1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

最近素泊まりが流行っている?理由は、旅行客だけでなくホテル側にもあった!

昨今様々な形の旅行が流行っていて、海外の人も来て様々な形が出来ています。中でも増えているのが、素泊まりの増加で、様々な魅力があります。自分でスケジュールを作って楽しめば、きっとさらに楽しい旅行になるかもしれませんよ。一度やってみてはいかがですか?

更新日: 2018年10月07日

3 お気に入り 5117 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

最近素泊まりが流行っている

最近、20代のホテル利用者に多いのが素泊まりプランです。

外人も素泊まりを利用しています。

日本政府観光局が公表している訪日観光客数の年度推移データをみると、2012年から訪日観光客数は年々増加しており、2016年に日本を訪れた外国人観光客数は24,03万9,700人と発表されています。これは、2015年の19,73万7,409人に比べて約1.2倍、2012年の835万8,105人に比べて約2.9倍です。

外国人も様々な所へ回って様々なものを食べたいのですね。

魅力は様々だが…

安くて美味しいものは沢山ありますし、その時に好きなものを食べられるのも素泊まりの良いところでもあると思います。

高級な温泉旅館でも素泊まりプランなら比較的リーズナブルに、贅沢なお部屋を楽しむことができます。
また、素泊まりといってもお部屋のアメニティは食事つきのプランと変わらないのが一般的なので、外湯の無料券がプレゼントでついているなど、お得なプランもあります。

これはうれしいですよね。

限られた旅程の中、1軒でも多く、訪問先で評判のお店で食事を楽しむべく、宿泊先で準備される飲食関連のオプションを全て除外してしまう、素泊まり活用のメリットは大きな魅力です。

時間単位でやってみてはどうでしょうか?

ホテル・旅館側にとっても嬉しい理由がある

就業者数は安定しているものの、人手不足が深刻化している宿泊業界。つまり、宿泊需要が急激に増加したことによって、相対的に人手不足に陥っていると考えられます。

企業の人手不足が深刻だ。帝国データバンクの調査によると、正社員が不足している企業割合が49・1%と5割近くに達し、調査開始後の最高を記録。

仕事の進め方や運営体制などを変え、従業員の負荷を軽くする取り組みも遅れている。十分な集客が見込まれない場合には、定休日を導入したり、料理を提供しない「素泊まり」を取り入れたりするなどの工夫が考えられるが、そうした施策を講じているのは、ごく一部に限られている。

素泊まりを活用すれば、従業員の負担を減らせます。

どこに行ってみる?

遠征の何が好きって、素泊まりのホテルで地元スーパーで買ったもの食べるのが一番好き

旅行先で老舗の湯治場や湖畔のペンションなどで素泊まりもいいですね。

素泊まりプランを利用しようと思ったら、ホテルの周辺エリアにある飲食店をチェックする必要があります。地元で人気の居酒屋さんや、小さなお子様でも楽しめるファミレスやラーメン屋さんなど、いろいろな飲食店をチェックするようにしてください。

特に早朝はあまりお店が開いておりませんので、早朝から食事ができるお店かコンビニなどが近隣エリアにあるかどうかはとても重要な問題になります。

朝の六時から開いており、周辺の料理も楽しめるので、こうした素泊まりは良さそうです。

1 2