1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

マンチェスターUの低迷具合が半端ない…!

2018-19シーズンのマンチェスター・ユナイテッドは低迷中です。監督解任も近いかもしれません。

更新日: 2018年10月05日

6 お気に入り 9101 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

海外サッカーすきです。

soccgamerさん

マンチェスター・ユナイテッドとは…

マンチェスター・ユナイテッドは、イングランドのビッグクラブであり、世界屈指の人気を誇ります。

世界屈指の人気・規模を誇るクラブであり、2012年に大手市場調査会社であるカンター社により、ファンの数が世界人口のおよそ11人に1人にあたる6億5,900万人との推定が発表され、フットボールに限らず全てのスポーツクラブの中で世界一ファンの多いクラブであるとの報告が発表された。

2017-18シーズンはプレミアリーグを2位で終えた

プレミアリーグで第2位に入ったマンチェスター・ユナイテッド。ライバルのシティに大きく差はつけられたが、昨季よりは成長を感じる年になった。

マンチェスター・ユナイテッドは2017-18シーズンはプレミアリーグを2位で終えました。ユナイテッドのモウリーニョ監督は2年目のモウリーニョと言われており、就任して2年目に結果を残すことで知られています。そして、就任から2年目の昨シーズンは2位になりました。求められていたのは優勝でしたが、近年はCL出場権を逃すこともあったユナイテッドにとっては2位でも十分な成果といえました(たぶん)。

しかし、今シーズンは低迷…

7試合を終えた時点で10位と低迷中のユナイテッド。これは過去29年で最悪の成績らしいです…

ジョゼ・モウリーニョ監督体制3年目を迎えた同クラブは、10月3日現在でリーグ戦10位に低迷している。

ユナイテッドはリーグ戦7試合を終えて早くも3敗目。勝ち点10の獲得にとどまり、首位のマンチェスター・シティには早くも9ポイント差の差をつけられている。

昨シーズンのプレミアリーグ覇者であるマンチェスター・シティは取りこぼしが少ないため、序盤とはいえ9ポイント差は結構きびしいポイント差です。

リーグ開幕から7試合で勝ち点10という成績はユナイテッドにとって過去29年間でワーストの成績となった。

スタートダッシュに失敗したチームはリーグ戦で10位と苦しんでおり、先日にはリーグカップ3回戦で格下のダービーを相手に敗戦。

チケットの売れ行きも低迷することに

弱いとファンも離れていきます…とくに同じ町に強豪クラブがあると、そちらにファンが流れることもあるでしょう。

その苦境は、チケットの売れ行きにも反映されているようだ。英紙『デイリー・メール』などが伝えるところによれば、本拠地オールド・トラフォードで行われるバレンシア戦では異例の“当日券”が販売されることになった。

オールド・トラッフォードのチケットは、公式のサポーター・クラブのメンバーではないファンに売却されることは基本的にはない。

監督解任が近いという話も…

選手との仲にも既に亀裂が生じている模様(モウリーニョにとってはよくあること)で、解任が近いという噂もあります。
とはいえ、モウリーニョを監督して、誰を監督にするかという問題もあります。

モウリーニョ監督解任の足音は間違いなく近づいている。今は首の皮一枚繋がった状態ではあると思うが、あと1回でも勝利を逃せば、モウリーニョ体制はまたしても3年目で終わりを告げるだろう。

モウリーニョ監督に問題があるのも事実ですが、ユナイテッドの選手もシティに比べると見劣りするのも事実です。監督を解任するだけで問題が解消するかは怪しいです。

オールドトラッフォードなんかやべえ雰囲気になってる。 この試合の後本当にモウ解任もあるかもしれない。

ユナイテッドがこのまま上位に入れなくて、11月のダービーでシティが勝てばモウ解任になるだろうな

まんuまじで崩壊してる。モウちゃん解任かなぁ。。モウちゃん好きなんだけどなぁ。リスペクトしてやれよー。

次の試合はニューカッスル戦

モウリーニョ監督の運命が決まるかもしれない次の試合は、武藤選手の所属するニューカッスル戦になります。
武藤選手がゴールを決めて、モウリーニョに引導を渡すことになるかもしれません…

ニューカッスルFW武藤嘉紀の出場も注目されるこの一戦は、日本時間10月7日1:30にキックオフを迎える。

1