1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

momo_greenさん

■■■ 最 新 記 事 ■■■

【2019/1/30】

ソウル中央地検女性児童犯罪調査部は
30日、チェ氏を
性暴行犯罪の処罰などに関する特例法違反
(カメラなど利用撮影)
および脅迫罪などで不拘束起訴した。

チェ氏は昨年8月、ハラの意思に反して
背中と足の部分を写真撮影し、
9月13日にハラと争う過程で
・腕と足などに打撲傷を加えた容疑
・「性関係動画を流布する」と言って
 ハラを脅迫した容疑
が かけられていた。

チェ氏は検察調査の過程でほとんどの容疑を
否認したことが分かった。
しかし、検察は
防犯カメラの映像など関連証拠を通じて
容疑が認められると判断して不拘束起訴を決めた。

検察は、ク・ハラについては
チェ氏ともめ合って顔を引っかいて傷つけたが
これはチェ氏が激しい暴言を吐いた点、
性関係動画流布の脅迫を受けて
激しい精神的苦痛にあった点など被害状況を考慮して
起訴猶予処分を下した。

事件の流れ早見

●チェ氏がク・ハラから暴行されたと通報
 ↓

●ク・ハラの「双方暴行」主張
 産婦人科の診療記録を公開
 ↓

●リベンジポルノデモ 国民請願14万人超え
 ↓

●チェ氏を特例法違反、脅迫及び強要の容疑で告訴
 ↓

●チェ氏受けた傷公開
 チェ氏側の弁護人反論 流布する意図はない
 ↓

●対質尋問終了
 ↓

●チェ氏逮捕状申請・逮捕状請求
 ↓

●チェ氏拘束令状棄却

-----------------------------------------------------------------------
■登場人物■

ク・ハラ(27才)

    出生名구하라

    生誕1991年1月13日
    出身地大韓民国の旗 大韓民国
        光州直轄市(現・光州広域市)
    ジャンルK-POP VOCAL
    活動期間2008年 -
    事務所キーイースト

A氏=チェ・ジョンボム(27才)  
       元恋人 
       イケメンで韓国で大人気のヘアデザイナー
                   
-----------------------------------------------------------------------

↓↓↓ 以下 事件の流れ 時系列 ↓↓↓

【2018/09/13】 事件発生!!!

江南警察署に
午前0時30分ごろク・ハラの恋人A氏から、
ク・ハラから暴行を受けたという内容の通報が入った。

A氏はク・ハラと同じ年のヘアデザイナーで
「ク・ハラに別れを求めたら激怒し暴行された」と申告した。

その後、警察がソウル市内のク・ハラ宅に出動し
現場調査をした。

〈ク・ハラの主張〉
A氏が『立て』と言いながら足で蹴った。
それから言い争いになって、ひっかいて叩いただけ


警察関係者は
「凶器などはなく、身体的にのみ 争った状況と見られる」
とし
「暴行の程度はひっかいたり、腕をつかんでひねる程度で
ひとまず 双方暴行 とみている」
と説明した。

A氏の主張のように ク・ハラの一方的な暴行なのか、
双方で暴行したのかは 詳しい調査で判明する。

【2018/09/14】

ク・ハラの家族によると
ク・ハラは13日の暴行事件でケガをしたため、
入院して治療中だという。

関係者
「入院の理由などについては
 本人と連絡が取れておらず
 私生活に関することなので
 所属事務所側が立場を明らかにするのは難しい
 
 本人もあの日の事件によって混乱しており
 所属事務所や近しい人にも話せない状況にある」

現在 ク・ハラが心身ともに
非常につらい状況であることをにおわせた。


今後の予定については
「回復後に警察の調査に臨む予定で、
 警察の調査は法定代理人と共におこなうと思う」
と伝えた。

【2018/09/17】

警察は17日午後、男性から事情を聴いた。

男性は事情聴取を受ける前に記者団に対し、
ク・ハラさんが暴行を受けた痕とする
手足の写真や産婦人科の診断書が
ネットニュースで掲載されたことについて、

「事実と異なる点について明らかにしたい」
と語った。

【2018/09/18】

警察署は18日午後、ク・ハラから事情を聴いた。

ク・ハラは事情聴取前、記者団に対して

「誰が最初に殴ったかという問題ではなく
 警察の調査を受けた後で明らかになる
(事実は)診断書で確認できる」

と語った。

ク・ハラは両腕と左ほおにテープを貼り、
左腕にはアザができていた。

ある韓国メディアは
ソウルのク・ハラ宅エレベーターと
駐車場の防犯カメラ映像を公開した。

公開された映像は暴行事件が起こった直後の
13日午前1時20分からだ。

〈映像内容〉

1時30分頃
A氏はク・ハラの自宅から出て
一人エレベーターに乗って降りる。


A氏 鏡で自身の顔を整えている。


A氏はその後、ク・ハラの自宅に戻り、
(置いてあった)荷物を取りに行ったと見られる。


ク・ハラがエレベーターを開き、
カバンを持ったA氏が入る。


A氏はこの過程で、ク・ハラの脚をカバンで叩き
手にはタバコを持っていた。


もう一人の男性が洋服を大量に持って入ってくる。
この男性はA氏の後輩と見られる。


エレベーターが地下の駐車場に向かう間、
A氏は喫煙し、鏡で自身の顔をチェックする。


その後、ク・ハラとA氏は駐車場で短い会話を交わす。


そして
ク・ハラは自宅に戻るように移動し、
A氏はSUV車両の運転席に乗車して車を動かした。


事件発生の深夜1時26分に
最初に暴行事件の情報メールが
韓国メディアに到着したのを見ると
A氏は駐車場を離れる前後に
dispatchに情報提供したものと思われる。

※dispatch ネットの芸能ニュースサイト(?)

A氏はこの約2時間後の深夜3時20分、
警察に通報し、4時20分には
再びに情報メールを送信している。

【2018/09/19】

*** 9/13 おおまかな時系列 ***

 0:30 暴行事件発生
   
 1:26 dispatchに情報メール着信
  
 1:30 エレベータに乗って降りる
     
     地下駐車場でハラに性行為8秒の動画送信

 2:00 ハラに性行為30秒の動画を送信
   
 3:20 A氏警察に通報

 4:20 dispatchに情報メール着信

【2018/09/27】

ク・ハラがA氏を
強要、脅迫、性暴力犯罪の処罰などに関する
特例法違反の容疑で
ソウルの江南警察署に告訴したと
ク・ハラの代理人を務める弁護士事務所が明らかにした。

韓国メディアによれば、
A氏はク・ハラに対して

「芸能人生活を終わらせてやる」
と脅迫し、

2人の [ 性生活 ] を撮影した30秒ほどの映像を
送りつけたという。

【2018/10/02】

ソウル・江南署は、
元交際相手の自宅・自動車・仕事先などの
家宅捜索を行って
携帯電話・USBなどストレージ機器を押収し
分析中だという。
4日に警察側が明らかにした。
押収物の分析が終わった後、
警察は元交際相手を出頭させ取り調べを行う計画だ。

【2018/10/04】

Dispatchは
『彼が動画を送ってきた』というタイトルで
ク・ハラとのインタビューを追加報道した。

内容は
A氏が性行為を撮影した映像をク・ハラに送り、
脅迫したというもの。

以下 動画を受け取った時の状況

9月13日0時頃、
A氏はハラのもとを訪れ、
約30分間喧嘩をした。
そして
午前1時過ぎにDispatchに
「ク・ハラに関して情報があるので
 電話してほしい。
 遅れたら他のところに提供する」
とし、自身の連絡先を残した。

その後、
A氏は後輩とともに自身の荷物を移し、
午前2時頃ハラに約30秒の動画を送った。

暴行の内容だと思っていたハラは
動画の内容に衝撃を受けた。

ク・ハラは
「動画を流さないでほしい」
と A氏の前でひざまずいた。

この場面は
エレベーターの防犯カメラにそのまま映っている。

A氏は地下駐車場で荷物を車に乗せる過程で
約8秒の動画も送った。
その動画も性行為を撮影した映像だった。

ク・ハラは事務所の代表にこの事実を知らせた。

Dispatchとのインタビューでハラは

「彼は動画で私を脅迫しました。
 女性芸能人にこれより怖いものがありますか?
 私が与えた傷は認めます。処罰を受けます。
 しかし、彼が与えた傷はどうですか?
 彼は脅迫犯です」
と話した。


Dispatchは
エレベーター内にいるA氏の前で、
ク・ハラがひざまずいている姿をとらえた
監視カメラ映像を公開した。

ク・ハラは、
A氏に性的な内容のプライベート動画を
公開しないよう懇願していたと、Dispatchは報じている。

【2018/10/05】

※ 元交際相手A氏=チェ・ジョンボムと判明
  以下 チェ氏

元交際相手チェ氏が過去に撮影した性的関係の動画で
ク・ハラを脅迫していたことが明らかになり、
騒動は一層広がった。

先月13日に発覚した2人の対立の争点は、
これまでは〈 双方の暴力 〉なのか、
それとも〈 一方的な暴力 〉なのかだったが、

これが 〈脅迫 〉 と 〈 性的暴行 〉へと変わった。

チェ氏には現在、
合意なしに性的関係を動画で撮影した容疑や
同意なしに
動画を流布すると脅迫した容疑が持たれている。

これは元交際相手や元配偶者が
相手に仕返しする目的で行う
『リベンジポルノ』に該当し
ク・ハラの事件も性的犯罪事件として
新たな局面を迎えた。

これを知った人々は怒りを隠せずにいる。

動画の存在が明らかになる前まで、
チェ氏はメディアを通じて
自分が被害者だと主張していたため、
人々の怒りはさらに広がっている。

こうした事件が報道されてから、
リベンジポルノへの関心が高まっているだけでなく
大統領府公式サイトの国民請願掲示板には
4日、「リベンジポルノを厳しく処罰してほしい」
という内容の請願が投稿された。
この請願は
5日午前9時現在、11万人以上が同意している。

 一方、チェ氏側の弁護人は
4日のインタビューで、
「動画でク・ハラさんを脅迫する意図はなかった」
と語った。



5日午後、既に同意者が14万人を超えた。

国民請願欄の掲載者は
「リベンジポルノという犯罪が
世に出てから数十年が経つ間、
加害者らは誰も監獄に行っていない」
とし、
「被害者らはおぞましい二次加害と攻撃で
自殺に追い込まれている」
とチェ氏を土台とするリベンジポルノ脅迫者の
処罰を要請した。


元恋人チェ氏の弁護人は4日午後、

「私生活動画で脅迫する意図はまったくなかった。
 該当動画はク・ハラが先に撮ろうと
 提案したものだ。
 チェ氏は疑念を抱き、
 なぜそんなことをするのか尋ねたが、
 ク・ハラが方が撮りたがったので
 それに応じただけで 
 たまたま
 チェ氏の携帯電話が近くにあったため
 それで撮影しただけ。
 撮影主体はク・ハラだった。

 暴行事件後 動画を(ク・ハラに)送ったのも
 “君が望んで撮ったのだから君が持っていて”
 という意図だった」

とし、

「映像が公開されれば
 ク・ハラだけに被害が及ぶと考える人たちが多いが
 チェ氏も有利な状況ではい。
 それをわかっていたら公開するわけがない」
と反発した。

ソウル江南警察署は今月2日に
チェ氏の自宅および自動車と
彼が働いていたヘアショップなどを家宅捜索した。

【2018/10/05】

1 2