は美味しい食べ物が多いし、運動量も減るので太りやすくなると言われています。
食べることに夢中になっていると、たいへんなことになるかも!?

体型を維持するための意識が減るだけで、食べる物や食べる量、運動に対しての意識も減るので太りやすくなってしまいます。

秋にしっかり食べて栄養を蓄えておかないと、これからくる寒〜い冬を越せなくなってしまうからです。また、太って脂肪を蓄えることで、寒さにも強くなります。なので秋に太るのって、実は自然なことなんです。

秋にオススメのダイエットはダイエット脳を作ること!

食事制限とか運動するとかの前に、重要なのは、ダイエットとの向き合い方。
ダイエットに適した脳を作ることが鍵なのです!

何事も楽しみがなければ長続きしにくいものです。
もし、どんなダイエット法を試してもダイエットが成功しないという場合には、脳が痩せるための準備を始めていないことが原因かもしれません。

食事制限も運動も不要でやせるには、脳を満腹中枢の感受性が高い「やせる脳」に変える必要があります。

ダイエット脳を作るには?

咀嚼回数が増えると満腹中枢が刺激されます。もしダイエット意識するなら噛むこと。

固いものを食べて咀嚼回数が増えると満腹中枢が働いて、少ない量でも満足することが可能です。

さらに、食べ物をよく噛むことで唾液の分泌を促し、消化を助けて胃腸に与える負担を軽減させることができます。
また、口の周囲は年齢が出やすい部分です。顎を使うことで舌の筋肉が鍛えられフェイスラインがすっきりとする効果も期待できます。

ストレスのない「痩せる脳」を作るには、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の分泌を増やすことが有効です。セロトニンが増えると、ストレスを緩和して、心に安らぎを与えてくれます。だから別名「幸せホルモン」と呼ばれているのです。セロトニンには、食欲をコントロールする効果もあるので、必要以上に食べすぎるのを防いでくれます。では、どのようにセロトニンを増やせば良いのでしょうか?

テニスやサイクリングなどアクティブに体を動かす趣味を持てば太りづらいことは間違いありません。もちろん、インドアな趣味であっても没頭できる楽しみを持つことが大切です。

ダイエットというと辛いし苦しいと思われがち。そういったことが、ネガティブな感情を生みます。

ダイエットにとって一番気をつけなければならないのは「ストレス」を如何に軽減するかと言うことです。

何日に一回は甘い物を食べるとか、月に何回か飲み会などに参加してもいいとか、たまには息抜きをして、無理せずのんびりダイエットに取り組んでください。

ダイエットを考えている人は...

「脳ダイエット」をつくるのは簡単ではありません。しかし、上手くいけば、ダイエットの成功率をアップさせることもできます。ダイエットを始めるなら、まず脳から考えましょう!

1