1. まとめトップ

ノマド・フリーランスのススメ!誰でも目指せる職業7選

「サラリーマンを辞めたいと思ってる方」「人生に疲れちゃったよという方」「自由に生きたい方」に読んでほしい。現在フリーランスとして世界中を飛び回っていますが、今回は私がフリーランスとして活動している中での情報や、社会人に出て知った情報をまとめてみました。ノマドやフリーランスに興味のある人はご参考までに

更新日: 2018年10月06日

1 お気に入り 807 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

こういう方にオススメの記事です。

・サラリーマンを辞めたいと思ってる方
・人生に疲れちゃったよという方
・自由に生きたい方

わかります。

私もサラリーマンだった時代は「なんで、なんのために、誰のために働いてるんだろう」と思うこともありました。。。

ノマド・フリーランスにはどんな職業があるか

場所や時間にとらわれずに働くことができる職業7つ

■ 場所・時間にとらわれずに働くことができる職業(ノマド可能)
① ブロガー、アフィリエイター、ライター
② エンジニア
③ デザイナー

■ フリーランスとして働くことができる職業
④ コンサルタント
⑤ ディレクター
⑥ 人材紹介・ヘッドハンター
⑦ 不動産仲介

代表的なものとして以上7つの職業を挙げましたが、世の中にはまだまだたくさんのフリーランスとして働ける職業があります。

① ブロガー、アフィリエイター、ライター

ブロガー、アフィリエイター、ライターに必要なスキルや経験

・SEOライティング力

・マーケティング力

・記事を書く根性(笑)

どうしたらフリーランスになれるのか?

・WEBマーケティング・SEO、WEBメディアなどの事業を行なっている企業へ入り独立する。スキルが盗める上、給料をもらいながらPDCAを回せるためオススメ。

・とりあえず自分でサイトを立ち上げて始めちゃって、スキルは本などで独学する。

・クラウドワークスなどのアウトソーシングサービスや、独立前のメディア運営会社からライティング案件をもらう。最初は少額だが徐々に増やしていく。(ライター)

簡単に整理すると、いわゆる「アフィリエイター」は、

・アフィリエイト案件ありきで記事を書く(記事を書くネタ元は常にアフィリエイト案件)
・1サイトあたりのコンテンツが薄い・数が少ない
・大量にサイトを運営する傾向がある(人によっては月間100サイト近く作ることもあるそうな)
・コンテンツが客観的/機械的
・ライターの顔が見えにくい
となる一方、ぼくら「ブロガー」は、

・アフィリエイト案件がネタ元になることは少ない。あくまで数多くの記事の一部にアフィリエイトリンクが入るだけ
・1サイトあたりのコンテンツが濃い・数が多い
・大量にサイトを運営することはない。基本は1サイトで、運営していても2〜4サイト程度
・コンテンツが主観的/職人的
・ライターの顔が見える
なんて側面の違いがあります。

ブロガーの帝王「イケハヤ」が「ブロガー」と「アフィリエイター」に違いについて解説しています。

ブロガーには例えばこんな人がいます。

② エンジニア

エンジニアに必要なスキルや経験

・プログラミングスキル

正直、今の日本は深刻なIT人材不足であり、案件は腐る程あります。が、結果を出し続けなければフリーランスとして働くのは厳しいです。

・人間性

エンジニアさんには変わっている人が多く、経営者によっては人間性を超重要視している人もいます。人間関係や経営者とエンジニアさんの意思が合わずプロダクト開発が進まないこともしばしば、、、

どうしたらフリーランスになれるのか?

・IT企業のエンジニアとして入社し、独立を目指す。

・プログラミング教室に通い、プログラミングを習得。その後クラウドワークスなどのアウトソーシングサービスや、プログラミング教室経由で案件をもらう。

・完全に独学。ただし、プログラミング独学の挫折率は90%とも言われておりオススメしない。

ただ僕の知り合いで独学でswiftを習得し、起業した方がいます。起業は失敗しましたが、某緑のネット広告代理店で月90万ほどで契約し、働きつつ2回目の起業に向けて準備中の方もいます。大きな目標がある方はモチベーションがキープできるかもしれませんね。

プログラミングが学べるところ

③ デザイナー

デザイナーに必要なスキルや経験(なんの領域でデザインするかによって変わります)

・WEBデザインスキル

・ファッションデザインスキル

・アーキテクトデザインスキル

など、、、他にもたくさんあります。
デザインはその方のセンスとクリエイティブ能力なので、評価され実績を積めばどんな領域でも成立する職業かと思います。

どうしたらフリーランスになれるのか?

・デザイン会社や個人事務所に入社し、独立を目指す。

・デザイン学校へ通い、クラウドワークスなどのアウトソーシングサービスやデザイン学校経由、持っている人脈から案件をもらう。(WEBデザイン)

実際にフリーランスデザイナーとして働いている人の声

④ コンサルタント

1 2