1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ここでは、日々の生活で蓄積した疲れを解消するための方法をいくつかまとめました。

sakura_okudaさん

疲労には2つのタイプがある

疲れには2つのタイプがあります。

その2つを紹介します。

・肉体的疲労

思い荷物を運んだり、長時間立ちっぱなしだったりする仕事をしている人に多いタイプの疲労です。

肉体を使って仕事を行うため、疲れると体がズシっと重く感じます。

・精神的疲労

先のことが不安で常に予定が気になる方に多いタイプです。

ストレスがかかっているため、不眠症になりなかなか寝付けずに疲れを解消することができません。

なんで疲れが取れない?

・疲労原因物質を摂ってしまっている

あなたの疲労の原因は、「疲労原因物質」を摂っているせいの可能性があります。

「疲労原因物質」はカフェイン・ニコチン・アレルギー物質などがあり、疲労回復を妨げてしまう成分です。

・活性酸素が増え過ぎている

活性酸素が増加しすぎると、疲れがとれにくくなります。

活性酸素には細胞の老化させてしまう働きがあります。すると、エネルギーを生成する量が少なくなり、疲れが解消できなくなってしまうのです。

・内臓に負担をかけ過ぎている

内臓に慢性的な負担をかけ続けていると、疲れはなかなかとれません。

就寝する3~4時間前に何を食べていると、寝ている間も胃腸は働き続けないといけないため、頭は休んでいても体が休まりません。
食べ過ぎも同様に胃腸に負担をかけてしまいます。

また、アルコールの過度の摂取は肝臓に負担をかけています。
適度な量であればリラックス効果を得ることができるのですが、飲み過ぎはより多くのアルコールを分解しようと常に活動しているため、疲れがとれなくなる原因となるのです。

蓄積した疲れを解消する方法

・睡眠を十分にとる

睡眠は疲労回復には欠かせません。

毎日しっかりと睡眠をとり、疲労回復を図りましょう。

疲労回復に一番効果があるといわれているのが十分な睡眠です。睡眠中には日中使われている脳細胞が休まり、全身の新陳代謝・疲労回復が図られます。
一日に理想的な睡眠時間は6~8時間前後といわれていますが、十分な睡眠時間がとれているのならば、時間にこだわる必要はありません。

・自分なりのストレス解消法をつくる

ストレスを発散することで疲れを解消することができます。

ストレスを発散する方法は、人それぞれですので自分に合った方法を探してみましょう。

休息型
 休養をとる、リラックスする、眠るといったような情動を沈静化し心身の疲れを癒そうとする方法です。リラックスする方法としては、ゆっくり風呂に入る、好きな音楽を聴く、自然の中でくつろぐなどが一般的です。系統だったものとしては、漸進的筋弛緩法、自律訓練法、ヨーガ、気功、禅、瞑想法などがあります。

運動型
 緊急事態においては、高まる緊張は闘うか逃げるかという闘争反応の準備状態をつくります。これは、身体的活動を十分行う(例えば、動物では走って逃げる)ことによって解消されます。すなわち、緊急反応によって過剰に分泌された交感神経系ホルモン(アドレナリン)を筋肉活動で消費するということです。運動は、基本的にはなるべく全身運動で、軽く汗をかく程度の有酸素運動がすすめられます。運動を長続きさせるためには、手軽に行えるもので好きな運動をすることと仲間と一緒に楽しく行うなどの工夫が必要です。

・活性酸素の増加を抑える食事を摂る

活性酸素の増加を抑えたい方におすすめなのが「ゴマ」。

ゴマにはセサミンという成分が含まれており、活性酸素の抑制や肝機能をサポートする効果が期待できます。

疲労回復にオススメなのがセサミンだよ。というのも、セサミンには活性酸素を取り除く働きがあるからね。

それから、セサミンには肝機能を高める働きがあるんだよ。

意外と知らない人が多いんだけど、体の疲れは、実は肝臓からきていることが多いんだ。

肝臓は、食べ物から摂った栄養素をエネルギーに変えたり、アルコールや老廃物などを分解して、体に悪い影響を及ぼさないように無毒化したりする働きがあるんだ。

でも、アルコールを摂りすぎたり、食べ過ぎたり、ストレスを受けたりすると、肝臓も疲れてしまう。肝臓が疲れてくると、全身の疲れとなって現れてくるんだ。

だから、肝機能を高める効果のあるセサミンを摂ることで、肝臓の疲労が回復して、体の疲労回復にもつながっていくんだよ。

・お風呂でリラックスする

湯船に浸かると疲労回復を促進することができます。

仕事で疲れたからと言って、シャワーだけですませてしまう生活が続くと、疲れはなかなか取れないですよ。

1 2