1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

okamotchanさん

無料でビットコインもらえないかな?

ビットコインを始めとする仮想通貨はお金ではありませんが、お金と同じように使えます。そして、ビットコインを売って現金にすることもできます。ならば、「無料でビットコインをもらえないだろうか?」と考えたくなります。そこで、ビットコインを無料で手に入れる方法をご案内しましょう。

広告を見たり、ゲームをしてビットコインをもらう

この場合、私たちの財布から出ていくお金はありません。支出なしでビットコインがもらえるのですから、完全に無料でもらうということになります。しかし、私たちがもらうビットコインの原資はどこからやってくるのでしょうか。ウェブサイト運営者がボランティアで無料配布しているはずはありません。
何かの宣伝をしたい企業が、ウェブサイトに広告を出します。そして、ウェブサイトの運営会社は、獲得した広告料の一部を視聴者にビットコインで還元しています。よって、私たちがもらうビットコインは、広告を出している会社が支出していることになります。

商品を買ったり、口座を作ったりしたらビットコインをもらえる

この場合も、無料という表現ができるでしょう。何かモノやサービスを買うとき、私たちはお金を支払います。本来ならば、買ったモノやサービス以外には何ももらえません。しかし、ビットコインをもらえます。無料でもらうのと似ています。このパターンは、キャッシュバックやポイントバックのようなイメージになるでしょう。

ビットコインをもらう前の準備

取引所でウォレットを作ってみましょう。DMM Bitcoinならば、色々な仮想通貨の売買ができますし、口座開設で1,000円分をもらえます。口座を作るだけでもらえるのでお得です。

ゲームでBTCがもらえる

ぴたコインはとてもシンプルです。

アプリ内で表示されているビットコインの基準価格(当日の朝7:00時点の価格)から、翌朝7:00時点のビットコインが『上がる』か『下がる』かを予想するだけです。

予想はとても簡単で、画面の投票ボタンを『タップすれば完了』です。

他の投票者の予想がパーセンテージで表示されているので、実際に今どちらに予想している人が多いのかを参考にすることもできます。

ビットフライヤー経由で商品を買うと、ビットコインがもらえる

ビットフライヤー経由で商品を買ったり口座を作ったりすると、商品価格の数%前後のビットコインがもらえます。

ポイントサイトでビットコインをもらう

ポイントサイトとは、ゲームをしたり商品を買ったりするとポイントがたまり、そのポイントを現金等と交換できるというウェブサイトを指します。全く支払いをしなくても、ゲームなどをすればポイントがもらえるのが特徴です。そして、そのポイントをビットコインで受け取れるサイトがあります。

さあ、ビットコインを手にしよう

以上を踏まえてビットコインをゲットしてみましょう!

1